英会話 無料
「無料で英会話ができるようになりたい!」あなたは今、そう考えているのではないでしょうか。

英語を身に付ければ、旅行や留学に行けたり、外国の人と友達になれたり、世界が広がって素敵ですよね。

でも、英会話のレッスンや教材は高額なものが多くて、お金を出すのは難しそう・・・・・・。

そんなあなたも、安心してください。

英会話は無料で身に付けることができます!
高額なレッスンや教材は一切いりません。

このページでは、これまで様々な英語学習法を実践してきた筆者が、無料で英会話を身に付ける具体的な方法をご紹介します。

この方法で勉強をすれば、必ず成果を出すことができるようになります。

また、おすすめ無料教材を活用した詳しい学習プランもご紹介しますので、今すぐ勉強を始めることが可能です。

ネイティブと対等に話ができるような英語力を無料で身に付ければ、もうあなたは人生の勝ち組。

この記事が、「お金はないけど夢はある!」そんなあなたのお力になれれば幸いです。

無料でできる英会話学習法とおすすめ教材

無料の教材と聞くと、「クオリティが低いのでは?」と思うかもしれませんが、学習者本人の自主性や学習の進め方次第で、有料の教材以上の効果を得ることは十分可能です。

むしろ、自分で考えて自分のペースで進められるという点で言うと、有料の教材よりも学習を進めやすいとも言えます。

しかし一方で、無料の教材は学習の進め方次第で成果が左右されやすい一面があるので、学習方法を工夫する必要があります。

テレビやラジオだけでなく、ウェブサイトやアプリなど、様々な無料の学習ツールがあるので、自分に合った無料教材を使って、毎日続けられる方法で英会話を練習しましょう。

テレビ・ラジオの英会話番組

NHKでは、テレビやラジオを通して数多くの英語学習番組を放送しています。

それらの番組を録画しながらリアルタイムで視聴し、その後、録画したものを見ながら復習するのがおすすめです。

使われていた語彙や文法を復唱し、必要に応じてノートにメモすることで、着実に英語力を伸ばしていくことができます。

おすすめ番組

基礎英語を学びたい人は、『おとなの基礎英語』(Eテレ)や『しごとの基礎英語』(Eテレ)、『基礎英語1~3』(ラジオ第2)などがおすすめです。

発音の練習や語彙の学習がとても充実しているので、英語の基礎力をしっかりと身に付けることができます。

また、1回の学習時間が短いので、挫折せずに続けやすいのもおすすめポイントの一つです。

アニメで英語を学びたい人には、『リトル・チャロ』(Eテレ)がおすすめです。

物語を通して易しく使いやすい英語を学べるので、楽しく英会話学習を続けることができます。

現代の海外で実際に使われている英会話を学びたい人は『高校生からはじめる「現代英語」』(ラジオ第2)がおすすめです。

ニュースを通して英語だけでなく経済や文化などの知識を得ることもできます。

また、NHKのニュースを英語で聞くのも効果的です。音声切り換えで英語音声を聞けるので、積極的に英語でニュースを聞くようにすると、英語に耳が慣れていきます。

また、英語のニュース音声を使ってシャドーイングをすると、英語を聞く練習と話す練習が同時にできるのでおすすめです。

Webサイト

無料での英会話学習で有効活用したいのが、英会話学習用のウェブサイトです。

PCだけでなくスマートフォンでも閲覧ができ、インターネットが繋がる場所ならどこでも学習できるので、手軽に英会話を学べるのが大きな利点です。

おすすめサイト

無料英語学習サイトの『Hapa英会話』は、特におすすめの英会話学習用ウェブサイトです。

日米のハーフである講師が、コラムや動画を通して様々な観点から英語や英会話の知識を教えてくれるので、英語が苦手な人も好きな人も楽しく英会話を学習できるウェブサイトです。

また、どんな風に英語を勉強すれば良いのか分からず悩んでいる人のために、効果的な語学学習方法も教えてくれるので、英語学習に行き詰まったときや疲れたときに読むとモチベーションを取り戻すことができます。

英語・英会話学習では、イギリスの公共放送局BBCのニュースで英語を学習できるウェブサイト、『BBC Learning English』が大変おすすめです。

ネイティブが話す生の英語で学習できるので、耳を鍛えるという点でとても効果があります。

英語の聞き取りに自信がなくても、スクリプトがあるので内容を確認しながら学習を進めることができます。

レベルも初級向けから上級者向けまで幅広く揃っているので、自分のレベルに合うトピックで学習できます。

スマートフォンアプリ

スマートフォンの無料アプリも、お金をかけずに英会話学習を行う上でとても役立ちます。

アプリ学習の最大の利点は、どこにいても時間のあるときにいつでも気軽に英語学習ができることです。

英会話の練習では、「毎日できるだけ多く英語に触れること」がとても重要です。

英語学習の時間を増やす上で、アプリ学習はかなり有効です。

おすすめアプリ

豊富な英語・英会話学習アプリの中でも特におすすめなのが、『TED』の公式アプリです。

TEDとは、Technology Entertainment Designの略称です。

その名の通り、学術、エンターテインメント、デザインなどの分野のスピーカーがプレゼンテーションを行います。

スマートフォンで時間があるときに何度も聞くことができるので、一日の中で英語に触れる時間を設けやすく、英語を聞く耳が自然に鍛えられます。

TEDのスピーチには日本語訳が表示されるものも多いので、「英語が聞き取れないと内容が分からないかもしれない」という心配も無用です。

しかし、日本語訳に集中しすぎると英語を聞く練習になりません。

そこで、一度日本語訳を見ながら聞いて内容を理解したら、その後は字幕を英語にして聞いてみましょう。

オーバーラッピング(英語字幕を見ながら音声に沿って発音すること)やディクテーション(聞き取った英文を書き取ること)などに活用できるので、英語字幕を有効活用してください。

リスニングに自信がある人は、字幕を表示させずにスピーチを視聴してみましょう。

また、『NHKゴガク』も無料でクオリティの高い英会話学習用アプリです。

英会話学習ラジオのストリーミングがあるので、いつでもNHKの英会話ラジオ番組の音声を聞きながら英語学習ができます。

日本語の解説を交えて英会話を学べるので、文法や単語を丁寧に学習しながら英会話の練習をしたい人におすすめです。

図書館の本

図書館には、実は英会話の学習に最適な洋書が多く取り揃えられています。

特に大学図書館はおすすめです。

「洋書を読むことは英会話の練習にならないのでは?」と思うかもしれませんが、実は多読は英会話のスキルアップにとても役立ちます。

英会話が苦手な人の特徴的な弱点に、「主語の後の言葉が続かない」というものがあります。

その大きな要因は、頭の中で綺麗な英文を作ろうとしてしまうことにあります。

英語を英語の順序で組み立てて話すことに慣れていないと、主語の後でどうしても一度言葉が止まってしまいます。

そこで、多読を積み重ねることで、英語を頭の中で日本語に訳さない習慣を付けることができます。

多読を通して英語の語順に慣れることで、主語の後の動詞がスラスラと口から出てくるようになるので、ぜひ実践してみてください。

その場合に注意しなければいけないのは、少しでも「難しい」と思う本を選んではいけないということです。

簡単に読み進められる本をできるだけ多く読むことで、シンプルな英語で自分の考えや意見を伝える英語力が身に付きます。

分からない単語を飛ばしても内容が全て理解できる本を選ぶと、スムーズに学習ができます。

おすすめの本

多読におすすめなのが、『Pearson’s Graded Readers』の洋書です。

大学の図書館には置いてあると思うので、ぜひ探してみてください。

難易度がEasy Startsからレベル6まで細かく分けられているので、自分の英語力に合わせて本を選びやすくなっています。

Pearson’s Graded Readersレベル分け

レベル Headwords TOEIC
Easystarts 200 250
レベル1 300 250
レベル2 600 350
レベル3 1200 400
レベル4 1700 500
レベル5 2300 600
レベル6 3000 730

参考:Pearson’s Graded Readers

例えばレベル3からスタートしたとすると、図書館に置いてあるレベル3の本をほぼ全て読み終わったら、レベル4の本に進みましょう。

図書館で借りれば、お金をかけずにたくさんの洋書を読んで英語力を伸ばすことができます。

英語版Siri

英語版Siriを活用するのも効果的です。
iPhoneを使っている人は、英語学習にSiriを使ってみましょう。

実際にSiriと英語で話すことでアウトプット学習になるだけでなく、発音が間違っていると正しく聞き取ってもらえないので、発音の練習にもなります。

寝る前や隙間時間に、Siriと英会話を楽しんでみてはいかがでしょうか。

YouTube

YouTubeにも英会話学習ができる無料動画が多くアップロードされているので、積極的に活用しましょう。

その場合は、ただ聞くだけではなく、覚えておきたい知識はメモを取ったり、同じ動画を繰り返し視聴したりすると効果的です。

おすすめの動画

先に紹介したウェブサイト『Hapa英会話』は、数多くの動画教材をYouTubeに投稿しています。

英会話を学べるだけでなく、異文化理解を深めることもできるので、飽きずに楽しく英会話学習を続けることができます。

もう一つのおすすめ英会話学習用動画に、『バイリンガール英会話(Bilingirl Chika)』があります。

実際に海外に行ったときに役立つ会話表現や異文化理解など、いろいろな側面から英会話を楽しく学ぶことができます。

英語字幕と日本語字幕が表示されるので、聞き取れない心配はありません。

また、日本語で話している場面では英語字幕が表示されるので、気を抜くことなく英語学習に集中できます。

英会話教室・オンライン英会話の無料体験

英会話 無料
ほとんどの英会話教室では、1回以上の無料体験レッスンを提供しています。

少し邪道ですが、そういった無料体験だけをいくつか受けることで、英語を話す経験を積むこともできます。

講師の国籍やレッスンの質は教室や講師によって様々なので、英会話教室に興味がある場合は、いろいろな教室の無料体験レッスンを受けてみるのがおすすめです。

おすすめの英会話サービス

通学に時間をかけたくない人には、オンラインの英会話サービスがおすすめです。

その中でも、『DMM英会話』や『レアジョブ』は特に評価が高く、費用も多くかからないことで有名です。

DMM英会話は、1日1レッスンで月5,500円のスタンダードプランでも、88ヶ国の講師と毎日話せるのが魅力です。

一方レアジョブには毎日レッスンを受けられるプランだけでなく、月8回のプランもあるので、毎日レッスンを受けるのは難しいという人におすすめです。

一方、直接講師と顔を合わせてレッスンを受けたい人には、通学タイプの英会話サービスがおすすめです。

通学型で安価な英会話サービスとしては、『リンゲージ』が有名です。

主要駅の近くなので通いやすく、朝から夜遅くまで開校しているので、学校や仕事で忙しい人でも続けやすいのが利点です。

また、幅広い英会話レベルに対応しているので、初級者から上級者まで自分に合ったレベルのレッスンを受けられます。

ただし、リンゲージは東京都と神奈川県横浜市にしかない英会話スクールなので、首都圏以外に住んでいる人は通いにくいという難点があります。

通学型英会話スクールは、通学や通勤の途中で通える場所を選ぶのがおすすめです。

教会に通う

筆者はアメリカにいたときに、毎週日曜日のミサに通ってリスニングの練習をしていました。

分かりやすい表現でキリスト教について教えてもらえるフランクな教会だったので、キリスト教徒でなくても楽しめました。

日本でも英語で礼拝を行っている教会があるので、そういった教会に通うのも英会話の練習になります。

しかし、キリスト教に全く興味がない人は、教会に通っても退屈してしまうかもしれないので、その場合は別の方法を選んだ方が良いでしょう。

また、『GO-EIGO英会話』は、キリスト教会(モルモン教)の宣教師が運営および管理をしている、無料で英会話を学べる私塾です。

英会話を教わりたいけれどお金をかけられないという人は、このスクールで英会話を学ぶのもおすすめです。

何も使わずに英会話練習

「ながら発音」が効果的!

特別な教材やツールを使わなくても、英会話は練習できます。

例えば、教材やテレビなどで覚えたフレーズを、何かをしながら発音して練習する「ながら発音」は、アウトプット練習になりとても効果的です。

入浴しながら、料理をしながら、勉強しながら、少しの時間を見つけて何度も発音しましょう。

ささいな出来事を短い英語にする

自分の身の回りに起きるささいな出来事を英語で言うことも、英会話の練習になります。

例えば、テスト勉強をしないといけないときには“I have to study for the test.”、誰かとショッピングに行ったときには、“I went shopping with~.”と口に出す練習をします。

この練習を続けると、英語を話すための思考回路を作ることができ、さらに英語を話す口を鍛えることにもなるので、どんなささいなことでも英語にしてどんどん言葉にしましょう。

この練習をするときは、長い文章を頭の中で丁寧に組み立ててから言葉にするのではなく、すぐに作れる短い文章をできるだけ多く発音しましょう。

実際の英会話の場面では、英文を丁寧に組み立てる時間はありません。

この練習は、シンプルで分かりやすい英文を瞬時に組み立てて話す練習にもなるので、ぜひ実践してみてください。

無料英語サービス・教材の活用術と具体的な学習プラン

学習プランは、自分のスケジュールや目的に合わせて作成するのが1番ですが、例えば、以下のような計画で進めていくといいでしょう。

月曜日 図書館の本で多読
火曜日 英語番組を見る
水曜日 Webサイトで勉強
木曜日 英会話に行く
金曜日 ラジオ英会話
土・日曜日 1週間の学習を復習

さらに、上でご紹介したアプリやSiriでの勉強、ながら発音などを空き時間にやっていくといいでしょう。

また、無料の英語サービスや教材を使って学習するときは、少し工夫することで学習効果を上げることができます。

以下、それぞれの学習法についてのアドバイスを載せておきます♪

テレビ、ラジオの活用方法

テレビやラジオの教材を使うときは、ただ観たり聞いたりしているだけでは英語は身に付きません。

学校の授業と同じように、重要なところはメモをしたり、復習をしたりすることで英語表現を自分のものにしていきましょう。

また、ラジオは録音し、テレビは録画して何度も視聴しましょう。

アプリの活用方法

英語学習用のアプリでは、ミニテストなどを活用して、自分の英語力を定期的に確かめながら学習を進めるようにしましょう。

『TED』の公式アプリにはテストがないので、音声を使ってシャドーイングやディクテーション、オーバーラッピングなどの練習をすると、リスニングだけでなく、発音やイントネーションの練習になります。

ただ音声を聞くだけでなく、英語を英語の順序で聞き取る練習をしましょう。

また、口を動かして英語を話す練習をすることも大切です。

ウェブサイト・動画の活用法

ウェブサイトやYouTubeの動画を使うときは、英語の授業を聞いているときのように学習すると効果が上がります。

覚えておきたいことはノートにメモをして、復習や反復練習をすることでインプットした英語表現を自分のものにできます。

面倒に思うかもしれませんが、こうしたシンプルかつ地道な方法も、英語学習には必要です。

「このフレーズは覚えたい!」と思うものだけで良いので、ノートに書いて繰り返し読み返しましょう。

無料学習の効果を上げる方法

お金をかけずに英語を勉強するときは、手間をかけて学習をする必要があります。

とはいえ、面倒な作業も長時間の学習も必要ありません。
繰り返しになりますが、必要なのは勉強をするときの一工夫です。

毎日の英語学習で注意するべきことや、無料教材での学習の効果を上げるコツを紹介します。

リスニングに集中する時間も大切

音声を使ったシャドーイングやディクテーションの学習は確かにとても大切ですが、集中して音声を聞く時間も英語学習には必要です。

普段日本語で誰かと会話をするときは、必ず相手の話を集中して聞いて、それに対して自分の考えを伝えたり、同意したりしますよね。

英語でも同じように、相手の話を聞いて理解する力を養うことが、楽しい英会話をするための第一歩となります。

そのため、リスニングに集中してまずは内容を理解することも、英会話学習では重要です。

電車内などの発音練習ができない場所では、集中して英語を聞く練習をしましょう。

内容をある程度理解した後、同じ音声を使ってシャドーイングやディクテーションの練習をするのが効果的です。

語彙・文法のインプットを欠かさない

英会話に文法はいらないという人もいますが、厳密に言うと文法学習は必要です。

そもそも文法の知識がないと、文章を自分で組み立てることができません。

「この文章はどうしてこの形になるのか」という根拠を理解できていないと、丸暗記したフレーズしか話せなくなります。

暗記も時には効果的ですが、文法の学習をしてその根拠も理解するようにしましょう。

また、語彙の学習も必要です。

言いたいことを伝えられる語彙がないと、英会話の場面でとてももどかしい思いをします。

ウェブサイトや動画、アプリの教材の中に初めて知る単語や熟語が出てきたら、それらを貪欲に吸収していきましょう。

こうしたインプットを経て、さらにそれらの文法や語彙を実際に使うことで、英語力はどんどん向上していきます。

先ほど紹介した「ながら発音」やSiriとの会話などを通して、覚えた英語表現をたくさんアウトプットしましょう。

まとめ

お金をかけなくても、工夫次第で英会話は身に付きます。

しかも、自分なりの方法で英語を覚えていけるので、毎日の英語学習を楽しく続けていくことができます。

また、教材を購入すると、それだけでもう勉強をした気分になってしまうことがありますが、無料学習ならその心配もありません。

無料学習だからこそ、お金を気にせずにたくさん勉強ができるというメリットがあります。

毎日たくさん英語に触れて、夢や目標の達成に向かって頑張りましょう!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます