目次

どんな教材でどんな学習をする?

七田 英語
世界の七田式英語教材7+Englishは、60日間毎日CDを聞きながら日常英会話を身に付けられる英会話教材です。
近年、英会話教材は数多く販売されていますが、7+Englishにはどのような特徴があるのでしょうか。7+Englishの特徴や学習方法、学習の効果などについて紹介します。

教材の内容

七田 英語

画像:https://www.shichida.com/office/detail.aspx?sh=510601

  • 7+English完全記憶CD(約60分×6枚)
  • 7+English利用マニュアル(B5 27ページ)
  • 7+Englishフレーズ集600(B5 124ページ)
  • 7+Englishフレーズ完全解説(B5 60ページ)

7+Englishでは、これらのCDとテキストを使って英会話の学習をします。
CDはおよそ60分のものが6枚、教材はマニュアル、フレーズ集、解説全て合わせて211ページあります。
途中で挫折することなく、しっかりと学習を終えて効果を得られる、ちょうど良い分量と言えるでしょう。

リスニングCDの内容は?

7+EnglishのCDには、アメリカ人のネイティブスピーカーによって厳選された、日常会話で頻繁に使われる60パターンのフレーズが収録されています。
短い英語のフレーズを1.5倍速と3倍速で聞くので、学習にかける時間を短縮できる効果があります。

それだけでなく、速い英語音声に慣れておくことで普通の速度の英語を聞き取りやすくなる、「インターチェンジ効果」も得られます。

最初は速い英語に戸惑いなかなか聞き取れませんが、ほとんどの人がしばらく続けるうちにその速さに慣れていき、英語を聞き取る力を伸ばすことができます。

教材のレベルはどれくらい?

教材で学習する例文は、どれも短いフレーズばかりです。
使っている英単語や文法も中学校で習うものがほとんどなので、英語に不慣れな学習者でも英会話の練習を続けやすい教材です。

中学英語の基本的な知識があれば、学習で困ることはないでしょう。
また、もし中学英語の基礎文法をほとんど覚えていなくても、フレーズを通して文の構成や単語を覚えることができるので、英語初心者でも安心して学習を始められます。

英語の基礎をほとんど覚えていない場合は、中学レベルの単語や文法を別教材で学習しながら7+Englishで英会話練習をすると、さらに学習効果を上げることができるでしょう。

七田式英語教材7+Englishの学習方法

60パターン600フレーズを60日で覚える

7+Englishの英会話学習では、ネイティブの会話で多く使われる60パターン600個のフレーズを、60日間で完全に記憶します。

使用頻度の高い順に1日10個ずつ覚えていくことで、文法を意識せずとも会話表現をスムーズに身に付けていけるのが、この教材の強みと言えるでしょう。

7+Englishでは、以下の60種類のフレーズを学習します。

七田 英語

出典:英語上達の秘訣(http://7plus-english.jp/hiketu/)

この表から分かるように、使っているのは中学校の英語の授業で学んだ表現ばかりです。つまり、ネイティブはそれほど難しい文法を使って会話をしているわけではないということです。

もちろん、会話の中で高校英語レベルの文法が出てくることもありますが、頻度としてはこの表に書かれている60種類に比べると少なくなります。

中学の英語で躓いた人や、これまでに英語教育をあまり受けてこなかった人でも、これだけ多くの会話表現を60日で身に付けられるというのはとても魅力的です。

中学英語をやり直したいけれど文法学習が億劫だというときは、まずこの教材から勉強を始めてみると、英語表現がすぐに覚えられて苦手意識がなくなり、英語学習を続けるモチベーションも高まります。

リピーティングでアウトプット学習

7+Englishは、ただ聞くだけの英会話教材とは異なります。
教材は“Practice”(練習))と“Check”(確認)の2部構成になっており、“Practice”では1.5倍速の英語音声を聞きながら音読します。

その後3倍速の英語音声を聞き、もう一度1.5倍速の音声を聞きます。
“Check”では、日本語を聞いた後、無音の間に“Practice”で覚えたフレーズを自分で発音します。

このように、英語音声を聞いてリピートすることで、英語を聞く練習と話す練習を同時に行うことができます。
また、話すことでアウトプット学習になるので、フレーズを記憶により定着させやすくなります。

7+Englishで身に付く英会話力・得られる効果とは?

高速右脳リスニングでリスニング力が鍛えられる

7+Englishの英会話学習の特徴というのが、「高速右脳リスニング」と呼ばれる、右脳を活性化させるリスニング方法です。

1.5倍速と3倍速の英語音声を聞く高速リスニングにより脳にアルファー波が発生し、右脳を活性化させて英会話の練習ができるというのが、7+Englishの特徴です。

この高速リスニングは、右脳を活性化させて完全記憶をしやすくするものですが、フレーズを完全に記憶することで、フレーズだけでなく発音も記憶できるので、リスニング力も鍛えられます。

頭の中で英作文をせずに話す習慣が身に付く

英会話がなかなか身に付かない大きな原因が、「頭の中で正確な英作文をしてからでないと話せない」ということです。

これは私がアメリカの語学学校にいたときに感じたことなのですが、日本の学校教育での英語はリーディングや文法を中心に学ぶので、実は日本人の文法知識は世界的に見ても高い水準にあります。

しかし、正しい文法や単語の知識が多いあまり、それらの中からどれを使って話すのが最適か迷ってしまい、結果的に言いたいことを簡潔に言葉にできない弱点があります。

7+Englishの英会話練習では、文法を意識せずにフレーズから文法を理解するので、頭の中で正確な英文を作るプロセスを経ることなく、言いたいことをすぐに言葉にする習慣を付けることができます。
学ぶ例文もシンプルな短文なので、簡潔な英文で伝える力も付きます。

フレーズを覚えて会話に活かせる

ネイティブの会話で頻繁に使われるフレーズを完全に記憶するので、覚えたフレーズを会話の場面に合わせて引き出すことができるようになります。
また、単語を使い分けたり足したりすることで表現の幅を広げることができます。

フレーズを丸暗記するだけでは会話に役立たないのではないかと思うかもしれませんが、日本人が日本語を覚えるときも、いろいろな語彙や表現を周りの人の会話や本などを通して覚え、それを自分でも使うことで身に付いていきますよね。

英語でも同じように、まずは覚えてそれを実際に自分で話すことで、会話力が身に付いていきます。
また、場面に応じて、これまでに覚えた語彙や表現に変化を加えることで、会話力はどんどん向上します。

しかし、瞬間的に単語を使い分けたり足したりして自分なりの表現をするためには、語彙や文法の知識を補強する必要があります。
より柔軟な会話表現ができるようになりたいときは、7+Englishだけでなく、他の教材で単語や文法の学習も同時に進めるのがおすすめです。

世界の七田式英語教材7+Englishの料金!購入ルートや最安値で購入できるところは?

おすすめは公式HPから!

7+Englishの購入ルートはいくつかありますが、公式HPから購入するのが最も標準的な方法です。
料金は、19,800円(税込)となっています。
申し込み画面から簡単に注文ができるだけでなく、送料と手数料がかからないのも魅力です。

公式ホームページから購入すると7つの特典も付いてくる!

①追加英会話フレーズ集990
7+Englishで身に付けた英会話力をさらに向上させることができる特典です。
基本のフレーズ600に加えて、さらに990の英会話フレーズをダウンロードすることができます。

②音声矯正セミナービデオ
日本人が英語を話す上で、ネックとなる「発音」について、詳しく解説されたビデオです。
発音が難しい、LやR、THといった音の出し方や単語と単語のつながり(リエゾン)についても、詳しく解説されています。
発音に自信のない人には、特におすすめの教材です。

③最新英単語集1500
直近3ヶ月の英字新聞に掲載されている頻出の英単語を和訳と解説付きで紹介してくれるダウンロード版単語集です。(A4全200ページ)
7+Englishで身に付けた英会話だけでは、単語を使いこなす力は身に付きません。
そこでこの単語集で語彙力を強化することで、会話で使うことができる単語の引き出しを増やすことができます。

④完全記憶マスター600シート
7+Englishでの学習を記録できるチェックシートです。
進み具合や苦手なフレーズがチェックしやすいので、得意な部分とそうでない部分が明確になり、学習を効果的に進めることができます。

⑤60日パーフェクト音声解説
7+Englishで覚えることができるフレーズの解説を、購入者専用サイトから聞くことができます。
また、フレーズの意味や用法だけでなく、丁寧な表現やくだけた表現を学ぶこともできます。

⑥プレミアム英語上達ニュースレター
「英語が上達するためのニュースレター」を週に一度受け取ることができるので、モチベーションの維持に役立ちます。
7+Englishの効果的な利用方法だけでなく、最新の英語学習ニュースや英語力アップテクニックなどを知ることができるので、普段の学習に活かすことでモチベーションアップと英語力の向上に繋がります。

⑦無料英会話レッスン(25分×5回)
フレーズを覚えても、実際に会話をしなければ英会話力を伸ばすことはできません。
しかし、普段の生活の中で英会話の機会をわざわざ設けるのは難しいですし、英会話教室に通うのはお金がかかります。
レッスン時間は1回25分で、無料で5回利用できます。
実際の英会話を通して、自分の今の英語力や上達を実感できるので、学習のモチベーションを高められます。

サポートも付いてくる

①365日メールサポート
サポート回数無制限で、3年間いつでもメールで相談できます。
英語学習の悩みや、7+Englishの学習方法やTOEICについての相談など、いろいろなことをメールで聞くことができるので、英語学習を一人で続けられるか不安な人は、この特典を積極的に活用して学習効率を上げるのがおすすめです。

②安心の無期限保証付き
公式サイトから申し込みをすると、CDやテキストを無くしてしまたり、破損したりした場合に、無期限で新しいものを送ってもらえる保証サービスが付いてきます。
万が一のことがあった時でも、このようなサービスがあると安心ですね。

Amazon・楽天・ヤフオクでも購入可能?

Amazonや楽天でも、7+Englishを購入することができます。
楽天は公式HPから購入するときと値段が同じですがAmazonでは少し安くなる場合がありますが、特典については変更となる可能性もあるため、確認が必要です。

ヤフオクなどのオークションからの購入はおすすめできません。
なぜなら、上で紹介した7つの特典が付いてこないからです。
決して安い買い物ではありませんから、より高い学習効果を得るために、特典も有効活用して英会話学習をしましょう。

七田式英語教材7+Englishは こんな人におすすめ!

七田 英語

中学レベルの英会話から学び直したい人

中学レベルの英語や英会話をもう一度勉強したいけれど、何から始めれば良いのか分からないという人は、この教材から英語学習を始めるのがおすすめです。

7+Englishではネイティブの会話でよく使うフレーズを使った短文で英会話の学習ができるので、初心者も実践的な例文を通して英文法を形で覚えることができ、特典の解説などを活用するとさらにフレーズの理解を深めることができます。

聞くだけの英語学習教材が続かなかった人

音声を聞くだけの英語・英会話学習教材は多く販売されていますが、それらを使っても英会話ができるようにならず、結局途中でやめてしまったという声も多く聞かれます。
聞くタイプの英語学習はリスニング力の強化には一定の効果がありますが、英語を話す力を伸ばす効果はそれほど期待できません。

多読など、スピーキング力の向上に効果が認められている学習方法もありますが、実際に口を動かして抑揚やイントネーションも身に付けないと、スムーズな会話をできるようにはなりません。
7+Englishではリピーティングをできるだけでなく、特典の無料英会話レッスンを活用することで実際に話す練習もできます。
聞くだけの英語教材が続かなかった人は、耳と口を同時に鍛えるタイプの学習教材で効果が得られるかもしれません。

文法や単語を意識しない学習をしたい人

中学英語で会話ができれば英会話として困ることはあまりありませんが、その水準に到達するまで地道に文法や単語を勉強している途中で挫折してしまうと、時間もお金も無駄になってしまいます。
できれば文法や単語をあまり重視しない教材で勉強をしたいと考えている人は、7+Englishで英会話学習をするのがおすすめです。

7+Englishは、フレーズを覚えながら自然と文法を身に付けることを重視しています。
日本語でも、「助動詞」や「連体詞」などといった名称を意識して会話をするのではなく、無意識にそれらを理解して話しています。
英語でも、会話の最中に文法の名称を考える必要はありません。

しかし、文法の学習が全く必要ないというわけではありません。
フレーズを覚えるだけでなく、そのフレーズの構成や単語の意味などを理解することで、実際の会話での応用力を身に付けることができます。
他の基礎文法学習や特典の単語集や解説を活用して学習すると、暗記に頼らない会話力を鍛えることができます。

日常英会話を勉強したい人

7+Englishは、日常英会話力を身に付けることを目的とした教材です。
海外旅行に行ってみたい人や、外国人との何気ない会話を楽しみたい人に、この教材はうってつけです。
ネイティブがよく使う短文のフレーズを600個覚えるので、いろいろな場面に対応できる英会話力を習得できます。

簡単な短文だけで良いのかと不安に思う人もいるかもしれませんが、日本語と同じように、日常会話では長い一文はほとんど使われません。
短く簡潔な文章で、自分の言いたいことを伝えることができれば、問題なく英会話を楽しむことができます。

七田式英語教材7+Englishをおすすめできない人

中級以上の英語レベルを持つ人

中級以上の英会話力を持つ人には、この教材は易しすぎて物足りなく感じるかもしれません。

また、ある程度の英語力があれば同じ意味でも複数の表現をすぐに思い浮かべることができるので、それらを場面や相手に応じて瞬時に使い分ける練習や、さらに語彙を増やす学習をするほうがより英語レベルを上げることができます。
既に日常会話レベルの英語力を備えている人は、ディスカッションやスピーチができるレベルのスピーキング力を身に付けられるような学習をするのがおすすめです。
短文ではなく、接続詞や関係代名詞を適切に使った少し長い一文をスラスラと話せるように練習しましょう。

しかし、語彙力や文法知識があっても会話になると話せないという人は、言いたいことをすぐに英語で言葉にする練習が必要です。
その練習に、7+Englishはとても適しています。

TOEICのスコアアップ、英検準2級以上合格を目指す人

TOEICのスコアをもっと上げたい人や、英検準2級以上を目指す人にも、7+Englishはあまり適していません。
TOEICで出題されるのはビジネスに関する用語や表現なので、この教材でTOEICの問題を解くための知識を得ることは困難です。

また、英検準2級に合格するには高校生レベルの語彙力や文法力が要求されるだけでなく、長文読解力も必要になるので、7+Englishでの学習では不十分です。
ただし、英検3級の問題までなら、7+Englishで覚える文法で解くことができます。

特に、3級の二次試験は英語での面接なので、7+Englishで対策をすると効果があります。
英検3級合格を目指す人は、3級の英検教本や単語帳などでの学習に加えて、7+Englishを活用してみましょう。

文法や単語もしっかり学んで英会話に活かしたい人

細かい文法や多種多様な単語まできっちり学習したい人には、7+Englishは不向きです。
英語を身に付けるプロセスや方法は人それぞれなので、中にはまず文法や単語をしっかり理解したほうが英会話に活かしやすいという人もいます。

そういった人の場合、文法や単語を重視しない学習にかえってストレスを感じて挫折してしまいかねないので、7+Englishの使用はあまりおすすめできません。
その場合は、文の構成や単語の細かい意味の違いを理解した後で、その知識を実際の会話で使いこなすための練習や学習をしましょう。

多種多様なトピックについて会話できる英会話力を付けたい人

私たち日本人の普段の会話を思い浮かべてみましょう。
何気ない会話を楽しむこともあれば、政治や経済、環境問題などについて話すこともありますよね。

英会話でも、そうした様々なトピックを話す機会はありますが、7+Englishだけでそうした会話をスムーズに行えるだけの英語力を身に付けることはできません。
それぞれのトピックで使われる専門用語を知っていなければいけませんし、フレーズも必然的に長くなります。
それらの内容についても問題なく会話できるスキルを身に付けるには、まずは語彙を増やす必要があります。
語彙力を伸ばしながら、会話の中で長い文章を作る練習ができる教材を使いましょう。

ビジネスで通用する英会話を学びたい人

ビジネス英会話を身に付けたいときも、別の教材を使った学習をするのがおすすめです。
7+Englishで学習するフレーズだけでは、ビジネスで使える英会話力を身に付けるには不十分です。
7+Englishで学ぶフレーズに、ビジネスで使える表現がないわけではありません。

例えば、“I look forward to~”のフレーズを使った、“I am looking forward to hearing from you soon.”(すぐのご連絡をお待ちしております。)という表現や、“I’d like to~”を使った“I’d like to take a day off next week.”(来週、一日休暇を取りたいです。)というような表現は、ビジネスの場面でよく使われます。

しかし、会議などでスムーズに話し合いができるだけの英会話力を身に付けるには、7+Englishだけの学習では足りません。
ビジネスシーンでは豊富な語彙や多様な表現が求められるので、語彙や文法の学習も必要になります。

子どもにも効果がある?

中学生レベルの英語表現で会話する力を付けられるので、中学校入学前に7+Englishで英会話学習をしておくと、学校での文法学習で文の構成を理解しやすくなります。
また、7+Englishで英会話力の素地を身に付けておくことで、学校の授業で学ぶ文法や単語をすぐに会話に活かすことができるようになるので、中学入学前の準備や小学校での英語教育の補強を目的にこの教材を使ってみるのもおすすめです。

しかし、基本的に7+Englishは大人向け教材なので、小学生未満の英語教育には、まず幼児~児童向けの英語教材を使う方が良いでしょう。

評判・口コミの紹介!効果はどうだった?

7+Englishを使ったことのある人の中には、満足な効果を得られた人もいれば、あまり効果がなかった人もいて、その評価は様々です。
口コミの中から、良い評判と悪い評判をいくつか紹介します。

良い口コミ・評判

料金的には比較的良心的で良かった。CDの発音が聞きやすかった。(60代・男性)

一つの文型にたくさんの例文があった。
教材付属のCDを聞きながら例文を繰り返して練習できる点がとても良かった。
呟いているうちに文型を覚えてきた。(20代・女性)

日常生活で本当に必要なフレーズだけに限定しているので必要なものだけを効率的に覚えられる。
倍速の音声を聞くと普通に覚えるより記憶に定着する。(30代女性)

十分なボキャブラリーを持つのに喋れない人にとても効果的。
翻訳や英文メールが問題なくできても会話になると言葉がすんなり出てこず苦労していたが、この教材で学習するようになってから、以前に比べるとすんなり話せることが増えてきた。
中学レベルの文法・単語力がない人はそちらを勉強してから取り組むのがおすすめ。(30代・女性)

悪い口コミ・評判

同じフレーズが多く続くので煩わしい。
もっといろいろなフレーズが欲しかった。(60代・男性)

おまけで付いてくる990フレーズはあまり使い道がないように思う。
瞬発的に会話できるようにするための教材なので、発音・ボキャブラリーは別に覚える必要がある。
日常会話ならこれで十分だけれど、ビジネスの会話となると不十分。(30代・女性)

まとめ:基礎の英語・英会話の復習を始めるのに適した教材です!

7+Englishは、日常英会話を勉強したい人や、基礎の英語をもう一度学習し直したいという人だけでなく、文法や語彙は分かるけれど話すのが苦手という人など、幅広いニーズに応えてくれます。
基本英語の学び直しや日常英会話の練習に、7+Englishは最適の教材と言えるでしょう。