英会話 アプリ
「手軽に英会話の勉強をしたい!」という人にぴったりの英会話アプリ―。

ですが、最近では様々な英会話アプリが登場しているので、「どれをやれば英会話力が上がるの!?」と戸惑っている方もいるのではないでしょうか。

しかも、英会話アプリにもピンからキリまであり、正直使えないものも混ざっています。
一つひとつダウンロードして試すのは大変ですし、その時間が勿体ないですよね。

そこで、今回はイギリスでの留学経験を持つ私が、本当に使えて、効果が実感できるアプリだけを厳選してご紹介します!
さらに、効率的に英会話を身に付けるアプリ活用法もご紹介するので、実践すれば短時間の勉強でも確実に効果を実感できるはずです。

その他、勉強を継続し、目標レベルまで到達するための工夫もお教えするので、一人で勉強を続けられるか不安な方も必見です。

忙しいあなたもアプリをフル活用すれば、自力で英会話を習得することができます。
ぜひこの記事を参考にして、英会話力アップを目指してください!

英会話が学べるおすすめアプリ9選

Duolingo

年間最優秀アプリ(iPhone App for the Year)を受賞した、世界で一番ダウンロードされている言語学習アプリです。

このアプリは、様々なテストや科学的システムをプログラムしており、文法や単語だけでなく、発音、リスニングなどを中心に学ぶことができます。
習熟度も逐一確認することができますので、いつでもどこでも自分のレベルに合った学習ができます。

iPhone版
Android版

iKnow!

英単語力を鍛えると同時に、リスニング力やライティング力など、多くのスキルを同時に伸ばすことができるようになっている英語学習アプリです。

英文法を意識した英作文もでき、正しい英語の発音も確認できるようになっています。
料金は780円/月ですが、使う価値アリのおすすめアプリですよ。

iPhone版
Android版

Real英会話

リスニングやスピーキング、ディクテーションが学べるアプリです。

リスニングでは、ネイティブの正しい発音を聞いて、そのフレーズの意味を選択肢から選んで解答していきます。
正しい発音をチェックできる機能もついているので、まるでネイティブの講師に教わっているかのような感覚で勉強を進めることができます。

iPhone版

Okpanda英会話

スカイプ不要で、アプリをインストールするだけでマンツーマン英会話レッスンが受けられるアプリです。

コースや教材の指定はなく、フリートークやイディオムについてのレッスンで日常的な英会話力を磨くことができます。
話すことに慣れるのが目的のアプリですので、講師のフィルタリング機能はあまり充実していませんが、講師はどの人も優しくて教え方が丁寧なので安心できます。

iPhone版
Android版

英会話SpeakBuddy

英会話SpeakBuddy は英語学習アプリとして100万ダウンロードを達成したAI英会話スピーキングアプリで、主にビジネス英語を中心とした勉強ができます。

キャラクターになりきってシナリオを進めていくという形式になっており、様々なシチュエーションに応じた英会話の練習ができます。
音声認識機能も搭載されているので、英会話フレーズだけでなく、正しい英語の発音も身に付けていくことができます。

iPhone版
Android版

Eigooo英会話

習うより慣れるをコンセプトにした、英語を使い慣れることを目標にした英語学習アプリです。

いつでもどこでも先生と楽しく英語チャットができ、リアルタイムで添削してくれます。
相手の言っていることを瞬時に理解し、素早く英文を組み立てる練習になります。

iPhone版
Android版

レアジョブ英会話

オンライン英会話№1のレアジャブ英会話が提供するアプリで、スマホ一台あればいつでもどこでも気軽にマンツーマンで英会話が行えます。

無料お試しレッスンも6時から24時半まで受けることができ、趣味や職業、日本語のレベルから判断して4000人以上の講師の中から、自分にピッタリ合った講師を見つけてレッスンが選択できます。
オンライン英会話に興味がある人はまずお試し版を利用してみましょう。

iPhone版
Android版

ネイティブキャンプ

レアジョブと同様、スマホを通じて英会話レッスンが受けられるアプリです。
ネイティブキャンプの最大の魅力は、24時間365日いつでもレッスンが受けられ、レッスン回数に制限が無いこと。

教材やレッスンの予約、講師の選択まで、このアプリ一つでサクッと行えます。
7日間無料体験付きなので、アプリをダウンロードして、試してみてください。

iPhone版
Android版

スタディサプリENGLISH

スピーキング、リスニングを短期間で楽しく身に付けることを目的としたアプリで、日常英会話コースとTOEIC L&R テスト対策コースが設けられています。

プレミアムサービスに登録していなければ、無料レッスンが受講可能で、TOEIC コースを受講すると日常英会話コースが無料で受けられます。

TOEIC(R)対策パーソナルコーチプラン
日常英会話コース

英会話アプリの活用法!効率的に英語を身に付けるには?

英会話 アプリ
英語が学べるアプリは数多く存在し、その用途も学習できる内容も様々ですが、どれを使ったとしてもその効果が得られるかどうかは本人の使い方次第です。
普通の教材とは違うアプリとしての特徴を活かした、アプリでしかできない勉強方法を実践しましょう。

アプリの特性を活かし、通勤や通学のスキマ時間でサクッと学習

アプリの最大の利点と言うのは、何といっても持ち運びが便利でどこでも学習ができることです。
通信が必要になるものもありますが、今は大抵の場所に無料のWi-Fiが飛んでいるので、ほとんど場所は選ばずに済むかと思います。

社会人でも学生でもそうですが、日々のスケジュールをこなしながら勉強の時間を確保するのは、たとえ30分でも意外と難しいものです。
やらなければいけないことが山積みだったり、疲れがたまって勉強どころではなかったり…。

時間的にも体力的にも少し無理があるように思えますが、そんな日々の中にも意外と使える時間があるのです。
例えば、通学や通勤でのバス、電車の中。やることがなく、居眠りしたりついスマホをいじってただ時間をやり過ごしているだけになっていたりしませんか?

1日たった20分程度無駄にしたとしても、1ケ月で考えれば約10時間もの貴重な時間をドブに捨てていることになります。
この無駄な時間を勉強に置き換えることができれば、勉強もできて時間も潰せてまさに一石二鳥です。

これは、なにも空き時間だけのことを言っているわけではありません。
普段適当にスマホをいじっているだけの時間を少しでも勉強に充てることができれば、時間はいくらでも捻出できます。

大事なのは、ただのネットサーフィンよりも、学習に自分なりの楽しさを見出すことです。

そこに具体的な目標があれば、なお良いです。
理由が無ければ人間はすぐに飽きてしまう生き物なので、自分なりの学習する大義名分をこしらえておくことが、継続に繋がります。

少しずつでも毎日コツコツ英語音声に耳を慣らし、口にすることが肝心

時間を見つけてコツコツ続けることが大事だと言いましたが、ただ続けるだけでは得られる効果は減ってしまいます。

学習をすることで、自分は何を伸ばそうとしているのか、この勉強をすれば何が身に付くのかをきちんと理解し、集中して学習することが何より大切です。
そうしなければ、せっかく見つけた時間をまた無駄にしてしまうことになります。

この意識をもって英会話の勉強に臨めば、必ず力は付いていきます。
英語は一つの言語ですので、他の教科と違って、毎日の積み重ねがものを言います。

英語を話せるようになるためには、一日に少しでも英語に触れ、耳と脳をネイティブのものに近づける必要があります。
ネイティブの真似をして英語で考え、実際に英語をアウトプットして自分の口に英語を馴染ませる。

これを繰り返していけば、徐々に抵抗がなくなって、自然と英語が思い浮かぶような思考や口になっていきます。

英作文を組み立てる練習を繰り返し、英会話をスムーズに

英会話で殊更大事になってくるのが、相手の発言に対して、頭の中で即座に英作文を練り口に出す、ということです。
たとえ相手の言っていることを正しく聞き取れたとしても、その返答ができなければ会話は成り立ちません。

日常の中で唐突に行われる会話に対応するためには、普段から英作文の練習に慣れておく必要があります。

普段から少しでも英語に触れる機会があるのであれば脳は少しずつ英語に対する抵抗を無くしていきますが、その抵抗をできるだけ早く取り除くためには、自分の思考から日本語を排除することが一番の近道です。

そのために有効的なのが、例えば日本語の説明が一切ない英語のみのアプリを使ってみたり、辞書を引く時には英和辞書ではなく英英辞書を使ったり、英語で日記をつけてみたりと、方法は様々です。

自分に合った方法を自分で見つけられると一番良いのですが、重要なのはいかに日本語を排除できるかです。英語だけの環境に身を置くことができれば、方法はなんであれ脳は確実に影響を受けてきます。

正しい発音を知り、相手の言葉を正しく聞き取る

英会話において、話す力と同様に大事なのが聞き取る力、リスニングです。
ある程度話すことはできるのに、いつまでたっても相手の言っている英語が聞き取れない…。

こんな問題を抱えている人は少なくないかと思います。
では、ちゃんと勉強しているのになぜ、いつまでたっても聞き取れるようにならないのか。

それは、単語一つ一つの発音、ないしは連続で聞こえてくる英語の聞こえ方を、正しく理解していないからです。
リスニングと発音に何の関係があるんだと思うかもしれませんが、この二つは実は切っても切れない関係にあるのです。

どういうことかと言うと、極論でいうと、ある単語の綴りや意味を正しく覚えていたところで、その単語の正しい発音を知らなければ、会話の中で出てきたとしてもそれを正確に拾うことはできませんし、逆に綴りを知っていなくてもその正しい発音を知っていれば、音で判別できる、ということなのです。

要するに、自分で覚えた単語と、その単語の実際の聞こえ方にギャップがあると、いつまでたってもそれを聞き取れるようにはならないということです。

だから、一つ一つの単語、そして文章として連続した時にその単語がどのように聞こえるかということを正しく把握しておかなければ、リスニング力はそこでストップしてしまいます。

そういった意味で、リスニング力向上のためには、正しい発音を知る必要があるのです。

英会話アプリを使って勉強を継続する工夫

英会話 アプリ
市販の教材と違って、アプリは気軽に勉強ができる反面、なまじ持ち運びが便利で無料のものが多いために、それを軽んじてしまいすぐに飽きてしまうということになってしまいがちです。
そうならない為には、どんなことを意識すればよいのでしょうか。

短期間で一気にやろうとせず、英語学習を習慣化する

なんの勉強に関しても言えることですが、短期間で一気に詰め込んでも、身になることは非常に少なく、持続もしません。
先ほども言ったように、英語は他の教科よりも毎日の積み重ねがものをいいます。

これだけやれば十分だというものはなく、いかに勉強を習慣化できるかが重要なのです。
アプリを使って勉強するのであれば、一日のちょっとした時間に学習ができ、場所も選ばないのでそれが普通の教材よりも簡単にできるはずです。

このアプリの特性を活かさない手はありません。

自分の成長をこまめに把握する

先ほど紹介した英会話アプリの中には、自分の習熟度が一目でわかるようなシステムが組み込まれているものや、実力を試すテストが設けられているものもあり、本気で勉強を続けたいのであればこういったアプリをおススメします。

スポーツでも学校でも、自分たちがやってきた練習や勉強がどれほど身に付いたかを自分で確認するために、大会や試験が存在するのです。
それを経験して初めて、自分の得意なところや苦手なところを客観的に見ることができ、それが今後の自分の成長に繋がっていくのです。

英会話も全く同じで、ある程度勉強を続けていけば、自分がどこまで成長したのか試したい、自分の苦手なところを把握してそれを克服したい、と思うようになってきます。
そこでテストを受け、自分のレベルを知っておくことができれば、また継続して頑張ろうという気持ちに拍車がかかるはずです。

自分なりの、英語を学ぶ意味・目標を明確にする

人間はどうしても空きやすい生き物なので、自分のレベルを把握しても、興味がなくなってしまえばそこで勉強を打ち切ってしまう人も少なくないはずです。

そんな人たちは、あらかじめ自分が勉強する意味や目標を明確にしておき、勉強に自分なりの意義を見出すことをおススメします。

なにも目的や目標が無いまま、ただ漫然と勉強してしまっては、すぐに飽きがきてしまい身にもつきません。
なにより、貴重な時間を無駄にしてしまうことになります。

そうならない為にも、TOEICで800点を目指すだとか、洋画を字幕なしで観られるようになるといった具体的な目標を掲げていれば、おのずと勉強を継続できるのではないでしょうか。

英語を好きになる

英会話の勉強を続けるにあたって大前提として持っておかなければならないのが、英語が好きだという気持ちです。
誰でも、好きでないものに時間とお金をかけるのは気が進まないものです。

まずは英語を好きになること、これが重要です。好きな海外アーティストがいる、ヨーロッパの国が好きだ、洋画が好きだ、きっかけはなんでもいいんです。
とにかく英語に関して興味を持つこと、そして好きになることができれば、勉強を続けていくモチベーションに直結します。

まとめ

今回は、英会話を伸ばすためのアプリを紹介していきましたが、どのアプリを使うかはあまり重要ではありません。

自分が英語学習に対してどんな意識を持っているのか、どんな心持ちで学習に臨めばよいのか、英語を勉強して何の得があるのか、そういったことに少しでも多くの人が考えを巡らせてくれることが、この記事の目的です。
ぜひ参考にしてみてくださいね。