【TOEIC820点の私が直伝】誰でも最短で話せるようになる英会話の勉強法!継続学習のポイント3つ

英会話 勉強法
近年は国際化も進み、英語が必須の時代となってきました。
旅行や仕事で、英語が思うように話せず、悔しい経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

だからといって、いきなり英会話の勉強を始めようと思っても「まず何から始めればいいの?」と戸惑ってしまいますよね。

そんな方も安心してください。
このページでは、実際に筆者が試して効果のあった勉強法を詳細にお伝えするので、実践すれば初心者の方でも最短で話せるようになります。

さらに、おすすめの教材や学習の継続方法も具体的にご紹介するので、これからどのように勉強を続けていけばいいか、しっかりと理解していただけると思います。

この方法なら、独学でも英語でのコミュニケーションに困らないレベルを目指すことも難しくありません。
これから英会話を頑張りたい!というあなたのお力になれれば幸いです。

独学でもこれだけ成果が出ます!工夫次第で英会話は自分で身に付けられる!

英会話が仕事で必要になったり、海外旅行でうまく話せないと「英会話ができたら…」と思いますよね。

でもそこでネックになるのが「時間」と「お金」なのではないでしょうか。

忙しい日々の中で勉強する時間を捻出するのはなかなか大変なことですし、できるだけお金をかけずにできれば独学で英会話ができるようになりたいと思っている方は多くいらっしゃると思います。

「でも独学じゃなかなか効果が出ないだろうし…やっぱりきちんとお金を払ってスクールに通ったほうがいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

きちんとポイントを押さえれば、独学でもきちんと効果が出るんです!

筆者も実際にやってみて、英語を生業とするまでの実力をつけることができました。
なので、自分で勉強していきたいという人は、これからご紹介する方法を今日から取り組んでいただければと思います。

独学英会話をする前に絶対やっておくべきこと

英会話を学ぶとなると、「とりあえず英会話スクールに通おう」「TOEICを受けてみよう」と思い立ちますよね。

英会話スクールに通ったりTOEICを受ければ、確かに英会話の勉強にはなりますが、それ以上に重要なことがあります。

それは「どうして英会話を学びたいのか」「どんな英語を話せる人になりたいのか」という英会話学習の目的をはっきりさせることです。

どうして英会話を学びたいのか?目的とゴールを明確化

「英会話を学ぶ」といっても、その目的は人それぞれのはずです。

「海外赴任を目指していきたい」「上司が外国人になったので、英会話ができないと話にならない」といったものから「海外旅行を楽しめるようになりたい」という方もいらっしゃると思います。

「なんとなく必要そうだから、英会話を学んでおこう」という方もいらっしゃると思いますが、目的がはっきりしていないとモチベーションも下がってしまいますし、学習の効果もなかなか現れてきません。

「英会話を学ぼう!」と思ったら英会話スクールやTOEICなど「英語を学ぶ手段」を検討する前に、「どうして自分は英会話を学びたいのか」をよく考えてみましょう。

英会話を学んでどんな「英語を話せる人」になりたいのか

次に考えたいのは、「英会話を学んでどんな英語を話せるようになりたいのか」という目的の具体化です。

例えば上司がイギリス人になった貿易関係のビジネスマンの方であれば、「一般的な英会話と仕事関係のビジネス英語をイギリス英語で話せるようになりたい」という具体的な目標が定まります。

他にも職場で海外のお客様に英語で話されたときに対応できるようになりたい、という場合であれば「一般的なビジネス英語を学び、話しかけられた時にすぐに英語が出てくるようになりたい」という目標が立てられるかもしれません。

英会話といっても使用するシーンは様々です。

自分にとって必要になる英語の種類やシーン、会話の頻度などを具体的にシュミレーションしておけば、それだけ効果的な学習ができるようになりますし、実感も早く得られるようになりますよ。

独学でも時間がなくても大丈夫!効果的に英会話を学ぶコツ

独学で英会話を勉強するとなると、勉強時間の捻出に頭を悩ませられる方は多いと思います。

そんな時にポイントになるのが、「勉強時間を決めること」、そして「インプットとアウトプット」を意識すること」です。

時間を決める

英会話を学ぶ上で大切なのは、「継続」です。
毎日少しでも続けていけば、語彙力も増えますし耳も慣れてきますし、効果も現れてきやすいのでモチベーションも持続できます。

でも「毎日コツコツ続けるのが苦痛」という方もいらっしゃると思います。
そんな時におすすめなのが「勉強時間を決めてしまうこと」です。

予定に組み込んでおき、英会話を勉強せざるを得ない状況にしておけば、最初はなれなくても自然と英会話学習に意識が向くようになります。

特に通勤時間などの「ながら時間」はスケジュールに組み込みやすいのでおすすめです。

インプットとアウトプットを意識する

英会話は、「聞く」「話す」という二つのスキルを伸ばすことから始まります。
そのため語彙やフレーズを学ぶ「インプット」と、その学んだことを実際に口に出す「アウトプット」が英会話を学ぶうえでは重要になります。

勉強を進めているとつい得意な方に偏ってしまい、インプットばかりになってしまったり、アウトプットばかりになってしまったりということがよくあります。

そうするとアンバランスになってしまい、「言いたいフレーズが分からない…」「なかなか英語が口から出てこない…」といった壁にぶつかってしまいます。

例えば朝の通勤時間にインプット、帰りの電車の中ではアウトプットというように、学習のスケジュールを前もってインプットとアウトプットを意識したものにしておくと、より効果的に学習できますよ。

必ず効果が出る!最短で学べるおすすめ英会話勉強法

英会話を学ぶツールは書籍や、アプリ、オンライン英会話など多岐にわたっています。
そんなツールを使った最短で学べるおすすめの英会話勉強法をご紹介します。

本やアプリでフレーズを学ぶ

最初に行うのは、本やアプリでフレーズを学ぶことです。
自分が学びたい分野を特集した英会話の本やアプリを見つけて、使えるフレーズを増やしていきましょう。

これまでは書籍で学ぶ方がメジャーだったかもしれませんが、最近は「ビジネス」や「海外旅行」といったテーマでまとめられた英会話アプリも人気です。

それぞれの学習スタイルに合わせて、「これなら勉強し続けられそう!」と思うものを選ぶようにしましょう。

オンライン英会話などを使って実際に使ってみる

書籍やアプリでフレーズを学んだら、次にアウトプットです。
英会話はある意味「どれだけ会話の経験を積んだか」が一番重要になってくるので、できるだけ日々会話の機会を作っておくことが大切です。

「でも周りに外国人の人がいないし…」という方も多いと思います。
そんな時におすすめなのがオンライン英会話です。

オンライン英会話ならスカイプを使って自宅でレッスンを受けることができますし、毎日受講したとしてもリーズナブルな費用のことが多いので、安心して受講できます。

オンライン英会話は様々なメリットがありますが、業者によって「受講時間に指定がある」「コースがあまり豊富ではない」といったデメリットがある場合もあるので、しっかり確認しておくようにしましょう。

日常の会話を頭の中で英会話に置き換えてみる

私が一番英会話を学ぶうえで効果的だったのは、この「日常の会話を頭の中で英会話に置き換える」ことです。

書籍やアプリでフレーズを学び、オンライン英会話で英語を話せるようになっても、英会話のスキルが「テキストの中の英語」から離れられないことに気が付き、悩んでいた時期がありました。

そんな時に「普段の会話を英語で話したら、どう話せるだろうか」とシュミレーションしてみるようになりました。
すると日常の会話や仕事の会話が学んだ内容と結びつき、「自分の言葉」として英語が話せるようになっていきました。

お金もかかりませんしちょっとした時間にできるので、「最近英会話の勉強に壁を感じている…」という方にはおすすめです。

おすすめアプリ&教材

英会話 勉強法

おすすめ書籍

「NHKラジオ ラジオ英会話」

有名なNHKラジオのテキストです。
1話完結型で、毎日新しいトピックで学習できるので、リズムよく学習が進められます。

「NHKラジオ 実践ビジネス英語」

ビジネス英語を学びたい方はこちら。
世界で話題になっているトピックを扱うので、飽きずに学習を続けることができます。

「NHK CD BOOK 英会話タイムトライアル パッと答える まちなかシンプル英会話 (語学シリーズ)」

NHKラジオ『英会話タイムトライアル』の講師による英会話のトレーニングブック。
「英語がなかなか口から出てこない…」という方にぴったりのアドバイスが満載です。

スキマ時間でサクッと勉強できるおすすめアプリ

「Real英会話」

実際にネイティブが使う英会話フレーズを学ぶことができる英語学習アプリ。
基本的な挨拶はもちろん、待ち合わせや食事の時などフレーズがシーンごとに分かれているのがポイントです。

「Duolingo」

過去に2年連続『Google Play』の「ベスト オブ ベスト」を獲得したことがある、実力派の英会話アプリ。
英語が初めてという方でも、イラストを選んでいくことで無理なく英会話を学ぶことができます。

オンライン英会話

「DMM英会話」

DMM英会話はオンライン英会話の中でも最大手のサービスで、なんと1レッスン138円というリーズナブルな値段で受講できます。

オンライン英会話はフィリピン人講師がほとんど、ということが多いのですが、DMM英会話の場合アメリカやイギリス、カナダといったネイティブの国からも採用しているので、きちんとネイティブの指導を受けたいという方にもおすすめです。

「ネイティブキャンプ」

ネイティブキャンプは、オンライン英会話の中でも「レッスン回数無制限」「予約なしでレッスン可能」といったメリットがあるサービスです。
「外国人の上司が赴任する前に、たくさん英会話の経験を積んでおきたい!」「商談の前に集中的に受講して慣れておきたい」といった方には特におすすめです。

独学でもめげずに学習を継続するポイント3つ

英会話に限らず、独学で学ぶというのはモチベーションを維持するのも大変ですし、「難しそう…」と感じられる方も多いかもしれません。
そんな時は次の3つのポイントを押さえると、めげずに学習を継続できますよ。

毎日の学習を記録する

毎日勉強を続け、その記録をとっておくと、「ここまでがんばったんだから、あきらめたらもったいない」という気持ちになるものです。

手帳に記録を付けるのもいいですし、英会話学習アプリの中には学習記録を自動で付けてくれるものもあります。

時折こういった記録を見返すと、またモチベーションアップできるようになりますよ。

明確な目標を立ててみる

はじめに目標を立てることが大事とお伝えしましたが、やる気が起きない時は、目標を立て直してみるのもおすすめです。

ビジネス英語を学んでいる人であれば、「TOEICで海外赴任に必要なスコアを取る」であったり、海外旅行を楽しみたい人であれば「海外旅行の英会話アプリをマスターしたら、海外旅行を予約する」といった明確な目標を立ててみましょう。

目標が具体化すると、学習をあきらめそうになっても「もう一度頑張ってみよう」と思えるものです。

勉強方法を変えてみる

毎日同じ教材を使っていると、どうしても飽きてしまうこともあります。

アプリを使っている方なら他のアプリを試してみたり、オンライン英会話ではいつもと違う先生のレッスンを受けてみるなど、勉強法に新しいものを取り入れてみるのも大切ですよ。

まとめ

独学で英会話を学ぶのは大変なことですが、自分なりに目標を立て、日々継続して学習を続けることができれば、必ずできるようになります。

時にはあきらめそうになったり、くじけそうになったりすることもあるかもしれませんが、ぜひ上記で紹介したポイントを参考にして、がんばってみてくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページの先頭へ