【英語マニア直伝】短時間でレベルアップ出来る効率的な学習方法!勉強時間の目安についても解説

英語学習

英語学習の経験があれば誰もが「英語を上達させたい!」と考えますよね。
でも、何からすればいいのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

確実に英語力をアップさせるには、どのように学習すれば良いのか?気になる方も多いのでは。

そこで今回は、効率的な英語学習方法やおすすめの参考書をご紹介していきます。

モチベーションの上げ方は人それぞれですが、英語を上達させるにはまず、自分に合った学習方法を見つけることが大切です。
このページで説明したポイントを押さえ、日々の英語学習に取り組んでいただけたらと思います。

英語学習にはどれくらいの時間が必要?

社会人になってから英語を勉強しようと思っている方は、日々が忙しく中々英語学習だけに時間を割くことができないことがほとんどだと思います。
だからこそできるだけ短い期間で英語を習得したいと考えるでしょうが、日本人が英語を習得するためには一体どれくらいの学習時間が必要になるのでしょうか。

我々日本人は中学生から本格的に科目として英語を勉強し始めるようになりますが、学生のほとんどは大学生になっても英語が話せるようにならない人ばかりです。
学校で6年以上も勉強しているのに中々話せるようにならないということは、英語を使いこなせるようになるためには相当な勉強時間を積まなければいけないということが分かります。

米国国務省の期間FSIの調査によれば、日本人が英語を習得するためには、目安として大体3,000時間もの学習時間が必要とのこと。

中学・高校では約1,000時間英語学習に時間を充てているため、残りの2,000時間を自分で補わなければいけない計算になります。

2,000時間といえばかなり膨大な時間になりますので、独学でこなすのは留学でもしない限り不可能です。
なので、英語学習は一朝一夕なものではなく、毎日の積み重ねがとても重要だということが分かります。

2,000時間というのはあくまで目安であり個人差は確実にありますが、あまり時間は意識せずに自分のペースで勉強ができるようにしましょう。
時間だけ見て焦ってしまっては、学習の質が落ちてしまう可能性がありますので、時間よりも質を重視して自分に合った勉強方法で一歩ずつ前進していきましょう。

英語を勉強する前に気をつけておきたいこと

ただがむしゃらに勉強を始めても、中々身に付かずに途中で投げ出してしまうことになります。
ですので、英語の勉強を始める前に意識的に知っておいてほしいことを紹介していきましょう。

これらを心がけて、効率よく楽しんで英語の勉強に励むことができるよう準備してください。

英語を勉強する目的・目標を決める

第一にはっきりとさせておいてほしいのが、自分がなぜ英語を勉強するのか、何を目標に勉強するのかということです。
勉強する目的や目標がはっきり見えていなければ、途中で勉強を続けるモチベーションが無くなってしまう可能性がありますし、自分の目的・目標に合った勉強ができずに時間を無駄にしてしまうことにもなります。

「洋画を日本語字幕なしで観られるようになりたい」、「好きな海外アーティストのインタビューを聞き取れるようになりたい」、「TOEICで900点取りたい」目的・目標は些細な事でも構いませんし、具体的な目標を掲げて勉強に臨めばモチベーションを保つこともできますし、勉強が辛くなっても自分を鼓舞しながら継続できるという利点もあります。

ですので、まずは自分がなぜ勉強するのか、何を目標に勉強するのかということを明確にしておきましょう。

英語と日本語は全く違う言語だということを知る

日本の学生は、一つの科目として英語を勉強してきたからか、英語を言語としてではなく受験科目としてしか見られない人がたくさんいます。
そのため、いざ英語の文章や音声に触れた時、混乱してしまい理解するのに時間がかかってしまうことになります。

もちろん日本語と英語は全く異なる別の言語で、発音や会話のリズム、アクセントなど全て異なるものですので、それをきちんと理解していない間は、英語を本当に理解することはできません。
二つの言語の違いを認識しておき、英語を勉強するときには頭の中を英語に切り替えることが重要になります。

日本語の認識や会話のリズム、スピードなどを忘れ、英語に触れているのだとしっかり頭で考えるようにしておきましょう。
そうすることで、英語に触れるときに、英語に対する抵抗感を薄めることができ、すんなりと英語を受け入れられるようになります。

英語を好きになるきっかけを作る

人は好きでもないものに興味を持ち続けることは中々できません。
ほとんどの人は、必要に迫られて仕方なく英語を勉強しているかと思います。

中には、英語が苦手で嫌いな人も少なくないでしょう。
ですが、そんな状態で英語を勉強していても、中々身に付くことはありませんし、なにより勉強していても楽しくありません。

ですので、まずはどんな形でも構わないので英語を好きになってください。
海外の綺麗な人と仲良くなりたいからなど、きっかけは何でも構いません。

まずは英語に興味が持てるよう、好きになれるような自分なりの要素を見つけ出してください。
好きになることができれば、楽しんで学習を継続することができますし、結果が出るたびに更にモチベーションを保つことができるでしょう。

自分のレベルを客観視する

現在の自分の英語レベルをしっかり把握しておくことも、効率よく英語学習を進めていく上で必要不可欠な要素です。
自分がどれくらい英語を理解しているのかということをしっかり把握しておかなければ、今自分は何を伸ばしていかなければいけないのか、何が得意なのか、何が不得意なのかということが分からず、無駄な時間を費やしてしまうことになります。

何ができて何ができないかということが分かっていれば、どんな内容・レベルの参考書や教材を使って勉強を進めていけば良いのかという選択が簡単で、効率的に自分に必要な力を伸ばしていくことができますので、英語学習を本格的に始める前や勉強を進めている途中でも構いませんので、自分の実力を過大評価せず、客観的に判断しましょう。

英語を上達させるためのおすすめ勉強方法

それでは、効率的に英語力を伸ばしていくのにおすすめの勉強方法をいくつか紹介していきましょう。

この勉強方法を取り入れれば誰でも英語力を伸ばしていくことができる、というわけではありませんが、自分に合ったものがあればぜひ日々の学習に取り入れてみて、練習を積んでみてください。

シャドーイング

シャドーイングとは、英語音声を聞いてその音声についていくように自分で英語を読み上げていくという練習方法です。
初心者の方には少し難易度が高いかもしれないので、初めのうちは原稿を見ながら音声についていって構いません。

慣れてくれば原稿なしで、音声が流れた瞬間に何も見ずに耳だけでついていく方法にシフトしていきましょう。

シャドーイングをつつけていると、リスニングはもちろん、原稿を見ながらやれば英文を読むスピードも上がりますし、英語を聞いてそれを真似するので英語独特のスピードや発音、リズムに口が慣れてきます。
本物の真似をすることが言語学習の一番の近道だと言われているので、ネイティブの話す英語の真似をすることで、スピーキングの基礎を作っていくことができます。

一度にたくさんの力を鍛えていくことができるこのシャドーイングはとてもおすすめですので、ぜひ一度試してみてください。
シャドーイング専用の教材も売られているので、気になる方は日々の学習に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ディクテーション

ディクテーションというのは、英語の音声を聞き、聞き取った英語を書き取っていくという練習方法です。
全ての英語を聞き取るのはさすがに難しいので、原稿の一部分を空白にし、単語や熟語を埋めていくという練習がおすすめです。

特定の単語・熟語を正確に聞き取るためには、発音やアクセントをしっかり理解しておくことが必要不可欠になってきます。
ですので、ディクテーションの練習を続けていくと単語の発音やアクセントを身に付けていくことができます。

難点なのが教材を用意することが難しいという所で、原稿のついた英語音声を使う必要があるので、ネットなどで原稿付きの音声を探してみてください。

スラッシュリーディング

スラッシュリーディングというのは、英文を読むときに意味毎に文章を区切りながら読んでいく練習方法です。
例えば、

“I do not care about the looks if you are an honest and kind person.”

という文があったとして、そのまま「あなたが正直で優しいのであれば、見た目など気にしません」と訳していくのは、少し時間がかかりますよね。

そうではなく、

“I do not care / about the looks / if you are / an honest and kind person.”

と意味毎にスラッシュを入れ、「私は気にしません。/見た目に関しては/もしあなたが/正直で優しい人ならば」という風に文の前から訳していくというものです。

これをすると、英文を文頭から訳す力がついていき、長文などを読んでいる時に素早く文章全体の意味を掴むことができるようになります。

また、同時通訳などをする際にも、詰まることなく前からどんどん訳していくことができるので、文章を読む速度に加え分全体の大意を素早く掴むことができるようになってきます。

英文は全て前から訳すことができるというわけではないので、文章によっては難しくなってしまいますが、この練習を続けていくと文章の構造を素早く理解できるようになってくるので、読解のスピードを上げたい、文の構造を理解する力を身に付けたいと思っている方には向いている練習方法かと思います。

英語で考える癖をつける

普段生活していると、物事を日本語で考えているかと思います。
この日本語の思考を全て英語にすると、瞬間的に英作文を作る力が身に付きますし、脳を英語に慣れさせることができます。

言語は身近な環境の中で自然に身に付けていくことがとても重要ですので、普段から自分の思考を英語にすることで、とっさの場面で自然に英語のフレーズが出てくるようになってきます。

初めのうちは、

“I’m so hungry.”
“It’s a good day today.”

などとりとめもない簡単な文章でも構いません。
この思考に慣れてくれば、英語に触れるときに感じる抵抗感を少なくすることができますし、よく使うフレーズがすんなりと口から出てくるようになりますので、試してみる価値はあります。

英英辞典を活用する

英語の勉強している時や問題を解いている際、意味の分からない単語が出てきたときにすぐに英和辞書を引くのではなく、まずは文章全体を見てその単語の意味を推測する癖をつけましょう。
それでも意味が分からない場合は、英和辞書ではなく英英辞典を使うことをおすすめします。

英英辞典は英語の意味が全て英語で書かれているもので、単語の意味を理解するのにも英語を読まなければいけません。
ですので、一つ意味の分からない単語があれば、その意味を理解するために英語の分を読んで理解する必要があります。

一見回りくどく時間もかかってしまうかもしれませんが、少しレベルの高い人であれば英語を英語で勉強すると勉強の効率はグンと上がります。
ですので、初心者の方には少し難しいかもしれませんが、少し英語に自信が湧いてきたという方は英英辞典を活用して日々の学習に取り組んでみてはいかがでしょうか。

ネットでできる無料の英語学習

英語学習
現代はネットがかなり発達してきているので、ネットを上手く活用すれば無駄なお金をかけることなく英語の勉強をすることができます。
そこで、無料でできるおすすめの英語学習法をいくつか紹介していきましょう。

Weblio語彙力診断テスト(総合診断)

このWeblio語彙力診断テストでは選択形式の問題が25問出題され、テスト全体は2分半ほどで終了します。

問題は簡単なものから、かなり難易度の高い単語や熟語が出題されるので、全てサクッと解答できるような問題ではありません。
正解すると次に出てくる単語の難易度は上がり、間違えると難易度は下がっていくというシステムになっています。

そうすることで、推定ではありますが今の自分の語彙力を診断してくれます。
会員登録しなくとも診断テストは受けられますが、Weblioのプレミアム会員となることで、診断テストが無制限で受けられるうえに、間違えた単語を単語帳に登録して復習に使うことができますので、気になる方は登録をしてさらに良い学習サービスを満喫してみてはいかがでしょうか。

Weblio語彙力診断テスト(総合診断)

YouTube

バイリンガール英会話

このYouTubeチャンネルはアメリカに長年住んでいたバイリンガル日本人の方が、実際に海外に行ったりすることで、旅行やレストランなどさまざまなシチュエーションで使えるような英会話フレーズを丁寧に教えてくれます。
編集も上手で英語学習だけでなく映像として観ても楽しいものですので、楽しく英語を勉強したい方にはかなりおすすめのチャンネルとなっています。

English with Lucy

このチャンネルでは、イギリス人のLucyさんが英語学習者に向けて英語で文法などを教えてくれます。
イギリス生まれの方が運営していますので話している英語はイギリス英語です。初めのうちはイギリス英語に慣れていないので難しく感じるかもしれませんが、色々な国の英語に触れることで後の英語学習に役に立ってきますので、そういった意味ではこの先留学を考えている方にはおすすめのチャンネルです。
英語を英語で勉強できるのが魅力的です。

BBC 6minnutes English

このチャンネルでは、食事や娯楽から、政治やアカデミックな内容まで幅広いトピックを6分間で説明していくものになっています。
BBCですのでこれもイギリス英語になってしまいますが、ボキャブラリー問題やクイズなどが動画内で出題されますので、語彙力や雑学も身に付けていくことができます。
6分間という短い動画ですので、サクッと学習するのにも向いていますし、音声として聞き流すのにも向いているかと思います。

英語上達におすすめの参考書

それでは最後に、英語学習におすすめの参考書をいくつか紹介して終わりにしたいと思います。
難易度やレベルは教材によって異なりますので、自分に合ったものを使って学習を進めていってください。

マンガでおさらい中学英語

マンガでおさらい中学英語
フクチ マミ 高橋基治
KADOKAWA/中経出版 (2015-09-15)
売り上げランキング: 6,710

これは文字通りマンガで英文法の基礎を学べる参考書です。
一般的な参考書とちがって、この本は文法の使い方に焦点を当てています。

ただ文法の意味を羅列するわけではなく、どこでどう使うのか、他にどんな意味があるのかということを詳しく説明してくれていますし、その名の通りマンガで書かれているので、勉強が苦手な方でもスラスラ読み進めることができます。
中学レベルの文法をざっと見直したい、難しい参考書で勉強する前にまず簡単なもので肩慣らしをしたい人は、この参考書をおすすめします。

一億人の英文法

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)
大西 泰斗 ポール・マクベイ
ナガセ
売り上げランキング: 129

英文法書として英語学習者の中で人気を博し、ベストセラーとなったこの一億人の英文法は、中身にイラストをふんだんに使って、話すために役立つ英文法を中心に説明していっています。
話すだけでなく、リーディング・ライティングにも十分役立てることができるので、総合的に英語力を高めていくことができるのが魅力的です。

この参考書の特徴として挙げられるのが、文法の使い方に特化しているという点です。
実際にネイティブが日常会話の中で使うような表現もふんだんに出てきますので、受験やTOEIC対策だけでなく使える英会話のフレーズも身に付けていくことができる1冊となっています。

表現のための実践ロイヤル英文法

表現のための実践ロイヤル英文法(例文暗記CD付き)
綿貫 陽 マーク・ピーターセン
旺文社
売り上げランキング: 6,244

この参考書は難易度的には高校生からでも使えるものになっており、英作文や英会話の際に必要になるであろう文法を中心に学ぶことができるものとなっています。

具体的で使えるようなものが収録されているので、実践的な英語力をつけていくことができます。
英語で何かをアウトプットする力を上げたいと考えている方には、かなりおすすめの1冊です。

文法の勉強に加え、実際に使える英語力が身に付く英文法書なのが魅力です。

キクタンTOEIC test score 800

【新形式問題対応/CD-ROM付】 改訂版キクタンTOEIC TEST SCORE 800
一杉 武史
アルク (2016-06-29)
売り上げランキング: 16,366

このキクタンTOEIC test score 800は、TOEICで800点を目指す人向けに作られた英単語帳ですので難易度は少し高めです。
ハイスコアを目指すのに必要不可欠な難しい語句を学ぶことができるので、英語力にある程度自信があるかたで、さらに上のレベルを目指したい人にはぴったりの単語帳となっています。

CDも付属しており、語彙力向上と同時にリスニング力も鍛えることができますので、リスニングにあまり自信のない方やこれからリスニング力を上げたいと思っている方におすすめです。

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800
松本 茂 Kevin Glenz Patrick Horckmans
Z会 (2012-03-08)
売り上げランキング: 22,056

これはできるだけ単語を覚えやすいように工夫されている単語帳となっています。

他の単語帳では、単語とその訳をただ羅列して終わりのものが多いのですが、この単語帳は英文の中に単語を盛り込み、実際にその単語がどう使われるのかというのを確認しながら語彙力を上げていくことができるので、その単語の正しい使い方も学ぶことができ、応用にも生かせるような語彙力を身に付けていくことができます。

英文とともに単語を覚えていくので、TOEICのリーディングパートの対策ができるのも魅力です。
TOEIC形式の英文が130本収録されており、リーディングパートの練習も十分積むことができるのも魅力的です。

更に嬉しいのが、リスニングのCDも付属してくるという所です。
リスニング音声にはカナダ、アメリカ、イギリス、オーストラリアの4カ国の英語が収録されているので、色々なアクセントの英語に触れることができるので、質の高い英語学習ができますし、これからの英語学習にも役立てていくことができます。

まとめ

英語というのは、我々日本人にとっては習得するのはとても難しい言語です。
だからこそ日々の積み重ねがものを言いますし、近道はありません。

自分に合った勉強方法でコツコツレベルを上げていき、自分の目的や目標に見合った力を付けていってください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

英語初心者がまずやるべきこと!イギリス留学経験者の僕がおすすめする教材・学習のポイント

英語学習法の基礎
英語 初心者

「英語をこれから頑張りたいけど、何からどう進めればいいの?」 今、あなたはそんなふうに考えているのではないでしょうか? 英語への憧れはあるものの、何から手をつけていいかさっぱりわからない……という人は多いようです。 そこで、このページではイ・・・

英語の語彙力がアップする!レベル別の勉強方法や語彙力の測定方法について詳しく解説

英語学習法の基礎
英語 語彙力

日常生活の中で英語に接する機会が少ない日本人にとって、その語彙力を上げるのは至難の業でしょう。 そもそも自分の語彙力のレベルがどれぐらいなのか、知っている人は少ないですよね。 スキルアップのために現在の語彙力を知り、レベルを高めたいとは思い・・・

【英語マニア厳選】英語学習おすすめアプリ21選!!勉強がどんどんはかどる神アプリはコレ!

英語学習法の基礎

英語を飽きずに勉強するためのおすすめの学習法の一つとして、スマホのアプリを利用するという方法があります。 しかし、英語の学習アプリは数が多すぎて、どれがいいのか迷ってしまいますよね。 そこで、このページでは、効果が高く、使いやすい、おすすめ・・・

英語学習に効果的なノートの取り方を解説!!どうすれば英語力が上がる?

英語学習法の基礎

英語学習の時にノートを使って勉強している人は少なくないでしょう。 でも、ノートってどんな風に使ったらいいの?実際ノートを作成する意味ってあるの?と疑問に感じている方もいるのでは? 今回は、英語学習に効果的なノート作りについて解説します。 ぜ・・・

ページの先頭へ