英語の発音は日本人にはなじみのないものも多く、なんだかとっつきにくいですよね。
ただ、人前で英語を口にする際、あまりにもカタカナ読みだとちょっと恥ずかしい・・・。

このページでは、英語の発音記号についてまとめています。
日本人が苦手とする発音や上手に発音をするコツをはじめ、おススメの参考書や正しい音声を聴く方法についても紹介しています。

英語の発音記号に苦手意識を持っており、克服したいと考えている方は是非参考にしてみてくださいね!

目次

1.発音の種類

英語 発音記号
英語 発音記号

1-1.母音

母音とは、日本語のアイウエオに該当する言葉です。日本語の母音は5種類ですが、英語では母音の数が多く、複数の音で構成されている物なども含めて20種類以上が存在しています。

また、英語の母音は、グループ化する事ができ、単母音、重母音に分ける事ができます。

1-2.単母音

まず、単母音とは、他の母音とつながっていないひとつの音のみで構成された母音です。単母音は、短い音の短母音と長い音の長母音に分けられます。短く「ア」と発音するのが短母音、長く「アー」と発音するのが長母音です。

1-3.重母音

それに対して、複数の音でつながっている母音が重母音です。「エイ」や「オゥ」といったように、複数の母音で構成されていて、複合母音とも言います。

重母音の中でも、2つの音で構成される重母音を二重母音と言います。また、重母音の中には、母音が3つ連なっている物もあります。例えば、wireなどの言葉は、「ァイア」という母音で発音される言葉であり、これは三重母音と呼ばれます。

1-4.子音

その一方で、子音は、母音ではない音を指し、アイウエオ以外の言葉を表します。英語には、20種類以上の子音があり、日本語にはない発音も含まれるので、しっかりと学んでいく必要があります。

母音と同様に子音にも色々な種類があり、普通の声のように音が含まれる有声音と、息が吐き出された時のような音のない無声音に分けられます。無声音といっても、実際は、口から息が吐き出される時に空気が通り抜ける音がしますので、完全に無音ではないのですが、このように、普通の音のように声帯を振動させず、空気の通り抜ける音だけで発音するのが、無声音の特徴です。日本語の発音や英語の母音には、基本的に全ての発音に実際の音があります。しかし、英語の子音には、無声音もあるという事を覚えておきましょう。

2.発音についておさえておきたいポイント

2-1.正しい発音ができないとどうなるか?

まず、正しい発音ができないと、英語を話すときに片言の英語になってしまいます。ビジネスの場でも、日常の会話でも、片言の英語だと、相手とスムーズにやりとりする事ができません。話している最中に、ネイティブの方に「聞き取れなかったから、もう一度言ってください」と言われると、同じ事を繰り返さなければならず、そのたびに会話が中断してしまい、スムーズな意思疎通が出来なくなってしまいます。

そのため、スピーキングが出来るようになったら、正しい発音も学ぶようにしないと、ネイティブとのやりとりが円滑に進みにくくなります。

ある程度の英語力が身についてきたら、発音もしっかりと学ぶようにしましょう。

2-2.発音記号ごとに発声方法を習得する

発音の仕方は、発音記号で表されますので、発音記号をしっかりと覚えておく事が、正しい英語を話す上でのポイントです。英語の発音の中には、日本語とは異なる発声方法の言葉が多くありますので、実際に発音してどのような音なのか、体験する事が大切です。この時、声に出して発音練習をすれば、正しい発音を習得しやすくなります。

発音記号ごとの発声方法は、この記事の3.に記載してありますので、発音の仕方を覚えて繰り返し練習するようにしましょう。

2-3.単語がつながるリンキング

また、英文の中で、前の単語と次の単語をつなげて発音する際に、発声の音が変わる事があります。これはリンキングと呼ばれていて、単語単体の時と発音が異なるので、初心者の方には難しいかもしれません。英語の発音を学ぶ中で、多くの英文に触れて、リンキングを覚えていくようにしましょう。

例えば、I need itという英文は、普通に発音すれば「アイ ニード イット」です。しかし、これが実際に発音される際にリンキングされると、「アイ ニーディット」のようにつなげて発音されます。このような現象がリンキングの特徴であり、字義通りに発音をしないので、聞き分けで苦労するポイントです。普段から多くの英語を聞き、リンキングを聞きこなせるように、また、話す際はリンキングを意識して発話出来るように、練習しましょう。

2-4.音が無くなる脱落

単語の時はきちんと発音される音が、会話の中では消えてしまう現象を音の脱落と言います。例えば、cold weatherは普通に読む時は「コールドウェザー」ですが、音が脱落すると「コールウェザー」のように聞こえます。これを知らないと英語のリスニングの時も、何を言っているのか分からなくなってしまいますので、多くの英文を聞き、音が脱落するパターンに慣れていきましょう。

2-5.発音ができると、リスニング能力も向上する

英語の読みは出来るけれど、リスニングが苦手、という方は大勢います。そもそも、英語のリスニングは、正しい単語の発音と、上記で紹介したリンキングを把握していないと、きちんと聞き取れないものが多くあります。そのため、発音の練習は、正しいスピーキングを行うためだけでなく、リスニング能力の向上のためにも有効な方法です。

2-6.自分の発音は、ボイスレコーダーに録音して聞いてみる。

自分ではうまく発音しているつもりでも、その声を録音して聞いてみると、自分のイメージと違っていた、という事はよくあります。ネイティブの方に発音指導してもらえればそれが一番ですが、自分でやるしかない場合は、録音した自分の声と、ネイティブの音声を比べてみましょう。インターネット上には、ネイティブの発音した単語の音声がたくさんありますので、それらを比較してみると、自分の英語を客観的に判断しやすくなります。

こちらに正しい発音が掲載されている動画がありますので、動画上の単語を読んでみて、自分の発音と正しい発音が似ているかどうか、確認してみましょう。

2-7.大きな声で発音する

英語は、お腹から声を出すイメージで発声する事がポイントです。発音に自信がないと、どうしても声が小さくなってしまいがちですが、英語ははっきりと話した方が相手に好まれますので、普段から発音に気をつけ、なるべく大きな声で発声するようにしましょう。

2-8.洋楽を歌いながら発音する

発音を確認するために、洋楽を歌いながら勉強を行うという方法もあります。初めは、ゆっくりとした曲を、歌詞を見ながら歌ってみましょう。すると、必ず上手く発音できない部分があるはずです。上手く発音できない部分があったら、その発音を調べて正しく発音して歌えるようにしましょう。すると、外人のような良い発音で歌えるので、楽しく発音の学習をする事ができます。このように、繰り返し洋楽を歌う事で、ネイティブに近い発音を身につけていく事ができます。

また、英語で歌うと、頭を英語脳に切り替える事ができるので、スピーキング能力とリスニング能力の向上にもつながります。歌いながら発音の勉強をする際は、自分の好きな洋楽から始めると、楽しく勉強をしていく事ができるのではないでしょうか。

ただし、英語の歌詞が難し過ぎたり、発音しにくい曲の場合、学ぶ意欲が無くなってしまいますので、日本語の訳付きの物や、歌詞の英語自体が簡単な物を選ぶ事をおすすめします。自分の持っているCDでもいいですし、ダウンロード購入した音楽でも練習できます。以下に、初心者にも歌いやすく、英語の意味が比較的平易な曲を選んでみましたので、よければこれらの曲を購入して、歌詞カードを見て実際に歌ってみてください。

曲名 歌手
ラストクリスマス ワム!
恋人たちのクリスマス マライヤ・キャリー
I don’t wanna miss a thing エアロスミス
you are beautiful ジェームス・ブラント

2-9.発音記号に使われる記号の意味

発音をする際は、発音記号の意味を知っておくと便利です。ここでは、おさえておきたい基本的な発音記号を簡単にご紹介します。

発音記号についている:のマークは、音を伸ばす事を示しています。「ː」のように、小さな三角形が合わさって表現される事もあり、これは長(ちょう)とよばれる音声記号です。「:」と「ː」は、厳密には違う意味を表しているのですが、基本的には両方とも音を伸ばす事を表す記号であり、同じように使われる事もあります。「a」なら「ア」、「a:」なら「アー」と発音します。

発音する単語は、スラッシュでくくられて、/ súːpɚmὰɚkɪt /のように表記されます。これは、ここに描かれている単語が発音記号である事を示しており、普通の英単語と区別するために用いられています。発音を表すスラッシュ//は、括弧の記号である[]で代用される事もありますので、どちらも使えるように覚えておきましょう。

次に、よく使われる発音記号としてアクセントがあります。アクセントには、第1アクセントと第2アクセントがあり、第1アクセントは「´」、第2アクセントは「`」と表記されます。

例えば、supermarketは、/súːpɚmὰɚkɪt/と発音されます。ここでは、2つのアクセントがあり、/sú/の部分が第1アクセント、/mὰ/の部分が第2アクセントとなっています。第1アクセントは強く、第2アクセントはそれより弱く発音されますので、両者の違いをよく覚えておくようにしましょう。

また、アクセントは第一、第二関係なく、「ˈ」の記号で表記される事もあります。例えば、importantは/ɪmˈpɔrtnt/と表記され、「ˈ」は、すぐ後ろの音節にアクセントがある事を示していますので、この場合は/pɔr/の部分にアクセントがある事になります。正しく発音するためには、正確なアクセントを用いる事が大切ですので、この記号も合わせて覚えておきましょう。

また、newのような単語は、/n(j)u:/と発音されます。ここでカッコにくくられているjは省略が可能である事を示しています。/j/は日本語の「ヤ」「イ」「ユ」「イェ」「ヨ」に該当する音ですが、この場合、jの「ユ」の音を省略すると「ヌー」というような発音になります。

この他にも、おさえておきたい発音記号として、「ə」のような特殊文字があります。

これは、発音の中に、小さな「ア」の音を表すəの音が少し入るか、口をəの形にして発音する事を示しています。このような特殊記号には、「ə」「r」「ᶿ」のような記号があります。

例えば、飲み物の容量などで使われる体積の単位literは、/li:tər/と発音され、最後のəの上に「r」がついています。これも、先ほどの「ə」と同じように考えて、最後の曖昧音əの「ア」の音に、舌を上にしてこもらせるようなrの音をわずかに加えます。この場合は「リッター」という発音に、rの音を加えて「リッタァー」と発音する事になります。

このように、通常の発音記号の上に小さく付属する文字を上付き文字と呼びます。これらの上付き文字は、小さな音や口の形を表すときに用いられますので、この記号が出てきたら、意味が分かるようにしておきましょう。

また、少し難しいのですが、発音記号に「₊」という小さなプラスがついている事があります。これは、その記号を、本来より舌を少し前に出して発音する事を示しています。逆に、「₋」のような小さなマイナスは、舌を本来より少し後ろにして発音する事を示しています。

このように、発音記号には様々な種類があります。ここで紹介した記号は、発音記号に付随する記号の中でも、よく使われるものですので、その意味を理解できるようにしておきましょう。数自体はそれほど多くはないので、主要な物は暗記しておく事がベストです。

3.発音の仕方

次は、母音と子音の発音の仕方をご紹介します。ここでは、発音の仕方をカタカナで表記していますが、これは実際の音に最も近いだけの発音であり、日本語表記では、どうしても正確な発音と異なる部分が出てきます。なので、カタカタ表記で大体のイメージがつかめたら、ネイティブの方の発音をまねて、正確な発音が出来るように練習しましょう。

その際は、以下の動画で単語の発音を学ぶと効果的です。ネイティブに合わせて、発音の仕方を意識しながら、単語の読み上げを行いましょう。

発音記号ごとの発音の仕方は、以下のようになっています。記号ごとに発音の仕方を学んだら、単語例にある単語で、実際の発音を練習してみましょう。

3-1.短母音

記号 発音の仕方 単語例
æ アとエを同時に発音したような、両者の中間ぐらいの音です。エを小さめにアを大きめに「ェア」と発音します。 apple hat happy angry
ɑ ɒ アとオの中間ぐらいの音です。口を大きく開けて発音します。 odd top stop hot bottom box
ʌ 口を小さく開けて喉の奥で短く「ア」と発音します。 up bus hut cup tub sun
ǝ 口の力を抜いて、短く「ア」と発音します。この音は曖昧音とも呼ばれ、アを濁らせるようにして発音します。 about attack sofa above
ɪ i イの音を少し濁らせたような音です。口を少し横に広げて「イ」と発音します is bit sit ear it happy
ʊ u 口をとがらせて短く控えめに「ウ」と発音します。 book pull full put good
e 口を横に開いてはっきりと「エ」と発音します。日本語のエと似ています。 pen egg tennis bed
ɔ 口を開き、あごを下にさげながら「オ」と発音します。cに似ていて紛らわしい表記ですが、oの左側が開いた形だと認識するとoの派生形だと分かります。 north walk dog thought cost

3-2.長母音

記号 発音の仕方 単語例
ɑ: 口を大きく開けて「アー」と伸ばして発音します。日本語のアと同じような音です。 hard calm last start father
ə: ɜ: 舌は動かさずに「アー」と伸ばして発音します。ǝのように、アを濁らせるようにしつつ、それを伸ばして発音します。 learn stir curb nurse
ɑ:r 「アー」と言いながら、舌を口の上に持っていき、音をこもらせるように発音します。 arm hard dark art
ǝ:r 口を小さくして「アー」と言います。ェの音を含ませるイメージで、アの音をあいまいにして発音します。 bird turn hurt heard
i: 口を横に開き、はっきりと「イー」と発音します。 each eat speak
u: 口をすぼめて前に出しながら「ウゥー」と発音します。 two cool blue do food
ɔ: アとオの中間のような音です。あごを下に下げながら「オー」と発音します。 water dog walk tall law
ɔ:r 口を縦に大きく開けて、「オー」と伸ばします。 more store door born

3-3.重母音

記号 発音の仕方 単語例
ai aɪ 口を大きく開けて「アィ」と発音します。 like high eye try mine
au aʊ 口を大きく開けて「アゥ」と発音します。 out mouth now sound house
ei eɪ 「エィ」と発音します。 day great take say
ɔi ɔɪ 「オィ」と発音します。 boy toy oil
ou 口をすぼめて「オゥ」と発音します。 go know boat open
ɪə iə エとイの中間の音と、口の力を抜いて弱く発音するアがつながった音です。「ィア」と発音します。 hear beer near
エとアをつなげるように「エア」と滑らかに発音します。 pair fair pear square
ʊə 口をすぼめて「ウア」と発音します。 pure cure tour
əu əʊ オとアの中間の音と、ウをつなげるように「オウ」と発音します。 know show sew over
aiə 「ァイア」とゆっくりと発音します。 fire wire
aʊe 「アゥア」と発音します。 hour our

3-4.子音

子音は、母音以外の音です。その数については諸説ありますが、全部で20種類以上あります。ここでは、英語が苦手な日本人が特に間違えやすい子音を厳選し、理解しやすい日本語表記にして、できるだけ分かりやすくご紹介します。

記号 発音の仕方 単語例
j 日本語の「ヤ」「イ」「ユ」「イェ」「ヨ」に該当します。舌を口の上に近づけるようにして発音します。 cute yet useful yellow yes yard
f 日本語の「ファ」「フィ」「フ」「フェ」「フォ」に該当します。前歯と下唇を軽くつけて、空気をはきだして発音します。 fit ferry feel coffee off
ŋ 音を響かせるように「ン」と発音します。「ン」の音に濁音が続く場合が多いです。 wing long thing singer anger
ʒ 日本語の「ジャ」「ジィ」「ジュ」「ジェ」「ジョ」に該当します。濁音部分は小さく発音する事がポイントです。 pleasure casual vision massage leisure
日本語の「ヂャ」「ヂィ」「ヂュ」「ヂェ」「ヂョ」に対応します。破裂音を出すような感じで発音します。 joke just judge japan danger
日本語の「チャ」「チィ」「チュ」「チェ」「チョ」に該当します。歯を閉じて、勢いよく発音する事がポイントです。 change match chair each
θ 日本語の「スァ」「スィ」「スゥ」「スェ」「スォ」に該当します。舌を上と下の歯に軽く挟んだ状態で発音します。その状態で、空気を出すように発音します。 bath think month earth
s /θ/と似た音をしていますが、舌を歯茎につけずに近づけた状態で「サ」「スィ」「ス」「スェ」「ソ」と発音します。 soon sea sign course mister cease
ð 舌を上と下の歯に挟んで吐き出した「ズ」の音が、この記号の正しい発音です。音を大きくする事を意識して発音します。 then that smooth though mother
ʃ 日本語の「シャ」「シィ」「シュ」「シェ」「ショ」と似ています。歯の合間から息を吐きだすように「シ」と発音します。 ship show fish share shrimp
m 口を閉じた状態で、響かせるように「ム」と発音します。 mix may mouse map
n 日本語の「ナ」「ニ」「ヌ」「ネ」「ノ」に該当します。舌を上の歯茎につけて発音します。 nice new neck night none
b 口を閉じて唇をすぼめた状態から、音をはじけさせるように「バ」「ビ」「ブ」「べ」「ボ」と発音します。 build big bee job bridge bush
v 上の前歯で下唇をおさえた状態で、「ヴ」と発音します。 light tall like clime
l 舌を口の上にくっつけて「l」を発音します。 nice new neck night none
r 舌を口の上につけずに、少し上の方向に巻き上げながら「r」を発音します。 rice right rule bring pirate
w 日本語の「ウァ」「ウィ」「ウ」「ウェ」「ウォ」に似ています。唇を前に出すようにして発音します。 when white wet queen one

見た事もない記号が出てきて、一見すると難しいような気がするかもしれません。
しかし、初心者の方でも、この表を5周ほど読んで発音を練習すれば、発音の全体像のイメージをつかむ事ができるはずです。

発音の練習をしたいという初心者の方は、まずこの表を覚えるように、繰り返し勉強しましょう。

4.発音を学ぶのにおすすめの学習書

4-1.CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK

フォニックスとは、英語を母国語とする子供達が学習する、発音の練習ルールです。実際に英語圏の子供達が学ぶ内容になっているので、発音の要点を正しく学ぶ事ができ、ネイティブと同じ学習ができるというメリットがあります。初心者向けの内容なので、発音を一から学ぶ事ができ、口の開け方、舌の動かし方など、きれいな正しい発音を学びたい方におすすめです。

4-2.DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本

26の母音と24の子音について、おさえておきたい情報をしっかりと学ぶ事ができる一冊です。発音の仕方の解説にも力が入れられていて、ボリュームのある映像を収録したDVDと合わせて学習すれば、正しい発音を詳しく学ぶ事ができます。発音初心者の方にも、おすすめできる内容となっています。

4-3.英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語の発音に関連した書籍の中で、大きな評価を得ている人気のある一冊です。英語の発音について学習していく事で、英語を理解できる頭に切り替え、リスニング力の向上を行う事ができます。発音とリスニング力を相関させて考えており、発音力の向上とリスニング力の向上を目指す事ができる優れた学習書です。

4-4.ニューヨーク発 最強英語発音メソッド

予約が取れずに常にキャンセル待ちとなっている発音教室を運営している著者が、その画期的な発音学習方法を本書で初公開しています。日本人が苦手な英語独自の発音を身につけるために、最適なプログラムが組まれており、この本で学べば、流暢な英語の発音を身につける事ができます。英語で発音の学習に行き詰まっている中級者以上の方に、おすすめしたい一冊です。

4-5.英語の発音パーフェクト学習事典

日本人が英語の発音をする上で、弱点になりやすいポイントを分かりやすく説明してくれるので、効率的に発音学習をする事ができます。掲載されている英文は、CDに音声として収録されているので、正しい発音を聞きながら、効率よく学んでいく事ができます。発音の練習問題も多数収録されており、中級者以上の方に最適な一冊です。

各書籍の評価
見た事もない記号が出てきて、一見すると難しいような気がするかもしれません。
しかし、初心者の方でも、この表を5周ほど読んで発音を練習すれば、発音の全体像のイメージをつかむ事ができるはずです。

発音の練習をしたいという初心者の方は、まずこの表を覚えるように、繰り返し勉強しましょう。

4.発音を学ぶのにおすすめの学習書

4-1.CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK

フォニックスとは、英語を母国語とする子供達が学習する、発音の練習ルールです。実際に英語圏の子供達が学ぶ内容になっているので、発音の要点を正しく学ぶ事ができ、ネイティブと同じ学習ができるというメリットがあります。初心者向けの内容なので、発音を一から学ぶ事ができ、口の開け方、舌の動かし方など、きれいな正しい発音を学びたい方におすすめです。

4-2.DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本

26の母音と24の子音について、おさえておきたい情報をしっかりと学ぶ事ができる一冊です。発音の仕方の解説にも力が入れられていて、ボリュームのある映像を収録したDVDと合わせて学習すれば、正しい発音を詳しく学ぶ事ができます。発音初心者の方にも、おすすめできる内容となっています。

4-3.英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語の発音に関連した書籍の中で、大きな評価を得ている人気のある一冊です。英語の発音について学習していく事で、英語を理解できる頭に切り替え、リスニング力の向上を行う事ができます。発音とリスニング力を相関させて考えており、発音力の向上とリスニング力の向上を目指す事ができる優れた学習書です。

4-4.ニューヨーク発 最強英語発音メソッド

予約が取れずに常にキャンセル待ちとなっている発音教室を運営している著者が、その画期的な発音学習方法を本書で初公開しています。日本人が苦手な英語独自の発音を身につけるために、最適なプログラムが組まれており、この本で学べば、流暢な英語の発音を身につける事ができます。英語で発音の学習に行き詰まっている中級者以上の方に、おすすめしたい一冊です。

4-5.英語の発音パーフェクト学習事典

日本人が英語の発音をする上で、弱点になりやすいポイントを分かりやすく説明してくれるので、効率的に発音学習をする事ができます。掲載されている英文は、CDに音声として収録されているので、正しい発音を聞きながら、効率よく学んでいく事ができます。発音の練習問題も多数収録されており、中級者以上の方に最適な一冊です。

各書籍の評価
見た事もない記号が出てきて、一見すると難しいような気がするかもしれません。
しかし、初心者の方でも、この表を5周ほど読んで発音を練習すれば、発音の全体像のイメージをつかむ事ができるはずです。

発音の練習をしたいという初心者の方は、まずこの表を覚えるように、繰り返し勉強しましょう。

4.発音を学ぶのにおすすめの学習書

4-1.CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK

フォニックスとは、英語を母国語とする子供達が学習する、発音の練習ルールです。実際に英語圏の子供達が学ぶ内容になっているので、発音の要点を正しく学ぶ事ができ、ネイティブと同じ学習ができるというメリットがあります。初心者向けの内容なので、発音を一から学ぶ事ができ、口の開け方、舌の動かし方など、きれいな正しい発音を学びたい方におすすめです。

4-2.DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本

26の母音と24の子音について、おさえておきたい情報をしっかりと学ぶ事ができる一冊です。発音の仕方の解説にも力が入れられていて、ボリュームのある映像を収録したDVDと合わせて学習すれば、正しい発音を詳しく学ぶ事ができます。発音初心者の方にも、おすすめできる内容となっています。

4-3.英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語の発音に関連した書籍の中で、大きな評価を得ている人気のある一冊です。英語の発音について学習していく事で、英語を理解できる頭に切り替え、リスニング力の向上を行う事ができます。発音とリスニング力を相関させて考えており、発音力の向上とリスニング力の向上を目指す事ができる優れた学習書です。

4-4.ニューヨーク発 最強英語発音メソッド

予約が取れずに常にキャンセル待ちとなっている発音教室を運営している著者が、その画期的な発音学習方法を本書で初公開しています。日本人が苦手な英語独自の発音を身につけるために、最適なプログラムが組まれており、この本で学べば、流暢な英語の発音を身につける事ができます。英語で発音の学習に行き詰まっている中級者以上の方に、おすすめしたい一冊です。

4-5.英語の発音パーフェクト学習事典

日本人が英語の発音をする上で、弱点になりやすいポイントを分かりやすく説明してくれるので、効率的に発音学習をする事ができます。掲載されている英文は、CDに音声として収録されているので、正しい発音を聞きながら、効率よく学んでいく事ができます。発音の練習問題も多数収録されており、中級者以上の方に最適な一冊です。

各書籍の評価

教材名 Amazonの評価 採点者数 楽天の評価 採点者数
CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK ★★★ 3.9 62 ★★★★ 4.39 36
DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本 ★★★★ 4.2 92 ★★★★ 4.46 74
英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる ★★★★ 4.0 81 ★★★★ 4.29 28
ニューヨーク発 最強英語発音メソッド ★★★★ 4.2 90 ★★★ 3.75 4
英語の発音パーフェクト学習事典 ★★★★ 4.2 24 評価なし 0

(Amazonおよび楽天における各教材の評価 2019年5月24日現在)

発音の学習レベル別におすすめの学習書

教材名 初級 中級 上級
CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK
DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本
英語耳 発音ができるとリスニングができる
ニューヨーク発 最強英語発音メソッド
英語の発音パーフェクト学習事典

英語 発音記号

このグラフは、英語の発音を取り上げている有名ウェブページで紹介されているおすすめの学習書を集計したものです。各サイトで、おすすめとして紹介されていたら1ポイント追加するという形でグラフ化し、多くの人がすすめている本が分かりやすいようにしました。

上記のオンライン書店の評価と合わせて、発音の参考書を選ぶ時の参考にしてみてください。

5.発音練習問題

では、ここで実際に発音の練習をしてみましょう。次の単語は、それぞれどのように発音すればいいのでしょうか。先ほど一覧表で習った発音の仕方を参考にしながら、実際に声に出して練習してみましょう。

1.sit /sít/

2.pleasure /pléʒə/

3.think /θíŋk/

4.map /mˈæp/

5.singer /síŋə/

1.

sit /sít/  スィット 座る (sitの音声挿入)

/s/は、「サ」「スィ」「ス」「スェ」「ソ」と発音します。/i/は、口を横に広げて「イ」と発音するので、/s/と/i/は、ふたつを合わせて「スィ」となります。/t/はそのまま発音すればいいので、「スィット」が正しい発音です。

2.

pleasure /pléʒə/ プレジャー 喜び (pleasureの音声挿入)

/p/はそのまま「プ」と発音し、/le/は、舌を上あごにつけて「レ」と発音します。/ʒə/は、「ジャ」「ジィ」「ジュ」「ジェ」「ジョ」の/ʒ/と、曖昧音の/ə/の「ア」が合わさり、「ジャー」と発音します。すべて合わせて「プレジャー」が正しい発音です。

3.

think /θíŋk/ スィンク 考える (thinkの音声挿入)

/θ/は、「スァ」「スィ」「スゥ」「スェ」「スォ」に該当し、舌を歯に挟んだ状態で発音します。/íŋk/は、/i/と/k/はそのまま発音し、/ŋ/も「ン」という音で、ここでは濁音を伴わずに発音されており、合わせて「インク」となります。これらをふまえて、全体では「スィンク」となります。

4.

map /mˈæp/ ムェアップ 地図 (mapの音声挿入)

/m/は、口を閉じた状態で「ム」と発音します。/æ/は、アとエの中間ぐらいの音で「ェア」と発音し、/m/と/æ/の間にアクセントがあるので、この部分を大きく発音します。/p/はそのまま発音すればいいので、全体で「ムェアップ」と発音するイメージになります。カタカナにすると違和感がありますが、実際の音声を聞いて、感覚的に理解できるようにしましょう。

日本語から考えて「マップ」と発音すると、清掃用具のモップの意味になってしまいますので、紛らわしい部分を正しく覚えるように頑張りましょう。

5.

singer /síŋə/ シンガー 歌手 (singerの音声挿入)

/si/の部分は、そのまま「シ」と発音します。ここにアクセントがあるので、強めに発音します。/ŋ/は「ン」と発音し、ここでは後に濁音が続いており、「ング」といったイメージです。最後の/ə/は曖昧音のアで「ア」と発音します。/ŋə/の二つを合わせて「ンガー」といった音になります。これらをふまえて、全体は「シンガー」という発音になります。

ここでは、発音記号に対する発音をカタカナで表記しましたが、英語の発音はカタカナでは表現できない部分があり、そこは、実際にネイティブの発声を聞いて、それをまねていくしかありません。ここのカタカナ表記は、あくまで最初に覚える際の目安と考えて、後は、付属の音声や、以下のような動画で実際のネイティブの音声を聞いて、正しい発音が出来るように練習しましょう。

発音練習のための動画

・母音の発音練習

・子音の発音練習

・英語の発音記号【母音・子音まとめ】

6.まとめ

このように、英語の発音記号には、様々な種類があります。しかし、他の分野に比べると、覚える事はそれほど多くはなく、一度発音を学べば、英語を流暢に話せる、他の能力も向上する、など、様々なメリットがあります。発音の勉強をどうしようか悩んでいる方は、ぜひこの機会に発音について学んでみましょう。

ここに書いてある事を学べば、発音の基礎はしっかりとおさえる事ができます。きれいな発音が出来るように、頑張って練習を行いましょう!

自分にぴったりな英語教材・勉強法を見つける

目的別
TOEIC
英検
英会話
ビジネス英語
旅行英会話
レベル別
英語初心者の方
TOEIC300点の方
TOEIC400点の方
TOEIC500点の方
TOEIC600点の方
技能別
リスニング
リーディング
スピーキング
発音
ライティング
語彙力
文法