【実際使える】ビジネス英語のフレーズ集&おすすめの学習法を紹介!取引先とのやり取りもこれでOK

ビジネス英語
仕事でビジネス英語を使っているけれど、きちんと伝わっているのかどうか不安・・・
という方、いらっしゃるのではないでしょうか。

ビジネス英語は英会話とは違って独特のニュアンスがありますよね。

このページでは、今すぐ使えるビジネス英語のフレーズ集を紹介しています。
困ったときにそのまま使用すれば、スムーズに相手とやり取りを行えます。

メールの際の例文集も記載しているので、直接話ができない相手にもきちんと伝わるポイントを知ることができます。

また、ビジネス英語を学ぶためにおススメの学習法も紹介していますので、ビジネス英語を使いこなしたい!と思っている方は是非参考にしてみてくださいね!

これを覚えておけばOK!今すぐ使える表現はこれ!

What is your schedule today?/今日の予定はどうなっていますか?

部下や同僚などにその日の予定を聞きたい際につかえる表現です。
Planも同じく予定という意味ですが、ビジネスの場ではscheduleを使うようにしましょう。

I’m sorry to bother you./お忙しいところすみません。

上司に声をかける時など本題に入るときにこのようにワンクッション置くとより丁寧な表現になります。
対面での会話だけではなく、メールでも使うことができるので、しっかりと覚えておきましょう。

When do you need this done by?/いつまでに終わらせる必要がありますか?

仕事の期限などを聞く際に使える表現です。
Deadlineという単語を使うよりも、byを使ったほうが自然な表現に聞こえます。

I’ll get back to you./後で連絡します。

電話やメールですぐに回答ができない時は、この表現を使ってすぐに対応できないことを伝えましょう。
Untilを使っていつまでに連絡をするか添えるとより丁寧な表現になります。

I’m in the middle of something./今は手が離せません。

誰かにものを頼まれたり、声をかけられたりしたときに、対応ができない場合に使える表現です。
busyを使わずに忙しいということを伝えることができ、ネイティブが良く使用する表現でもあります。

It’s great to see you./お会いできて光栄です。

取引先、後輩、上司など相手が誰であれ、初めて会う相手に対してはこの表現から会話を始めるようにしましょう。
日本語でいう初めましてのような表現で、社会人であればだれでも使う丁寧な表現です。
その他、It’s nice to see you.、It’s pleasure to see you.などgreatを他の単語に置き換えることも可能です。

I’m in charge of ~/〜を担当しています

自己紹介の時に使える表現で、自分の仕事内容などを相手に伝える表現です。
I’m in charge of service manager. など自分の職種を後に持ってきましょう。

Is there anything I can do to help?/何かお手伝いしましょうか?

自分の仕事に余裕があるときなどこのように同僚に声をかけてあげると丁寧です。
しかし、海外では日本よりも自分の仕事に対する責任感が強いので、このように質問することは失礼に値することもあります。
そのため、使い相手には少し注意する必要があります。

Thank you for taking the time for ~/〜のためにお時間を頂いてありがとうございます

相手に何かをしてもらった際にお礼を伝えるために使える表現です。
time for ~の後には、meeting me、helping meなど幅広い表現を持ってくることができます。

I understand what you mean, but…/おっしゃることは分かりますが

相手の意見に同意できなかった時に使える表現です。
直接反対意見を述べるよりも、相手の言うことも理解していますが、と相手への尊重の意を示すことが大切です。

I will keep you posted/何か進捗があったら報告します。

仕事の状況などを上司や取引先などに伝える際に使える表現です。
posted のあとにon~と続けることで、具体的に何について報告をするか詳しい説明を加えることができます。

I will transfer you to ~/〜におつなぎします。

電話で使える表現です。
transferの代わりにConnectを使うことができるので、これは定型表現として覚えておきましょう。

Let’s call it a day/今日はここまでにしよう

仕事を終わりにするときに使える表現です。
直訳すると意味をなさない文章なので、口語表現としてこのまま覚えるようにしましょう。

Take it easy!/気楽にやりましょう。

仕事が切羽詰まっているときなど、同僚を励ますために使える表現です。
フレンドリーな表現なので、同僚の中でも仲のいい人に対して使うようにしましょう。

ASAP/できるだけ早く!

as soon as possibleの略です。
メールの末尾などに使える表現で、相手に催促したい時に使うことができます。
しかし相手によっては失礼に取られてしまうこともあるので注意が必要です。

Can you say that again?/もう一回言って頂けますか?

相手が何をいったか聞き取れなかったときはこの表現を使うようにしましょう。
相手に発言を繰り返してほしい際は、学校ではPardon?という表現を教えられますがネイティブはこの表現をあまり使いません。
can をcouldにするとより丁寧な表現になります。

What are your thoughts on ~?/〜に関するあなたの意見は?

会議の最中などによく使われる表現です。
海外では自分の意見を主張することが大切なので、この表現で意見を聞かれたら率直な自分の意見を発言できるようにしておきましょう。

Great job!/良くやった!

相手の仕事をねぎらう表現です。
後輩や親しい同僚に対して使うといいでしょう。
英語にはお疲れさまという表現がないので代わりにこれを使うことができます。

It was my pleasure to~/〜できて光栄でした。

取引先などに対してよく使われる表現です。
It was my pleasure to work with you.などと繋げて、一緒にお仕事ができて光栄でした、というように相手に対する感謝の気持ちを伝えることができます。
メールの締めの表現としても使用することができます。

Thank heavens it’s Friday./今日が金曜日で嬉しいよ。

頭文字をとって、”TGIF!”とも言われている表現です。
週末を目前に控えた嬉しい時に使える表現です。
この”TGIF!”をきっかけに週末の予定について話したりなど、会話が盛り上がることもよくあります。

I agree with you./賛成です。

相手への同意を示すときに使える表現です。
ミーティングなどで意見を求められた時にこの表現で答えるのもいいでしょう。
また、youのあとにon that pointを加えると、その点においては賛成です、など具体的に何に対して賛成なのかを示すことができます。

I see./承知しました。

上司から何かを指示されたり説明されたりしたときなどは、簡単にI see,と回答するだけで理解したことを伝えることができます。
その他にも、I understand,も使うことができます。

簡単な表現であるためカジュアルにも感じますが、ビジネスの場でもよく使われる表現なので覚えておきましょう。
これらの表現はメールでも使うことができます。

何を理解したのかより具体的に伝えたい時は、I understand that~ など後ろにThat節を持ってきて詳しい説明を加えるようしましょう。

オフィスで注意!日本人が間違いやすい表現

I am looking forward…

「~を楽しみにしています。」という表現でよく使われるI am looking forwardですが、日本人の多くがミスしやすい熟語の1つです。
I am looking forwardのあとはto~と続きますが、このtoの後には現在進行形の動詞が来ます。

例えば、I am looking forward to hearing from you. I am looking forward to seeing you next time. などというようになります。

学校の授業などでは、toの後には動詞の原形が来ると教えられますが、この表現については特殊で現在進行形~ingの動詞を置く必要があります。

I am looking forward to hearing from you.などはメールの最後に添えるなど、ビジネスシーンでも使うことが多い表現の1つなので、動詞の形を間違えないように気をつけましょう。

不可算名詞のs

不可算名詞とはその名の通り、数えることができない名詞のことです。しかし、実際の会話になると誤ってsをつけしまうことがよくあります。

些細なことですがビジネスメールを送る際にはこういった文法のミスで相手への印象が変わるので、細かな点まで気を付ける必要があります。

ビジネスシーンでよく使われる不可算名詞にはinformationがあります。

こういった単語は複数、単数に関わらずsはつかないので、誤ってinformationsなどとしてしまわないように気をつけましょう。

Do you mind~ に対する回答

Do you mindで質問をされた場合、回答が通常と逆になるので気を付ける必要があります。
例えば、

Do you mind opening the window?(窓を開けたら気にしますか?→窓を開けてもいいですか?)と聞かれた場合、

Yes I do mind(はい、気にします→開けないでください)
No I don’t mind(いいえ、気にしません→開けてもいいですよ)

というようになります。
要は気にするか気にしないかを聞かれているので、そこに焦点をあてて回答する必要があります。

通常、Yes I doまたはNo I don’tで回答しますが、困惑しそうな場合は、Yes I do mind、No I don’t mindとmindまでつけて回答すると余計な勘違いを防ぐことができます。

appointment と reservation

ビジネスの場で利用することが多いappointmentという単語。
これは予約という意味ですが、appointment以外にもreservationが予約という意味を持ちます。

しかし、appointmentは時間と場所を決めて目的をもって誰かと会う場合、reservationはテーブルや場所を確保する場合、という明確な違いがあります。

取引先と会う時などはreservationではなく、appointmentを使うので2つを混同してしまわないようにしましょう。

CanとDoの違い

簡単に言うとCanは相手にその能力があるかどうか、Doはするかしないか、という違いがあります。

日本人はよくCan you speak Japanese?という表現を使いますが、これは日本語を話す能力があるか、という意味合いになり失礼な表現として取られることがあります。

日本語を話すかどうかは相手の能力よりも、日本語を学んだかどうか、という意思に基づいているため、Do you speak Japanese?という表現の方が適切となります。

この他にも、Canを使うと不自然になることがあるので、多用しないように注意しましょう。

ビジネス英語の学習法!効果が出るおすすめの方法とは

単語を覚える

オフィスで英語を話せるようになりたいのあれば、ビジネスの場で使える単語を専門的に学習する必要があります。

単語帳などではビジネス英語に特化したものもあるので、そういったものをうまく活用するといいでしょう。

日常生活をビジネスの場では、若干ニュアンスが異なる単語などもあるので、当いった違いも学んでおくとビジネスマンとして自信をもって英語を使えるようになります。

英語の資料を読む

自分の職場で使える英語を学びたいのであれば、すでに職場で使っている英語の資料を基に英語を勉強してしまうのが効果的です。

資料を読み込みつつ、多用されている単語などを徐々に覚えていくようにしましょう。

また、資料を読む癖をつけることで、前置詞の正しいことも身に付けることができますし、読解力の向上も目指すことができます。

定型表現を覚える

ビジネスの場では、だれもが使うような決まり文句のようなものが多数存在します。

そういうものを暗記しておくだけで、スモークトークをすることができたり、初対面の人とでも円滑にコミュニケーションをとることができたりします。

そのような定型表現は下で紹介しているので、すぐに口から出るように丸暗記をしてしまうといいでしょう。

ビジネス英語が学べるおすすめ学習本

キクタンビジネス

ビジネスで頻繁に使う単語・熟語を集めた単語集です。

会社・組織/経済・経営/人事・仕事/製造・製品/販売・取引/金融・会計 /通信・伝達/会議・交渉/法律・税制のカテゴリーに分かれて単語が紹介されているため、自分の職種に合わせて効率よく必要な単語のみを学ぶことができます。

CDを毎日聞き流しているだけで単語を覚えることができるので、忙しい社会人であっても通勤時間などに単語を記憶することができます。

BasicとAdvancedが用意されているので、まずはBasicの単語をすべて網羅するようにしましょう。
そのうえで、自分の到達レベルに合わせてAdvancedにも取り組むのがおすすめです。

英文ビジネスEメール 実例・表現1200

Z会通信講座の膨大な添削結果を分析して作られた信頼のおける一冊です。

タイトルの通り1200のビジネスフレーズが掲載されており、シチュエーションごとに使える表現がわかりやすく表現されています。
そして、どれも応用が利く表現であるため、それらを知っているだけで表現できる幅が一気に広がります。

また、会話表現だけではなくメールの書き方の基本もわかりやすく紹介されています。
敬称の書き方など相手に失礼にならないよう1から丁寧に学ぶことができます。

さらに、アメリカ英語とイギリス英語の記載方法の違いなど、見落としがちなところもしっかりと解説されているので、ビジネスパーソンとして必要な知識をもれなく身に付けることが可能。

総合的にビジネスにおける必要な情報が掲載されているので、ビジネス英語を学ぶ最初の1冊として選ぶ人も多く、人気があります。

会話もメールも 英語は3語で伝わります

英語をシンプルにして、簡単に伝わる表現を学ぶための参考書です。

学校で英語を学ぶと、学んだ表現を使おうと長くて複雑な英文を作ってしまいがちです。
しかしそれでは遠回しな表現になってしまい、ネイティブに伝わらなかったり、表現力が乏しいと思われたりしてしまうこともしばしば。

この本ではそれらの表現を簡単にすることを目指しており、簡単な英文を作るコツを紹介しています。

主語、動詞、目的語を明確にしてシンプルな英語を作ることで、コミュニケーションを円滑にとることができるので、仕事でうまく英語が話せない、英文を頭でつくってから話すまで時間がかかってしまい、という人に大変おすすめです。

特にビジネスの場では、重要なことを簡潔に伝えることが大切なので、実用的な英語を身に付けたい人は一度は読んでおくといいでしょう。

とにかく通じる英語: 超かんたんで役立つビジネス英会話の本

とにかく通じる英語では、ビジネスにおけるシチュエーションごとに「NG英語」→「とにかく通じる英語」→「パーフェクト英語」の順に使えるフレーズを紹介しています。

日本人が間違えてしまいがちな表現を訂正しつつ、ネイティブにも通じる正しい英語を身に付けていくという流れになっています。

また、本書では丁寧な長々しい表現ではなく、簡単に一言で意思を伝えられる表現を多数紹介しています。

そのため、まずは最低限の簡単な表現から身に付けてコミュニケーションをとれるようになりたい、という英会話初心者にもおすすめできる一冊となっています。

音声をダウンロードすることもできるので、スマートフォンに入れればいつでもどこでも自由に学習することができます。

ビジネス英語が学べるスクール&オンライン英会話

Bizmates

Bizmates

月額料金 レッスン25分の料金
(レッスン数31日間)
毎日25分プラン 12,000円(税込) 387円
毎日50分プラン 18,000円(税込) 290円

ビズメイツはビジネス英会話に特化しているオンライン英会話で、ビジネス経験のある講師のみを採用ししています。
そのため、レッスンのレベルが高く、すぐに使える実践的な表現を身に付けることができます。

また、ビジネスに焦点を当てた専門的な教材を用意しているため、レッスン以外にも自宅学習も効率よく進めることができます。

その他、英文・メールの添削など受けることができサポートプログラムも用意されているので、仕事上で分からないことがあった時などすぐに疑問を解決することができます。

ただし、サポートが充実していることや講師のレベルが高いことから、料金は他のオンライン英会話と比べて高めの設定となっているのデメリットといえるでしょう。

産経オンライン

産経オンライン

毎日25分プラン 1日1回(25分) 5.537円(税込 5,980円)/月 1回あたり193円
毎日50分プラン 1日2回(50分) 9,074円(税込 9,800円)/月 1回あたり158円
週末毎日50分プラン 金・土・日(50分) 5,537円(税込 5,980円)/月 1回あたり213円
プラス1チケット 追加レッスン数1回、649円(税込み700円)、1レッスン(25分)当たり700円
プラス15チケット 追加レッスン数15回、3,982円(税込み4,300円)、1レッスン(25分)当たり287円
プラス30チケット 追加レッスン数30回、7,315円(税込み7,900円)、1レッスン(25分)当たり263円
プラス45チケット 追加レッスン数45回、10,000円(税込み10,800円)、1レッスン(25分)当たり240円

産経オンライン英会話は主に社会人向けのオンライン英会話として知られており、日常英会話、ビジネス英会話、職業別英会話、TOEIC、フリートーク、ニュースディスカッションなど、ビジネスで役に立つ豊富なコースを用意しています。

特に職業別英会話では商社、旅行、金融など業界ごとに英語を学ぶことができるので、専門的な知識を身に付けることができます。
レッスン時間は朝5時から深夜25時となっており、フィリピン人講師を採用していることから料金も安く抑えられています。

DMM英会話

DMM英会話

スタンダードプラン プラスネイティブプラン
毎日1レッスン 5,500円/月 15,800円/月
毎日2レッスン 9,200円/月 31,200円/月
毎日3レッスン 12,800円/月 45,100円/月

DMM英会話の特徴は、ネイティブ講師に限らず、ヨーロッパなど世界中の講師が在籍しているという点です。
そのため、どの国を相手に仕事をするかによって、講師の国籍も自由に選択することができます。

他のオンライン英会話ではフィリピン人講師、またはネイティブ講師に限られてしまっているので、より国際的なレッスンを受けたいという人にはDMM英会話は最適でしょう。

また、DMM英会話はサポート体制が充実していることでも知られており、7,000以上の教材が利用できる、人気の英語学習アプリ「iKnow」を無料で利用することができます。
そのため、通勤などの隙間時間を使って自由に英語を勉強することができます。

また、レッスンは24時間好きな時に受講することができるので、スケジュールの融通が利きます。

NOVA

NOVA

固定プラン
週1決まった曜日・時間に受けるプラン(40分/月4回)
グループ:10,000円/月
マンツーマン:20,000円/月
フリープラン
希望の日時に受けられるプラン
グループ(月4回):28,000円
グループ(月8回):19,000円
グループ(月12回):28,000円
マンツーマン(月4回):28,000円
マンツーマン(月8回):50,000円
マンツーマン(月12回):70,000円

NOVAは北海道から沖縄まで全国250以上の教室を構えている大手英会話教室で、通いやすさが強みです。
レッスンはグループとマンツーマンの2つを用意しており、ネイティブ講師を採用しています。

実際のビジネスの場ですぐに使える表現が使えるビジネス英会話コースに加えて、短期集中コースも用意しているため、短期間で英語力を伸ばしたい社会人にもおすすめです。

また、フリープランではレッスン時間や教室を自由に選択することができるので、忙しい社会人でも継続しやすくなっています。

ベルリッツ

ベルリッツ

マンツーマンレッスン 約6,000~8,000円台
グループレッスン 約3,000円台

※受講時間や購入レッスン数によって変動

ベルリッツでは海外旅行などで使える日常英会話に加えて、海外出張や赴任を控えている社会人に向けたビジネス英語コースまで幅広く用意しています。

これらのビジネス英語コースでは、会議、プレゼンテーション、電話対応、面接など豊富なテーマが用意されており、具体的にこういう場面で使える英語表現を身に付けたい、という希望に合ったレッスンを受けることができます。

ベルリッツでは短期集中コースも用意しているので、短期間でビジネス英語を身に付けることも可能です。

Gaba

Gaba

マンツーマン25レッスン
(平日コース)
145,850円(税抜)
1レッスンあたり5,834円(税抜)
マンツーマン50レッスン
(平日コース)
268,550円(税抜)
1レッスンあたり5,371円(税抜)
マンツーマン25レッスン
(平日+土日祝可能コース)
173,625円(税抜)
1レッスンあたり6,945円(税抜)

Gabaでは50か国以上の国から集められた講師のレッスンを受けることができます。
そして、レッスンはすべて個人レッスンとなっているため、より集中的に学ぶことができる環境が整っています。

仕事、旅行、留学などの目的に合わせたコースを提供しており、ビジネス英語コースでは、仕事に関するミーティングやメールなどの一般的な内容から、接客系に関する英語まで幅広い職種に対応。

また、個人レッスンでは、仕事で使う資料などをレッスンに持ち込んで教えてもらうことができるなど、実際の仕事のサポートも受けることが可能です。

その他、レッスンの予約は24時間、スマートフォンもしくはパソコンから可能であるため、スケジュールの調整も簡単に行うことができますよ。

まとめ

ビジネスシーンで使える表現などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ビジネス英語だからといって複雑な文法などを使用する必要はなく、意外とシンプルな表現が多いことに気が付いたのではないでしょうか?
むしろ、簡単で短い表現を使った方が、コミュニケーションが円滑に進むことも多くあります。

また、職種ごとに応じたより専門的な英語を身に付けるのであれば、参考書や英会話スクールの利用が効率的です。
ぜひ今回紹介したものの中から自分に合うものを見つけて、ビジネス英語を身に付けるようにしましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページの先頭へ