英単語 テスト
英語を使えるようになるには、英単語力はとても重要な要素です。
ですから、自分の英単語力をチェックすることは英語学習を進める上で大切なことと言えます。

そこでこのページでは、無料で実施できる英単語のテストサイトや単語力を上げるコツを詳しくご紹介します。

自分の弱点を知り、効率よく単語を覚えていけば、テストでの点数も必ず上がってきます。
英語学習を独学でやっているがなかなか結果が出ない人は、ぜひこのページを参考にしてください。

英語レベルと語彙力

英語圏ネイティブ

ネイティブが持つ単語の数は一般的に23,800〜28,000語程度と言われており、中学生でも19,400〜19,900語ほどの語彙数を持っていると調査で明らかになっています。
この数字から、ネイティブレベルの英語を話すにはどれだけの語彙力が必要なのかわかったと思います。

日本人では大学生でも19,400〜19,900語の語彙力を持っている人は少なく、ほとんどの人がネイティブの中学生以下であるということができます。
ただこの数字はあくまで英語環境で育った人が身に付けている単語の数なので、日本人としてはここまでの単語を覚える必要はありません。

ビジネスレベル

ビジネスで必要な語彙数は約8,000〜9,000語となります。
日本人のビジネスレベルであっても、ネイティブの中学生以下の語彙数となっており、どれだけネイティブ並みの英語力を身に付けるのが難しいかがわかるでしょう。

そして、約8,000〜9,000語は、資格で言うと英検準1級または、TOEICスコア730点レベルとなります。
このレベルであれば、履歴書にも自信をもって書けますし、留学や昇進などの際の英語力の証明としても役に立ちます。

会話レベル

日常会話に必要な語彙数は2,000語程度と意外と少なめです。
これは下記にある中学レベル以下の語彙数となっています。

つまり、中学生でも英語での会話が十分可能であるということです。

しかし、会話をするには語彙力よりも、リスニングやスピーキング能力が必要となります。
そのため、2,000語を習得していたとしても実際に会話ができない日本人がほとんど。

会話力レベルの英語を身に着けたいのであれば、語彙力にも実際に英語を話す練習をする必要があります。

大学生レベル

大学生レベルとなると3000~5000語程度が平均となります。
大学受験に向けて多くの学生が大量の単語を学ぶものの大学入学後は英語を勉強しなくなる傾向があるため、平均の語彙数は少なくなっています。

しかし、英語系の学部に進学をした学生や留学をした学生はこれ以上の語彙力を持っている場合がほとんどです。
つまり、大学生レベルといっても個人差が大きく、それぞれで英語力が異なります。

3000~5000語とは、高校まで英語教育を受けてきたものとして最低限は維持しておきたい語彙と考えておきましょう。

この語彙数があれば、海外旅行の際も特に不自由なく過ごすことができ、ちょっとした外国人とのコミュニケーションにも困ることはないでしょう。

高校生レベル

日本の英語教育では、中学校で習う英語の語彙数は約900語、高校で習うのは約2,000語と言われています。
そのため、高校を卒業する段階であれば、約3000語の語彙は身に付けておきたいところです。

約3000語の語彙は資格で言うと、英検2級、TOEICスコア600点レベルといえます。
ただ、これは最低限覚えておくべき語彙数なので、受験する大学のレベルによってはこれ以上の語彙を身に付けておくことも必要となります。

英単語テストで点数を上げる勉強法とコツ

発音をして覚える

英単語を覚える際に見るだけ、書くだけ、という人がいますが、それではなかなか単語が定着しません。
単語を見るだけではなく、実際に発音をしてみるとより記憶に定着しやすく忘れにくくなります。

また、実際に声に出してみることにより、その単語の発音も同時に覚えることができます。
日本人は単語を視覚だけで記憶する傾向があるため、単語を覚えたとしても発音を知らなかったり、正しく発音することができなかったりすることが良くあります。

そのため、意味を知っているだけでは実際の会話では使えないことが多いのです。

記憶の定着につなげることに加えて、その単語をしっかりと会話で使えるようにするためにも、単語を覚える際にも実際に発音をしてみるようにしましょう。

数日間、同じ単語を反復する

単語を覚える際には一定のサイクルを作ってそれを繰り返すことが効果的です。
一気に1000語などの単語帳をまとめて覚えようとする人も多くいますが、この勉強法はあまり効率が良くありません。

まずは、1週間で何度覚える、という目標を設定しましょう。
1週間であれば、70~100語程度を設定するのがおすすめです。

そして、1週間の間はこの設定した単語のみを毎日繰り返し勉強するようにしましょう。
この語彙を身に付けたら、次の週は新しい単語を繰り返す、というサイクルを作るようにするのです。

このように、一定期間決められた語数だけ徹底的に学習することで、それらの単語を確実に身に付けることができるようになります。
また、反復することで記憶にも定着しやすいもので、まとめて多くの単語を覚えるよりもずっと効果的に語彙力をあげることができます。

ただし、サイクルが終わった後にその単語を放置してしまいがちになるのが難点です。
忘れてしまわないように、定期的に簡単に見直す程度の復習はしておきましょう。

寝る前に音声を聞き流す

眠る前に覚えた内容は記憶に定着しやすいといわれています。
そのため、ベッドに入った寝る直前に、その日に覚えた単語を聞くようにしましょう。

この際、すべての単語をしっかりと聞き取って反復する、というようなことはしなくても問題ありません。
ただ聞き流すだけでも復習になるので、リラックスした状態で取り組みましょう。

単語帳などに付属しているCDの音声をスマートフォンにダウンロードしておくといつでも音声を再生することができるので便利です。

対義語・反対語も一緒に覚える

単語を覚える際には、意味をバラバラに覚えるよりも、反意語を同時に覚えると効果的です。
「come」を覚えたら同時に「go」も、「cool」を覚えたら同時に「warm」も覚える、というようにするとより印象に残るので覚えやすくなります。

単語帳には反意語を一緒に紹介しているものもあるので、そういった単語帳を選ぶのがおすすめです。

イメージと覚える

英語を話せるようになるには、単語をイメージで覚えるのが効果的です。
通常単語を覚える際は、私たちは英語⇔日本語の、のようにペアを作って覚えます。

しかし、このようにして覚えた場合、ものを見てそれを英語で表現をするときに、イメージ→日本語→英語、というように日本語が介入してしまうため、瞬間的に英語が出てこなくなってしまいます。

そのため、ものを見た瞬間にそれを英語で表現できるようにするためには、はじめからイメージ⇔英語、と覚えてしまった方が直感的に英単語が出てくるようになります。

また、英単語は、1英単語に対して、1つまたは2つの程度の日本語で紹介されていることがほとんどです。
しかし、英単語には一つの単語で複数の意味をもつものも多くあります。

そういう場合に単語をイメージで覚えておくと、どういうシーンでその単語が使われるのかが理解しやすく、英語を話す際に正しい単語を選べるようになります。

ただし、学生や大人向けの単語帳は多くの単語を掲載するために、日本語訳しか掲載されていないものがほとんどです。
子供向けの英語教材にはイラストとともに英単語を紹介しているものが多くあるので、そういったものを活用するといいでしょう。

確認テストをする

ある程度の単語を覚えたら、確認テストを行うようにしましょう。
単語集1冊分の学習を終えたとしても、実際には覚えた気になっているだけということが良くあります。

そのため、定期的に確認テストを行い本当に覚えたのか、というのをチェックするようにしましょう。
単語帳を見た時には意味が分かるけど、テストで聞かれると意味がすぐに出てこない、ということもよくあることです。

特に、毎回同じ単語帳で勉強している人はこの状況に陥りやすいので注意が必要です。

そして、確認テスト間違えてしまった単語はノートなどにまとめて復習をするようにします。
この作業を繰り返し行うことで、もれなく単語力を身に付けることができます。

また、実際に確認テストを行うことでアウトプットをすることができるので、より記憶に残りやすくなります。
確認テストを行うには、以下で紹介するサイトの利用が非常に便利です。

英単語テストができるサイト

Z会の無料英単語テスト

英単語 テスト

Z会の無料英単語テストでは、レベル診断テストを行うことができます。
全40問の単語テストが提供されており、全体的に出題される単語のレベルは高め。アカデミックな専門的な単語やビジネス単語も出題されます。

そして、その結果によって英語力レベルが表示され、同時にそのレベルにあったおすすめの単語集を紹介してくれます。

ユーザー登録をすると間違えた単語をMy単語帳に登録することができるので、後で復習をする際に大変便利です。
その他、無料で参加することができるランキングテストも用意されているので、ゲーム感覚で楽しむこともできます。

Z会の無料英単語テスト

アルクの英単語力診断テスト

英単語 テスト

アルクではセットA~Dの4つのテストが用意されており、それぞれ3分で英語力を診断することができます。
出題される問題はそれぞれ20問で、各問題10秒と回答に制限時間が設けられています。

そのため、瞬発的に英単語の意味が頭に浮かぶ必要があります。
問題のレベルは徐々に上がっていき、最後の方ではTOEIC900点レベルの問題も出題されます。

そして、テストの結果に応じて英語レベルや今後の課題、学習方法のアドバイスなどが詳しく紹介されているのもアルクの英単語力診断テストのポイント。

テストだけではなく、しっかりとした丁寧なフィードバックを受けたい、という人にはアルクの英単語力診断テストがおすすめです。

アルクの英単語力診断テスト

Weblio語彙力診断テスト

英単語 テスト

Weblio語彙力診断テストでは、全25問約2分半の診断テストを連続4回まで無料で受けることができます。

Weblio語彙力診断テストの特徴は、選択肢の中に「1~4に正解無し」というものが設けられている点や、ことわざや英熟語も出題されるということです。
そのため、全問正解するには相当高い英語力が求められます。

そして、診断結果は、「問題に正解したかどうか」、「回答にどのくらい時間がかかったか」に基づくため、意味が瞬時に理解できたかも重視されています。

解答では意味だけではなく、発音を一緒に確認できるものWeblio語彙力診断テストのポイントです。
知らなかった単語はここで発音方法もしっかりと確認をしておくようにしましょう。

プレミアム会員に登録すると、無制限のテスト、単語帳登録、診断結果の保存、などの特典を受けることができます。
無料期間も設けられているので、一度プレミアム会員の機能を試してみるといいでしょう。

Weblio語彙力診断テスト

単語力(タンゴリキ)

英単語 テスト

単語力(タンゴリキ)のテストの特徴は、レベルごとにテストが設けられているということです。

初級テスト、中級テスト、上級テスト、至難テストと分かれており、それぞれ10問のテストとなっています。
確認テストとしては問題量が少なめなので、気軽に英語力を測りたい人におすすめです。

また、ユーザー登録をするとランキングに参加ができたり、自分だけの単語帳を作ったりすることができるので、復習の際に役に立ちます。

単語力(タンゴリキ)

六十秒英単語テスト

英単語 テスト

その名の通り、1回60秒で行う、英語の単語のテストです。
問題数は決まっておらず、間違って回答すると3秒間停止し、次の問題に進むことができなくなります。

そして、60秒間にいくつ正解することができたかでスコアが表示される仕組みとなっています。

そして、結果として正解数が上位何%に入るのかが表示されます。
他の単語テストのように詳しい解説が表示されたり、間違えた単語を登録できたりという機能はなく、非常にシンプルなテストとなります。

スピードが最も重要となっており、1分間とテスト時間も非常に短いのでよりゲーム感覚で取り組むことができます。

六十秒英単語テスト

GameDesign 英単語テスト

英単語 テスト

GameDesign 英単語テストは、他の単語テストとは異なり、表示された日本語を意味する英単語をタイピングします。
そのため、出題される単語はとても簡単で、正しいスペルを知っているかがチェックされます。

レベルは1、2、3、と順に上がっていき、制限時間内に回答できなかった時点でテストが終了となります。
テスト終了後にはどのレベルまでクリアできたのかが表示され、それがテスト結果となります。

単語自体は知っていても正しくスペリングができないと正解とはならないので、意外と難易度が高いこのテスト。
語彙力を確認するというよりも、ライティングスキルをあげたい場合などに活用するといいでしょう。

GameDesign 英単語テスト

Cambridge English レベルチェックテスト

英単語 テスト

Cambridge English レベルチェックテストでは、全25問のテストを受けることができ、一般向けテストと、中高生対象のテストの2つが用意されています。

Cambridge English レベルチェックテストの特徴は、問題文も英語となっているという点です。
そして、問題としては会話文や文章を成立させるもの、穴埋め問題などがあり、単に単語を知っているだけではなく、文法知識も問われます。

難易度の高い問題だと、述語の知識がないと解けないものもあるので実力を測るには最適といえるでしょう。
結果としては正答数とおすすめのケンブリッジ英語試験が表示されます。
単に単語を知っているだけではなく、その単語の使われ方も知っておく必要があるので、より応用的なテストとなります。

Cambridge English レベルチェックテスト

とことん!英単語!おためし英単語テスト

英単語 テスト

とことん!英単語!おためし英単語テストでも、初級から特別レベルまで、それぞれの英語レベルにあった単語テストを受けることができます。
英単語テストは10問か50問を選ぶことができますが、無料で利用できるのは10問のもののみ。

その他、英単語クロスワードパズルや英単語ゲームなども用意されているので、楽しく英語を学ぶことができます。
出題される単語を一覧で見ることができたり、結果をグラフで確認したりすることができるなど、単語学習に便利なツールが多数揃えられているのが特徴です。

とことん!英単語!おためし英単語テスト

Test Your Vocabulary

英単語 テスト

Test Your Vocabularyは完全英語のサイトとなっています。
Test Your Vocabularyでは多数の単語が一気に表示され、知っている単語には自分でチェックを付けていくシステム。

そして、知っている単語数に基づいて、20,000–35,000語の中からどの程度の語彙数を知っているかを解析し、受験者の想定語彙数を表示するようになっています。

英語のレベルでなく、自分の知っている語彙数を知りたい場合はこのテストを使用して語彙数を測るのもいいでしょう。

Test Your Vocabulary

英単語のおすすめの教材

ターゲット

単語帳の定番であるターゲット。
高校でも採用されていることが多く、どの書店でも扱っている定番中の定番の単語帳です。

ターゲットはシンプルなデザインなのが特徴で、ターゲット1200、ターゲット1400、ターゲット1900とレベルごとに単語数の異なるものが出版されています。

ターゲット1900では、センター試験レベルから早慶レベルまで幅広く対応しているので、大学生であればこの数の語彙は身に付けておきたいところ。
ただ、難易度が高めなので、英語力に自信のない人はまずは1200から始め、徐々にレベルを上げていくといいでしょう。

また、ターゲットからはターゲットの友、という公式アプリもリリースされています。
このアプリでは単語のテストや発音の確認をすることができるので、併せて利用することでより効率的に単語を習得することが可能になります。

DUO3.0

DUO 3.0
鈴木 陽一
アイシーピー

Duo3.0は、すでに紹介したターゲット1900とほぼ同じレベルの単語帳となります。
そのため、全体的な単語のレベルが高めに設定されており、大学受験で言うと難関大学受験者向けの単語帳となります。

Duo3.0の一番の特徴としてあげられるのは、ネイティブによって作成された例文が掲載されているということです。

例文の中は覚えるべき単語を使用しているだけではなく、自然な英語であることを重視しているため、丸暗記をする価値のあるものばかりです。
そのため、単語を覚えつつネイティブが使っている会話表現なども覚えることができ一石二鳥となります。

その他、単語に関する解説やコラムなども充実しており、予備知識を身に付けつつ単語を覚えることができます。
シンプルさにこだわったターゲットではものたりない、という人はDuo3.0を選ぶといいでしょう。

キクタン

キクタンからはEntry2000・Basic4000・Advance6000・Super12000の4種類のレベルものもが販売されています。
そのため、高校初級レベルから難関大学受験まで幅広くカバーしています。

キクタンの特徴はその名の通り聞いて覚えるということ。
付属CDには、ポップなリズムに合わせて単語が収録されています。
そのため、音楽を聴いている感覚でリズムよく単語を覚えることができます。

単語帳を見ているだけでは覚えられない、継続できない、という人は聞いているだけで単語を習得できるキクタンは大変おすすめです。

また、キクタンではスペルだけではなく、発音やアクセントも一緒に身に付けることができます。
そのため、リスニングやスピーキング対策としても活用するにも向いているといえます。

英単語のおすすめのアプリ

Duolingo

英単語 テスト

世界中で約1億2000万人が利用しているといわれている、定番の英語学習アプリ、Duolingo。
レベルは初級者・中級者向けとなっているため、英語が苦手な人であっても比較的利用しやすいアプリとなっています。

また、目標レベルによって1日の勉強量が決められているので、無理なく学習を進めることができるのもポイントの1つ。

リーディング、リスニング、スピーキング(発音)など様々なコンテンツを通して単語力を身に付けていくことができるので、幅広く英語を学びたいという人におすすめです。

iPhone
Android

mikan

英単語 テスト

mikanは無料英単語アプリの定番です。
mikanには、大学受験・TOEIC・TOFEL・GRE・センター試験・医学系単語・単語王2202・フレーズなど様々なコースが用意されており、好きな自分の目的にあわせて英語学習を進めることができます。

そして、mikanは単語を知っているか知らないかで、右と左にスワイプするという単純な仕組み。そのため、瞬発的に英語を目で覚えていくことができます。

また、それぞれの単語がWeblioの単語帳とリンクしており、例文やその他の意味なども併せて確認することができます。
間違えた単語もまとめておくことができるので、後で一気に復習することも可能です。

iPhone
Android

マジタン

英単語 テスト

マジタンは収録単語数13,000と、国内最大級の単語数を誇っています。
そのため、ある程度の単語力を身に付けた人であっても、満足できるコンテンツとなっています。

マジタンでは、予習モード→テスト→復習モードという流れで学習が進められていくので、何度も反復しつつ単語の定着につなげることが可能です。

その他、スペルテストもあるので単に単語の意味を確認するだけでなく、書くことができるかのチェックも可能。
単語数が多いことから、ビジネス英語や日常単語も習得でき、TOEICや英会話対策にもなります。

Duolingoではレベルが少し易しすぎる、という人はマジタンを試してみるといいでしょう。

iPhone
Android

究極英単語

英単語 テスト

究極英単語は、忘却曲線理論に基づいて作られた効率的に単語を学ぶことができるアプリ。
イラストを使って単語を学ぶことを目的としているため、イメージで英単語をしっかりと定着させることができます。

また、学習して一定の時間がたった後に復習をするようリマインドをしてくれるという嬉しい機能付き。
そのため、究極英単語では、1度学習してそのまま放置してしまうなんてことはありません。

また、究極英単語ではTOEIC、ビジネス英語の単語、会話フレーズなど多数のコンテンツが含まれています。
さらに、学習状況をグラフで確認できる機能もあるので、計画的に学習を進めることも可能です。

iPhone
Android

まとめ

英単語の学習方法やおすすめの教材などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

英単語は、リスニング、リーディング、スピーキングのすべておいて基礎となります。
そのため、語彙力があるかないかで、英語力全体を大きく左右することになります。

何千個も単語を覚えるのは気が遠くなりそうですが、アプリや確認テストをうまく活用すれば楽しく学ぶことも可能です。

ぜひ今回紹介したものを参考にし、単語力の向上に役立ててくださいね!

自分にぴったりな英語教材・勉強法を見つける

目的別
TOEIC
英検
英会話
ビジネス英語
旅行英会話
レベル別
英語初心者の方
TOEIC300点の方
TOEIC400点の方
TOEIC500点の方
TOEIC600点の方
技能別
リスニング
リーディング
スピーキング
発音
ライティング
語彙力
文法