TOEIC 900点
TOEIC受験者なら誰もが憧れる「TOEIC900点」。

就職活動や昇進の際にもTOEICの高得点を必要としている企業はたくさんあります。

とはいえ、今の自分のレベルで超えられるのか・・と不安を抱いている方は多いでしょう。

そこで今回は、TOEIC900点の難易度や達成するための効果的な勉強方法をご紹介していきます。
きっとTOEIC900点を超えるコツが分かっていただけるはずです!

TOEICの受験を検討している方は、ぜひこのページを読んで、高得点を目指してみませんか?

TOEIC900点を取得するためのおすすめの教材

はじめにTOEIC900点を取得するにはどんな教材で勉強すればいいの?とお困りの方のために、おすすめの教材を紹介しておきます。
それぞれ特徴があるので、自分に合ったものを選ぶために参考にしてみてください。

スタディサプリイングリッシュ(TOEIC対策コース)

TOEIC対策コースの料金

スタディサプリイングリッシュ

12ヶ月パック 6ヶ月パック 月々払い
クレジットカード・携帯キャリア決済 月あたり2,480円
一括払い29,760円
月あたり2,780円
一括払い16,680円
月々2,980円
AppStore決済 月々3,426円

スタディサプリイングリッシュはリクルートから提供されているリスニングとスピーキングにこだわった英語教材です。
スタディサプリイングリッシュの一番の特徴はアプリを中心として学習を進めることができる点で、従来の参考書を使った学習のような堅苦しさを感じることがありません。

スマートフォンやタブレット端末で気軽に勉強することができる点も大きな魅力です。
そして、スタディサプリイングリッシュが提供するコースの中にTOEIC対策コースというものがあります。

TOEIC対策コースでは、単語、リスニング、文法まで網羅しているので、これ1つでTOEIC対策を全体的に行うことができます。
また、オリジナル問題も掲載しているので、本番を意識して練習することができます。

さらに、短時間で英語を学べるよう講師による5分間レッスンなども提供されており、ちょっとした隙間時間を有効活用することができるのも、TOEIC対策コースのメリットの1つです。

しかし、TOEIC対策コースを終えたとしても、TOEIC700~800程度の実力しか付きません。
そのため、900点を目指しているのであれば、最低限の基礎固めとして活用するのがいいでしょう。

スタディサプリイングリッシュ(TOEIC対策パーソナルコーチプラン)

スタディサプリイングリッシュ

TOEIC対策パーソナルコーチプランの料金

3ヶ月プログラム 6ヶ月プログラム
月あたり5,667円
一括払い68,000円
月あたり8,167円
一括払い98,000円

TOEIC対策パーソナルコーチプランとは、その名の通りそれぞれに担当コーチがつき英語学習のサポートをしてくれるコースのこと。

TOEIC対策コースよりも内容が濃くなっており、個人のレベルに合わせたレッスンを受けることができます。
そのため900点を目指しているのであればこちらのコースの方が向いているでしょう。

TOEIC対策パーソナルコーチプランには、テキストセット8冊、音声通話による定期的なカウンセリング、コーチによる毎日の学習管理およびアドバイスチャット、定期的な実力チェックなど合計7つのサービスがついており、日々の学習をサポートしてくれます。

担当コーチが個人に合わせたアドバイスをしてくれるので、900点を獲得するコツなどを教えてもらうのもいいでしょう。

TOEIC対策パーソナルコーチプランでは、短期間でTOEICスコアを200点以上上げた人も多数います。
700点台から900点にスコアアップしたいという人から、あと少しなのに900点に及ばない、という人まで個人に合わせたレッスンをしてくれるので、自分の力だけでは900点を取得することができない、という人は活用してみるのもいいでしょう。

レアジョブ

レアジョブ

レアジョブの料金

コース 月額(税込)
日常英会話コース
(月8回)
4,536円
日常英会話コース
(毎日25分)
6,264円
日常英会話コース
(毎日50分)
10,476円
日常英会話コース
(毎日100分)
17,280円
ビジネス英会話コース
(毎日25分)
10,584円
中学・高校生コース
(毎日25分)
10,584円

数あるオンライン英会話の中でも知名度が高いレアジョブ。
最安のものだと1レッスン150円程度で受講することができことから、継続しやすいと学生からも人気を集めています。
レアジョブの講師を務めるのは一流大学を卒業しているフィリピン人で、実際にTOEIC受験者も多いため、経験を元にしたアドバイスをもらうことができます。

また、レアジョブではTOEIC対策向けの教材も用意しています。
ただし、この教材は初級と中級のみで、900点を目指す人にとっては少し簡単すぎる内容となります。

そのため、レアジョブでTOEIC対策をする場合は、教材を基にするのではなく、よりレベルの高い講師を選んでレッスンを受講することが肝心です。

アルクのTOEICテスト通信講座 900点コース

アルク

アルクのTOEICテスト通信講座の料金

講座名 金額(税込)
TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST
完全攻略900点コース
62,640円~
TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST
完全攻略800点コース 
54,000円~

単語帳で有名なアルクからは、通信講座も提供されています。
その中でもTOEICテスト対策シリーズというものは、目標スコアごとにコースが設定されており、超入門から、もちろん900点を目指している人向けのコースまであります。

1日の学習時間は15分から最大60分までとなっており、無理なく続けられる点もアルクの通信講座の特徴ですまた、通信講座を受講している場合は、学習コーチによるサポートサービスを受けることができます。

解説を読んでも理解できない難しい内容などは積極的にコーチに相談し、確実に疑問を解決しつつ学習を進めていくようにしましょう。

TOEIC900点のレベルとは?

TOEICとは一言で言うと、英語上級者レベルです。
リスニング、リーディング、文法、語彙などまんべんなく高いレベルを保持しているのがTOEIC900点レベルをとなります。
英検でいうと1級レベル、また帰国子女もたいていこのレベルだということができます。

900点レベルであれば、ネイティブの言っている内容も十分理解することができ、問題なくコミュニケーションをとることができます。

さらに、会話だけではなく、英語での文献調査やプレゼンテーションなど、幅広い場で英語を活用することが可能になります。
そのため、日常生活のみならず、仕事などでも問題なく英語が使えるレベルだということが言えるでしょう。

TOEICで900点を取るための勉強法

TOEIC 900点

苦手パートをなくす

TOEICで900点をするためには、全体的にスコアを取得しなければいけないので、苦手なパートをなくすことが肝心です。
模試や実際にTOEICを受験し、どのパートでスコアをとることができていないのか、ということを明らかにしましょう。

TOEICでは極端に難しい問題というのはあまり出題されません。
そのため、得意なパートですでに満点に近いスコアを取得することができているのであれば、そのパートの勉強に力を入れる必要はありません。
現時点での力を維持できる程度に勉強を継続しましょう。

そして、得意なパートに割く時間を苦手なパートに充てることが最も肝心です。
繰り返し問題集を解いたり、基礎を学びなおしたりなど、なぜ苦手なのかを考えつつ勉強を進めましょう。
苦手なパートであっても9割は正解する必要があるので、そのレベルに達するまでひたすら勉強をしましょう。

長い文章も細かいところまで聞ける練習をする

TOEICで900点を取るにはリスニング対策も欠かすことができません。
そのため、少しの時間であって毎日英語を聞くようにしましょう。

900点を目指すのであれば、長い文章が読まれた場合でも確実に意味をできるようにする必要があります。
そのため、普段聞く英語も短いものではなく、なるべく長いものを選ぶようにしましょう。

長文読解の問題集には、CDがついているものもあります。
そういったCDであれば、3~4分の長めの音声でリスニングの練習をすることができます。

また、英語を聞く際には聞き流すのではなく、しっかりと細かい箇所まで聞き取り、何を言っているのが確実に理解できるようにしましょう。

TOEICで900点を取るために英語を聞くということは、英語に耳を慣らすためではありません。
基本的な英語は聞き取れることが前提ですので、それが長い文章になった時にも細かく内容を理解できるようにすることが肝心です。

ただ聞き取るだけではなく、何が言いたいのか、というところまで集中して聞き取ることがポイントです。

また、but、however、whileなどの接続詞が出てきた場合には、その後に回答に関わる重要な内容が読まれることが良くあります。

そのため、ただ聞くだけではなく、特にどういう単語に注目するべきなのか、というところまで意識するといいでしょう。

いかに速く読めるかが高得点のカギ

TOEICはスピードが非常に重要な試験です。受験者の中には時間が足りずに最後まで回答することができない人も多くいます。
しかし、TOEIC900点を取得したいのであれば、時間内に回答し終えるだけではなく、見直しの時間も確保できることが理想です。

そのためには、一番時間がかかりやすいリーディングパートの回答時間を短縮させるのが一番簡単です。
リーディングパートの長文に時間をかけてゆっくりと読んでいると、それだけで終了時間が一気に近づいてしまいます。

リーディングパートの時間を短縮させるには、音読、シャドーイングを繰り返し、英語がスラスラと読めるようにしなければいけません。
読んだ英語を頭の中で日本語に変換してから理解しているようでは、時間がかかってしまい速読とは言えません。
英語を英語のまま理解できるようになるとはじめて止まらずにスラスラと英語が読めるようになります。

そのため、音読やシャドーイングをする際はなるべく英語のまま理解するようにし、即座に意味が理解できるようにしましょう。

音読やシャドーイングに使う文章はそこまで長い文章でなくても構いません。
ただし、少し難しいと感じるレベルの文章で練習するとより効果的です。

文法・語彙を固める

語彙問題、文法問題はTOEICにおいていわばサービス問題です。ここで得点することができなければ、900点を取得することは難しいと考えましょう。
900点を取得するにあたって重要なことは、より高いレベルの語彙、文法を身に付けることではなく、もれなく語彙と文法を固めるということです。

古い参考書や問題集を見直してみると、意外と忘れていたり、勘違いしていたりするものが見つかることがあります。
そういった個所が失点につながり、それが積み重なってしまうと900点の壁は超えることができません。

そのため、900点を取得するために必要なことはすでにある知識をブラッシュアップするということです。
一度初心に帰って、漏れがないかを再度確認をしておきましょう。

また、語彙に関しては990点を目指す人向けの単語帳などを使い、高レベルな語彙まで身に付けておきましょう。
わからない単語があった際に意味を考えていたりするとタイムロスになってしまいます。そのため、単語はできる限り多く覚えるようにし、問題の解答自体に時間を割くようにしましょう。

自分に合った戦略を立てる

900点を取得するためには、どのように試験に取り組むか対策を練っておくことも大切です。

一番得意な個所を先に解いて苦手な個所は最後に回す、パッと見てすぐに回答できなと思った問題は飛ばす、などよりプレッシャーが少なく時間に余裕をもって取り組めるよう、あらかじめ自分の中でルールを決めておきましょう。

また、それぞれのパートに費やす時間を自分で設定しておいてタイムマネジメントをしておくことも効果的です。
前から順に解いていく、実際に問題を見てから解く順番を決めるなどしていると、結果的に効率が悪くなります。

そのため、自分の得意な箇所や時間が掛かってしまうパートなどをはっきりさせ、自分にあった戦略を練ってTOEIC本番に臨むようにしましょう。

TOEIC900点を取得するためのおすすめの参考書

総合英語Forest 7th Edition

中学、高校で学ぶ文法などをまとめた参考書です。
TOEIC900点を狙うのであればもれなく学習することが重要であることはすでに記述してありますが、まさにその対策として使える参考書です。

基本的な内容はもちろんのこと、注意点や豆知識的なことまで記載されているので、隅々まで内容を確認し、すべて頭に入ってるかを確かめましょう。
総合英語Forest 7th Editionの内容が完璧であれば、文法に関しては自信を持っていいでしょう。

CD付 新TOEICテスト900点突破20日間特訓プログラム

20日間でTOEIC900点獲得に必要な情報を吸収できるようにまとめた良書。
英語の論理構造を理解する、ネイティブスピーカーのリズムやイントネーションをまねて音読するなど、英語上級者向けの勉強方法が紹介されており、これまでの勉強法で900点を超えることができない、という人の突破口となりえる参考書です。

速読力が付いた、リスニングの内容が理解できるようになった、というレビューがあり、900点取得に向け必要な力を身に付けることができます。
20日間で学習し終えることができるので、本番まで時間がないという人にもおすすめすることができます。

改訂版キクタンTOEIC TEST SCORE 990

900点を目指しているのであれば、単語帳はこれで決まりです。
改訂版キクタンTOEIC TEST SCORE 990では、必修単語から専門的で難易度の高い単語まで網羅しており、900点を取得するために必要な語彙力を身に付けることができます。
日常では全く聞かない単語も収録されているので大変ですが、極力掲載されている単語はすべて暗記するようにしましょう。

さらに、音声は米英加豪の4カ国発音で収録されているので、リスニング対策も同時に行うことができます。

TOEIC L&Rテスト990点攻略: 新形式問題対応

TOEIC L&Rテスト990点攻略: 新形式問題対応では、英語上級者でも意外と見落としがちな問題や、他の参考書では詳しく解説されていない重要箇所などをピックアップしてまとめています。
さらに、リスニングのポイントや時間配分など、戦略的な部分も紹介してくれおり、まさに900点を取得するための対策をすることができます。

また本書には、本番より少しレベルを高めに設定した模試も1回分掲載されています。
この内容までしっかりと理解すれば900点だけではなく、950点も狙うことが可能になるので、ぜひ一度目を通してみましょう。

TOEIC公式問題集

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編
Educational Testing Service
国際ビジネスコミュニケーション協会

TOEIC公式問題集は、900点を目指す英語上級者であっても公式問題集は一度解いておきましょう。

TOEIC公式問題集を解くことで、どこで時間がかかりやすいのか、どこで一番得点することができるのか、など自分の特徴がわかります。これを元に本番に向けて戦略を練るようにしましょう。

また、TOEICは試験慣れすることも大切です。
何度も本番同様の問題を解くことで、TOEICの傾向や回答のポイントなどを身に付けておきましょう。

TOEIC900点をとった際のメリット

英語力の自信につながる

TOEICの日本人の平均点はおよそ500から600点。
そして、TOEIC受験者の中で900点以上取得することができるのは全体のわずか3%のみです。

留学経験がある人や大学の英語系の学部に通っている人であってもTOEIC900点に達することは難しく、そう簡単に取得することができるスコアではありません。
そのため、900点というのはかなりレベルの高いスコアだということができます。

だからこそ、900点も取得すると自分の英語力に自信を持てるようになったという声もあります。
そして、普段は謙遜しがちな日本人であっても、自信をもっていい”英語が話せる”と人に言えるようになります。
900点を持っていると周囲に羨ましがられたりする機会も実際増えます。

外国人とコミュニケーションがとれるようになる

900点に到達できるレベルは、リスニングにおいても、高い理解力がある状態といえます。

そのため、TOEICなどの英語試験だけではなく、外国人と実際に話した際にも何を言っているのかわかるようになります。
そのため、日本に観光に来ている外国人と話したり、海外旅行に行った際に現地の人と会話をしたりなど、外国人とのコミュニケーションを楽しむことができるようになります。

留学や就活の役に立つ

まず、TOEIC900点を持っていると留学先の選択肢が広がります。
留学をする際には、英語力の確認のため、TOEICなどの国際的な資格の提出が求められます。

また、大学が指定するスコアを持っていないと、応募すらすることができません。
しかし、TOEIC900点を持っていればほぼ全ての大学に応募することができます。海外の一流大学への留学のチャンスを得ることもできるでしょう。

このようにTOEIC900点を取得していれば、留学の際に非常に有利になることができるといえます。

次に、TOEICは就活の際にも役に立ちます。例えば、以下のように応募をする際にTOEICスコアを求めている企業があります。

  • ジョンソン・エンド・ジョンソン TOEIC900点以上
  • 楽天 TOEIC800点以上
  • JTB TOEIC700点以上(グローバルエントリー枠/750点)
  • レオパレス21  TOEIC750点以上
  • 小野薬品工業 PV:TOEIC 730点、法務:TOEIC 750点
  • ベイン・アンド・カンパニー TOEIC 730点
  • 伊藤忠アビエーション TOEIC 700点
  • ヒューマングループ TOEIC 700点

見てわかる通り900点のスコアがあれば、どの企業にでも応募することができます。
また、企業が応募条件にTOEICスコアを加えていなかったとしても、履歴書にTOEIC900点と書いてあると、面接官の気を引きます。

また、TOEIC900点を持っている学生は少ないので、周囲との差別化になりますし、自分の方が英語力が高いと自信を持つことができます。

実際TOEICスコアが理由で採用された、というのは良くある話です。
国際化が進む中、どの企業も英語が話せる人材を求めています。
そのため、TOEIC900点は就職の際の強い武器となります。

また、日本企業ではなく外資系企業でバリバリと働きたい、という人にとってもTOEICスコアは就活の際に大きく役に立ちます。

その他、TOEIC900点を持っていると転職活動もスムーズいった、という声も良く聞かれます。

仕事の役に立つ

英語を話せることができれば、仕事の幅も広がります。
海外とメールのやりとりや海外取引先のアテンド、翻訳、英語でのプレゼンなど、より多くの仕事を任せられる、というのは日常茶飯事です。

また、英語を話すことができると、海外出張の機会も若いうちから多く得ることができます。もしくは、入社して間も無く海外駐在をするということも稀にあります。
このようにTOEIC900点を持っていると会社や上司からも頼られ、色々な仕事をするチャンスに恵まれます。

そのため、出世コースを進みやすいということもいうことができます。
最初の配属先なども、英語力をもとに決められることもあるので、長期的に見ても英語力があることはキャリアにおいて非常に重要となります。

TOEIC900点をとった際のデメリット

TOEIC 900点

英語がペラペラだというイメージを持たれる

TOEIC900点をもっていると、大抵の人は英語がペラペラというイメージを持ちます。
しかし、TOEIC900保持者の全員がそうとは限りません。

試験のような音声の英語だと聞き取れるけど、自分に向かって話されていることだと理解することができない、リスニングとリーディングは得意だけどスピーキングは全くできない、ということもあります。

特にひたすら問題集と参考書で勉強をして来た人は実際に英語を使うことができないということはよくあります。
そのため、TOEIC900点=英語がペラペラというイメージを持たれることに対し、プレッシャーを感じてしまうこともあります。

英語で仕事がこなせると思われる

TOEICで高得点が取れることと、英語で仕事ができるということは異なります。
英語で仕事をこなすにはビジネス英語を身につけておかなければいけないですし、相手の国の文化やマナーも理解していなければいけません。

こういったスキルはTOEICの勉強では当然身に付けることができず、実際に仕事をしてみるとTOEICの勉強だけでは足りないと感じさせられることが多くあるはずです。

しかし、上司や同僚にはなかなかそういった事情は理解してもらうことができず、TOEIC900点をもっていることによって、どんどん英語の仕事を任せられてしまうこともあるでしょう。

このような状態になると、精神的な負担が大きくなりTOEIC900点をもっていることがデメリットに感じられることもあります。

まとめ

TOEIC900点を取得するメリットや勉強法などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
TOEIC900点を超えることは簡単なことではありませんが、このスコアを持っていると周囲からの見られ方や期待が異なります。

また、仕事を始め、将来的にも有利になることが多いので、時間がある学生のうちに勉強しておくと後々役に立つことが多くあります。
900点の壁は生半可な努力で獲得できるほど簡単ではありませんが、ぜひ今回紹介した勉強法や教材などを参考に、900点、さらには950点とハイスコアを狙いましょう。

自分にぴったりな英語教材・勉強法を見つける

目的別
TOEIC
英検
英会話
ビジネス英語
旅行英会話
レベル別
英語初心者の方
TOEIC300点の方
TOEIC400点の方
TOEIC500点の方
TOEIC600点の方
技能別
リスニング
リーディング
スピーキング
発音
ライティング
語彙力
文法