オンライン英会話にフィリピン人講師が多い理由

オンライン英会話 フィリピン
オンライン英会話にフィリピン人講師が多い理由は、質のいい講師を安く採用することができるからです。

フィリピンでは英語を公用語として使用しているため、英会話講師として採用するには十分な英語力を持ち合わせています。
そして、フィリピンは英語を話す国の中でも、かなり安い費用で優秀な人材を採用することができます。

というのも、フィリピン国内において英語講師は高い給与水準に分類される職種であるため、フィリピンにおいてエリートとされる大学や大学院の学生や卒業生が集まりやすくなっています。

それでいて、物価の違いなどからネイティブ講師や日本国内で講師を採用するよりもずっと安い費用で優秀な人材を確保することができるのです。

オンライン英会話のフィリピン人講師ってどうなの?

会話は流暢?

フィリピンはアジアの中で少ない英語を公用語としている国であり、学校での授業や仕事のやり取りはすべて英語でされている国です。

そのため、フィリピン国内では日常的に英語が使われており、フィリピン人は流暢に英語を話すことができます。
日本人のように言いたいことがすぐに出てこなかったり、表現が稚拙であったりという心配もいらないでしょう。

また、フィリピン人の英語はネイティブの英語のように音が繋がったり消えたりせずに、1つ1つの単語がしっかりと発音されます。
そのため、日本人にとっては聞き取りやすい英語となっています。

文法は?

フィリピン人は文法に関してもほぼ問題ないといってもいいでしょう。

しかし、Do you have?の質問に対し、 Yes, I have/No I haven’tと回答する誤った表現を使ってしまうなど、ネイティブではないため、稀に文法の間違いも見られるようです。

フィリピン国内で誤っている表現が慣用化してしまっているということもあるので、文法に関してはおかしいと思う点があれば、自分でもダブルチェックをするようにするといいでしょう。

英語を教えるスキルは?

講師によっても違いますが、全体的に見て、フィリピン人の英語を教えるスキルは高いということはできません。

ホスピタリティの高いフィリピン人は一生懸命教えようとする姿勢はありますが、オンライン英会話の講師はほとんどが英語教育のプロではないため、説明方法などはやはり初心者と感じることもあるでしょう。

特に文法や単語の意味などの詳しい説明を聞いても、ネイティブのように的確に回答することは難しいでしょう。

また、フィリピン人講師に英語の勉強方法などを聞いたとしても、英語で映画をみる、英語を使ってたくさん話す、などのアドバイスをもらうことが多く、英語を習い始めの日本人にはレベルの高いものばかりです。

また、英検やTOEICなど試験対策としてオンライン英会話を利用する日本人は多くいますが、フィリピンではそういった資格が日本ほど重要視されていません。
そのため、資格対策としては適切なレッスンを受けることができないでしょう。

こういった状況を踏まえると、フィリピン人講師からレッスンを受ける際は自分で参考書や問題集を使って文法などを勉強し、アウトプットの場としてオンライン英会話を利用するのがいいでしょう。

フィリピン人講師のメリットは?

授業料が安い

フィリピン人講師を採用しているオンライン英会話は、ネイティブ講師を採用しているところに比べて、非常に安いレッスン料を設定しています。
安いところだと1レッスン25分を150円前後で受講できるところもあり、気軽にオンライン英会話を始めたい人には、敷居が低くなっています。

フレンドリーな人が多い

フィリピン人は親しみやすくフレンドリーな人が多い国といわれています。
そして、親切な人が多いため、生徒の英語を一生懸命理解しようとしたり、わかりやすく説明を使用としたりしてくれます。

そのため、ウェブカメラを通じたマンツーマンレッスンであっても、緊張し過ぎずにレッスンに取り組むことができるでしょう。

フィリピン人講師のデメリットは?

発音に訛りがある人がいる

フィリピン人の英語は比較的アクセントが少ないといわれており、きれいな英語となっています。
しかし、人によっては強い訛りがある人もいるため、講師によって当たり外れがあると考えるのがいいでしょう。

一方で、フィリピンはアメリカ企業がコールセンターの仕事を外注する国として、世界一位になったという実績もあります。
このコールセンターではアメリカのアクセントを身に付けるためのレッスンを行っているところも多くあります。

そのため、コールセンターでの勤務経験のある人はフィリピン人講師の中でもネイティブに近いきれいな発音を身に付けています。

講師に当たり外れがある

フィリピン人講師の質はピンキリです。
講師経験の長い質のいい講師も稀にいますが、若いフィリピン人講師を採用しているところでは、ほとんどの講師の質が低く、経験不足のことがよくあります。

オンライン英会話の中には大学生を採用しているところもあり、そういった場合は特に講師の経験不足でレッスンがほぼフリートークになってしまい、テキスト通りに順をおってレッスンを受けたいという人は不満に感じることもあるでしょう。

また、若い講師であるとビジネス経験も少ないため、ビジネス英会話に関する知識を持ち合わせていないこともほとんどです。
もちろん、ビジネス経験、講師経験が共に豊富な講師もいますが、そういった講師は人気であるため、予約を取るのが難しくなっています。

通信環境が悪い場合がある

フィリピンではまだまだ日本のように通信速度が速いインターネット回線を確保するのが難しい状況にあります。
そのため、自宅からレッスンを行うオンライン英会話では、通信環境が安定しなかったり、ノズルが多くまじっていたりなど、レッスンがしにくいこともあります。

また、通信環境を安定させるまでに時間がかかりレッスン時間が短くなってしまう、レッスン中にビデオが途切れてしまった、という事象もよくあります。

さらにフィリピンでは大規模な停電も頻繁に発生するため、そういった場合はレッスン自体を開始することが難しくなります。

こういった実情を考慮すると、フィリピンでは自宅からレッスンを行うには十分な設備が整っていないということができます。

そのため、一部のオンライン英会話ではオフィスを設置し、そこに講師を集めレッスンを提供しているとこともあります。

そういったところでは、安定した通信環境が確保されていますし、停電が発生した場合にも通常通りにレッスンを提供することができます。

講師の入れ替わりが激しい

フィリピン人を中心とした安いオンライン英会話では、安くフィリピン人講師を採用しています。
そのため、アルバイト、パートの講師がほとんどです。

中には長く講師を続けている人もいますが、多くの講師は一時的な仕事としてオンライン英会話をしているため、すぐにやめてしまうという傾向があります。

また、待遇の悪さなどが原因でやめてしまう講師も多く、講師の入れ替わりが激しいオンライン英会話もあります。

そういうところでは、せっかくお気に入りの講師を見つけたとしてもやめてしまうなど、好きな講師のレッスンを継続して受けることができない、というデメリットも発生します。

そのため、安定して同じ講師からレッスンを受けたい、という場合などは、料金が少し高めの設定でも、全員正社員として採用しているオンライン英会話などを選ぶといいでしょう。

フィリピン人以外の講師のほうがいい?

正しい文法や単語の解説を受けたい、やネイティブの発音を学びたい、という人はフィリピン人以外のネイティブ講師から英語を学ぶのがいいでしょう。

ネイティブ講師であれば、一般的に日本人がイメージする“きれいな英語”を身に付けることができますし、単語の選び方や文法の使い方等、ネイティブの細かいニュアンスを身に付けることができます。

また、実際にアメリカに留学をする、駐在をする予定がある、など明確な予定があるという人はフィリピン人ではなく、ネイティブ講師から英語を学ぶのがいいでしょう。

ネイティブ講師からでは英語だけではなく、その国の文化を学ぶことができますし、ビジネス英会話なども実際の経験を踏まえて教えてもらうことができます。
そのため、ただ単に英語を教えてもらう以上に、その国で英語を使って生活するにあたっての重要な背景知識を得ることができます。

また、ネイティブ講師に限らず、世界各国の講師から英語を学ぶことも重要です。
現在世界中に英語話者は17億人といわれていますが、そのうちネイティブはわずか4億人、残りの13億人は非ネイティブとなっています。

そのため、ヒングリッシュ、スパングリッシュ、シングリッシュなどを話す人と交流する機会も多く、むしろネイティブの英語よりもそういった訛りのある英語に慣れることのほうが実際に海外に出た際には重要ともいうことができます。

そのため、フィリピン人、ネイティブにこだわらずに、幅広い国籍の講師からレッスンを受けることも重要です。

フィリピン人講師によるオンライン英会話は?

オンライン英会話 フィリピン

ビズメイツ

ビズメイツはビジネス英会話に特化しているオンライン英会話です。フィリピン人講師はビジネス経験のある人を採用しているので、実際のビジネスシーンで使うことができるビジネス英会話を学ぶことができます。

そのため、海外出張を控えている人や外資系企業を目指している人にとっておすすめのオンライン英会話です。

料金は、毎日50分プランで月額18,000円と、他のオンライン英会話よりも少し高めの設定ですが、レッスンのレベルの高さや講師の質を考慮すると納得の値段設定です
そのため、レッスン受講者の89%が満足している人気のオンライン英会話でもあります。

レアジョブ英会話

レアジョブは法人向けのサービスを多く展開しているビジネス英会話に強いオンライン英会話です。
ビジネス英会話コースは通常の英会話コース(毎日25分プラン 6,264円)よりも高い金額が設定されていますが、毎日レッスンで月額9,800円とフィリピン人講師を採用しているため、金額は安く抑えられています。

また、レアジョブでは中学生コースも用意しているなど、幅広いレッスンを提供しているのが特徴です。
しかし、レッスン中に通話が途切れる、映像なしでの通話のみのレッスンになることがあるなど、フィリピンならではの通信環境の悪さに対応できていないという欠点があります。

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプではフィリピン人講師を含む世界各国の講師を採用しています。そのため、いろいろな国の英語に触れることができるというメリットがあります。
また、ネイティブキャンプではカランメソッドを導入しているため、短期間で英語上達させることも可能です。

さらに、講師のスケジュールがあいていれば予約なしでもレッスンを開始できるほど自由度が高く、社会人でも学習を継続し安い環境が整っています。
月額4,950円でレッスンが受け放題というコストパフォーマンスの良さも人気の理由の秘密です。

講師には比較的若い女性が多いので、ベテラン講師とは言うことができませんが、親しみやすい講師が多いので、リラックスしてレッスンを受けることができます。

キーアイ

キーアイはフィリピン人講師を中心としたオンライン英会話で、子供向けのコースから大人向けまで幅広く用意しています。
そして、大人向けコースの中には、接客の際に使える英語や通訳検定に特化したコースなども用意されており、英語の学習目的にあったレッスンを選択することができます。

そして、キーアイでは独自の英語学習法SMLEを採用しているという特徴もあります。
月額3,980円から始めることもできるので、気軽にオンライン英会話にトライしてみたいという人にもおすすめです。

フィリピン英会話ネット(PEN)

フィリピン英会話ネット(PEN)は、フィリピン人の中でも名門大学の学生・卒業生を集めているので、質の高いレッスンを受けることができます。
そのため、フリートークだけでレッスンが終わってしまうというような心配も少なく、しっかりと英語を教えてもらうことができます。

料金にはチケット性を採用しており、1チケット(500円)単位で購入することができます。
そのため、回数や受講期間に縛られることもなく、好きな時に好きな回数だけレッスンを受講することができます。

hanaso

hanasoでは、独自の反復学習システム、hanasoメソッドを採用しているのが特徴です。
4歳時から対応しているhanaso kidsも展開しており、子供から大人までレッスンを受講することができます。

料金は毎日1レッスン25分月額5,800円のものが基本で、回数を自由に増やすこともできます。
初心者向けの教材も充実しているため、これから英語を学びたいという人にも始めやすいオンライン英会話です。

また、ユーザー満足度は94%と、利用者からの評価が高いのも特徴です。

ECCオンライン英会話

ECCオンライン英会話はSkypeではなく、独自のシステムからレッスンを提供しているのが特徴です。
ホワイトボードや専用テキストの表示機能などがついており、レッスン中の解説もSkypeよりもわかりやすく、復習もしやすいシステムとなっています。

そして、講師は自宅ではなくオフィスから光回線を利用してレッスンを提供するので、安定した通信環境の中でスムーズにレッスンを受けることができます。

月2回のレッスンであれば900円から開始することもできるので、お試し感覚で始めやすいオンライン英会話です。
コースのレベルも5段階に分かれているので、適切なレベルのレッスンを受けることが可能です。

産経オンライン英会話

産経オンラインは職業別英会話やGCAT(ジーキャット)など特殊なカリキュラムを多く用意しており、日常英会話からビジネス英会話まで幅広く対応しています。

料金は1日1回(25分)で月額5,537円と非常に安く、1日2回(月額9,074円)のコースを選択することも可能です。
そして、入学金や教材費も一切かからないので、レッスン料だけで気軽に始めることができます。

1レッスン1教材というペースでレッスンが進められるので、予習復習がしやすいという利用者からの口コミもあります。

テノリエイゴ

テノリエイゴはカランメソッドを採用しているフィリピン人に特化したオンライン英会話です。
そして、採用しているフィリピン人講師の中にはESL(English as a Second Language)の資格を持った人もおり、講師の質に非常にこだわっています。

毎日1レッスンで月額5,900円という安さにも関わらず、教材は2,500以上も用意しているなど、コストパフォーマンスの良さも魅力です。
スマートフォン、タブレット端末からレッスンを受講することができるという特徴もあります。

そして、ホームページ上では講師の口コミや評価を見ることができるので、講師選びに失敗することも防ぐことができます。
ただ、講師によっては訛りが強い、という利用者からの声もあります。

リップルキッズパーク

リップルキッズパークは、フィリピン人講師を採用しているオンライン英会話の中でも、子供だけのサービスに特化しています。
レッスンは9段階に分かれているため、それぞれの子供にあったレッスンを提供することができます。

そして、レッスンの内容は自由度が高く、宿題の添削から英検の対策まで、学校の授業についていけない子供から、応用的な内容を学びたい生徒まで対応しています。

レッスンはおてがる週1プラン月額 2,838円から用意をしており、兄弟であれば追加料金を支払わずに一緒にレッスンを受けることができます。

エイゴル

エイゴルもフィリピン人講師に特化したオンライン英会話ですが、一番の特徴は担任制を導入しているということです。
そのため、レッスンの度に講師を探したり、予約をしたりする必要がないため、そういった作業を手間に感じる人にとっては最適なオンライン英会話です。

また、毎回新しい講師だとなかなか慣れずに緊張してしまう、という人も担任制のエイゴルをおすすめします。
そして、エイゴルでは週1レッスン月額843円からレッスンを受講することができ、LINEやSkypeの文字チャットだけのレッスンも用意されています。

ただし、エイゴルのスタッフはボランティアのため、サービス内容が充実しておらず、講師とのやりとりはすべて自分で行わなければいけないというデメリットもあります。

ベストティーチャー

ベストティーチャーではフィリピン人講師の他にも、アメリカやイギリスなどのネイティブ講師も在籍しています。
そして、講師はビジネス経験がある人を採用しているため、基本的には社会人向けのオンライン英会話となっています。

コースもTOEFL iBTコースや英検1級・準1級コース、GTEC CBTコースなどを用意しているので、資格のために英語を学びたい人には最適です。

また、レッスン以外にもWritingレッスンも提供しており、プレゼンや資料、英文メールを添削してもらうことができます。
これからビジネス英会話を学び始めたい、という人にもおすすめできます。

エイゴックス

エイゴックスでは、フィリピン人講師以外にもネイティブ講師やバイリンガル日本人講師を採用しています。
NHKのテキストやアメリカの人気ドラマを使ったレッスンなど、楽しく英語が学べるレッスンが用意されているのが特徴です。

また、ビジネス英会話を学びたいという人には、実際のビジネスシーンを想定した独自教材「100 power topics for Business」を用意しているため、仕事でつかえる豊富な表現を学ぶことができます。

レッスンは毎月4回コース月額3,900円から始めることができます。
レッスン内容が豊富な点が魅力ですが、在籍している講師の数が少ない、ウェブカメラを使わない講師が多い、などのデメリットもあります。

QQEnglish

QQEnglishは質の高いレッスンにこだわっているため、英語教授法資格保有者や専門の講師を採用しています。
そして、パートやアルバイトなどの講師は一切雇わず講師全員が正社員というスタイルをとっています。

そのため、講師の入れ替わりもなく、気に入った講師を見つければ、安定してその講師のレッスンを受講することができます。
また、カランメソッドを導入しているという特徴もあります。

料金は月4回~8回で月額3,685円から受講することができます。
フィリピン人講師のオンライン英会話の中では高めの料金設定ですが、その分質の高いレッスンを期待することができます

ジオスオンライン

ジオスオンラインでは、専用オフィスからレッスンを提供しているため、安定した通信環境の中でレッスンを受けることができます。
また、QQEnglishと同じくフィリピン人講師は全員正社員となっているため、講師経験の長い信頼できる講師も多く在籍しています。

コースは1日1回毎日プラン 月額7,980円の受け放題コースの他、回数制コース週1回3,000円~から選ぶことが出いるので、それぞれのスケジュールに合わせてレッスンを受講することができます。

また、上達しなければレッスン料金がキャッシュバックされるサービスもあるので、初めてのオンライン英会話で効果に不安がある人も安心して始めることができます。

まとめ

オンライン英会話の中ではフィリピン人講師を採用しているところは多く、ネイティブ講師を専門にしているところに比べると金額も圧倒的に安く提供されています。

フィリピン人というと訛りがある、などネガティブなイメージを抱く人も多くいますが、フィリピン人はきれいな英語を話す人が多く、そこまで心配をする必要はありません。

そして、フレンドリーな人が多いフィリピン人なので、日本人の英語を一生懸命理解しようとしてくれたり、わかりやすく説明してくれたりなど、レッスンを受けやすい雰囲気となっています。

通信環境に関してはまだまだ問題はあるものの、オフィスからレッスンを提供するなど、オンライン英会話によってはしっかりと対応しています。

そのため、手軽に英語を学びたいという人は、フィリピン人講師のレッスンを受けてみるといいでしょう。