仕事の取引先や海外赴任または転職においても、ビジネス英会話の必要性は年々広がっていますよね。
今現在必要としている方、将来を見据えてビジネス英会話を習得したい方も多いのではないでしょうか。
だけれど、まず何から始めればよいのかわからない…とお悩みの方も多いことと思います。

今回はビジネス英会話を習得するために、まず押さえておくべきコツやポイントからおすすめのスクールについて徹底調査しました。
この記事が、ビジネス英会話を習得したい方のお役に立てれば幸いです。

1.ビジネス英会話で押さえておくべきポイント・勉強法

ビジネス英会話は、基本的にネイティブと英語で難しい話をする必要があるため、求められるレベルも高くなります。ビジネス英語がどのくらいのレベルの英語かというと、TOEICで言うと700点以上が必要であり、外人ときちんとコミュニケーションをとる場合は800~900点以上、簡単な英語を使う業務なら600点以上という目安があります。

ただ、スピーキングなども含めて考えると、一概にTOEICのリスニングとリーディングの点数では測れない部分もあり、ビジネスで英語を使うためには、リーディングとライティング能力を土台として、スピーキングとリスニングを中心に勉強していく必要があります。

そこで、ここでは、実際にビジネスで英語を使えるようになるために効果的な勉強方法を、簡単にご紹介します。

1-1.スピーキングの前にライティングの練習をする

ビジネスにおいて英語で会話するためには、リスニングとスピーキングが出来なければいけません。

しかし、スピーキングというのは、正しい英語を素早くアウトプットする能力が必要ですから、求められるレベルも高くなります。そこで、まずはゆっくり正しい英文をアウトプットする練習として、英語のライティングを行う事をおすすめします。

英語をアウトプットする際は、文法等をきちんと覚える必要があり、そのために正しい英文をゆっくりと書いていく練習が有効です。英文を書けるライティングの能力があるという事は、英語をゆっくりと話すスピーキング能力があるという事であり、それが話す力を身につける第一歩となります。

また、書類を英語で書くためには、ライティングの能力も必要ですので、スピーキングを行う土台として、まずはライティング能力の向上を行いましょう。

ライティングの練習としては、その日の出来事を文章でつづる日記がおすすめです。その中で、分からない表現は文法書で確認するなどして、正しい表現を学んでいくようにしましょう。この他にも、日本語のビジネス文章を英語化してみる勉強も有効です。ただし、自分の書いた英文が正しいかどうかは、自分ではなかなか判断ができませんので、できればネイティブの添削を受けるようにしましょう。

以下に、英文添削サービスを紹介しておきますので、気になる方はチェックしてみてください。

Lang-8 (無料)
https://lang-8.jp/

フレーズフレーズミー (無料/有料)
https://phrase-phrase.me/ja/

アイディー (有料)
https://idiy.biz/

フルーツフルイングリッシュ (有料)
https://www.fruitfulenglish.com/

1-2.スピーキングは実際に話して慣れていく事が大事

ライティングである程度の英語の文法知識とアウトプット能力を付けたら、スピーキングの練習をしましょう。

スピーキングは、英会話教室に通ってもいいですし、オンライン英会話でもスピーキングの練習をする事ができます。駅前などにある英会話教室は、アメリカやイギリス出身のネイティブの講師と実際に会って話ができるため、正しい英語を学ぶ上で便利です。また、実際にビジネス経験のある講師と話をすれば、ビジネスに必要な言い回しや表現をじかに学ぶ事ができ、ビジネス英語を身につけたい方に最適です。しかし、講師の質が高いぶん、料金が高いという欠点もあります。

その一方で、オンライン英会話は、フィリピンやヨーロッパ、アフリカなどの講師とパソコンを使って英会話を行うため、料金が安いという利点があります。しかし、ビジネス経験のない講師がいたり、ビジネスを扱う教材が限られていたりするなど、値段の安さゆえに行き届かない部分もあり、英会話教室とオンライン英会話では、どちらも一長一短があるようになっています。

駅前の英会話教室とオンライン英会話で、自分の好きな方法で英会話を行い、スピーキング能力の向上を目指しましょう。

1-3.リスニングは自分のレベルに合った教材を使用する

リスニングの勉強では、NHKラジオのビジネス英語を聴いたり、NHKのニュースを英語で聞いたりする事で、聞き取る力を向上させる事ができます。しかし、リスニングがあまりにも簡単過ぎるとリスニング力の向上に効果がないですし、難し過ぎると何を言っているのか分からず、効果もありません。

実際に、リスニング力を向上させるには、自分の英語力より少し難しいレベルの英語を聞く勉強をすると一番効果があるという事が実証されており、まずは自分のレベルに合った教材を見つける事が大切です。

また、インターネット上には、英語で話されている動画がたくさんアップロードされていますので、それらを用いてリスニングの練習をする事もおすすめです。

例えば、TEDなどは、各分野の第一人者がプレゼン形式でスピーチを行っており、これなどは見ていて面白い物も多く、おすすめできるサイトです。

TEDの内容が難しいという方は、NHK WORLD JAPANが英語でニュースや番組を提供していますので、そちらを視聴するとリスニング力の向上に役立ちます。リスニング能力は、聞いた英語の量が増えるほど向上しやすくなりますので、自分に合っていると思う動画やニュースを見て、リスニングの勉強を行いましょう。

また、NHKのラジオ英会話もおすすめです。放送日時にラジオで聞いても良いですし、インターネットでストリーミング再生で聞く事もできます。ストリーミング再生では、分からない所に戻って聞きなおす事ができるので、じっくり聞きこみたい方におすすめです。

以下に、ビジネス英語のリスニングの勉強に最適なサイトを紹介しておきますので、リスニングの勉強をする際の参考にしてみてください。

TED
https://www.ted.com/#/

NHK WORLD JAPAN
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/programs/

実践ビジネス英語 NHKゴガク
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/learn/streaming/?spid=00000904&tcd=F0

入門ビジネス英語 NHKゴガク
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/learn/streaming/?spid=00000905&tcd=H1

各サービスの難易度

サービス名 初級 中級 上級 備考
TED
NHK WORLD JAPAN
NHK実践ビジネス英語 TOEIC 945~、英検1級~
NHK入門ビジネス英語 TOECI 550~785、英検2級~

ビジネス英語というと、実際にネイティブと流暢に英語を話す必要があるため、基本的に難しいレベルのサービスが多くなっています。英語の基礎に自信がないという方は、ビジネス英語に入る前に、NHKラジオの入門ビジネス英語や、日常英会話など、基本的な部分から学習していくようにしましょう。

この他にも、スピードラーニングという、聞き流すだけで効果のある学習教材もあります。これは、英語学習が続かない、途中で挫折してしまうという方にもおすすめできるリスニング教材です。聞き流すだけというと、本当に効果があるのか疑問に思う方もいるかもしれません。実際に、英語の専門家でも聞き流しをすすめている人とすすめていない人がいます。しかし、スピードラーニングは、東大医学部卒業の医師がすすめていたり、実際の使用者の能力向上率90%以上という高い効果が実証されている、効果のある教材となっています。

ビジネス英語にも対応していますので、興味のある方は、下記ページから教材を確認してみてください。

https://www.espritline.jp/sl/business/

自分にぴったりな英語教材・勉強法を見つける

目的別
TOEIC
英検
英会話
ビジネス英語
旅行英会話
レベル別
英語初心者の方
TOEIC300点の方
TOEIC400点の方
TOEIC500点の方
TOEIC600点の方
技能別
リスニング
リーディング
スピーキング
発音
ライティング
語彙力
文法