英語 リーディング
英語学習でも特に重要な分野である「リーディング」。

「でも英語を読むのはなかなか大変で…」とリーディングを避けている方も多いのではないでしょうか。

リーディングは、英語学習の中でも堅苦しく思われがちですが、ちょっとしたポイントをつかめば毎日楽しく続けていくことができます。

また文法力や語彙力、読解力のスキルアップにも一番効果的な方法です。

この記事では、楽しみながらリーディングをつづけるためのポイントとおすすめリーダーや教材についてご紹介します。

リーディングが伸びない理由!リーディング初心者が陥りがちな失敗は?

英語を勉強している方の目標としてよくあげられるのが、「洋書をそのまま読んでみたい!」というもの。

また、長文読解の問題のトレーニングとして、リーディングを取り入れたいという人もいるかもしれません。

洋書を読めれば英語学習の成果を実感できますし、日本語を通さずにそのまま英語で理解することになるので、より内容を詳しく理解できるといったメリットがあります。

しかし、実際にリーディングをはじめてみると、なかなか読み進められず、飽きてしまってそのまま…なんて方も多いのではないでしょうか。

よく初心者が陥りがちなのは、「完璧に理解しようとして、うんざりしてしまう」パターンです。

分からない文章があると辞書を引いたり調べてみたりして、やっと理解できるものの、その後読む気力がなくなってしまいます。

また、読んでいる途中に、徐々に興味がそがれてしまい、読む気がなくなってしまうというのも、初心者によくあります。

そのため、完璧を目指さず、まずは文章全体を読んで、雰囲気をつかむ練習をしていきましょう。

リーディングを続けるコツ

では、リーディングを続けるためには、どんなポイントに気を付ければいいのでしょうか。

自分が興味のある分野を選ぶ

一つ目は自分が興味のある分野を選ぶことです。

どんなにおすすめといわれるリーダーだったとしても、自分が興味のない分野だったら、早々に読む気力はなくなってしまいます。

逆に興味のある分野や、自分の仕事にかかわる分野のリーダーであれば、モチベーションを保ちながら読み進めていけますし、ストレスもありません。

リーディングというと、「お決まりのリーダーを読まなくてはならない」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、大切なのは「楽しく読み進められるかどうか」ということ。

リーディング教材を選ぶときも、まずは「自分が最後まで楽しく読めそうか」を基本に選んでみましょう。

読む時間帯を決める

二つ目は読む時間を決めることです。

忙しい毎日の中で、リーディングの時間を確保するのはなかなか難しいもの。

「空いた時間で読もう」と思っても、仕事でつぶれてしまったり、子どもの相手をしていたら時間が無くなってしまったりして、リーディングの時間が取れずじまい…なんてこともよくあるのではないでしょうか。

そこでまずリーディングの時間を決めてしまいましょう。

「この時間だったらしっかり時間が取れる!」という時間を決め、必ずリーディングするように習慣づければ、かなりの確率で続けやすくなります。

「リーディングのためにわざわざ時間を作るのは…」と思われるかもしれませんが、習慣づけ、1日のスケジュールに組み込んでおけば精神的にも楽になりますし、学習のリズムもつけやすくなります。

特におすすめなのは朝の時間帯。

頭もすっきりしていて他の仕事が入ってくることもないので、リーディングに集中できます。

リーディングのコツ

リーディングを続けるコツが分かったところで、リーディングを楽しむコツについて確認していきましょう。

最初にテーマを把握する

リーディングする教材を決めたら、最初にテーマを把握しましょう。

タイトルや表紙を見れば、大体どんな題材を扱っているかがわかりますし、その後の流れも大体予想がつきます。

書籍やリーダーの場合は、Summaryに概要やあらすじが掲載されていることもあるので、最初にチェックしておくと便利です。

また、新聞やWebメディアはタイトルにその記事の内容が集約されていることが多く、タイトルは必ずチェックしておきましょう。

分からないところは飛ばして次に進む

教材を読み進めていると、分からないところが出てくることも多いと思います。

この場合は思い切って飛ばして次に進んでみましょう。

「分からないまま読み進めてもいいの?」と思われるかもしれませんが、読み進めていくと新しい情報が入ってくるので、分からなかったところが徐々にわかるようになってきます。

「あえてわからないまま読み進める」ことで、前後の文脈から予想する力もついてくるのです。

またいちいち辞書を引いているとモチベーションも下がってしまいます。

分からないところがあっても、気にせずどんどん読み進めていきましょう。

辞書は引かない

知らない単語やフレーズがあると、思わず辞書に手が伸びてしまいますよね。

分からないところがあったら辞書を引く、というのは学習の基本中の基本ですが、リーディングの場合はあえて辞書を引かないことをおすすめします。

辞書を引かないと文脈から「これは動詞だから、きっと○○という意味だ」というように、推測する力が付きます。

ネイティブでも、1冊の本に掲載された単語やフレーズのすべてを完ぺきに把握している人はいません。

分からない場合は、前後の文脈や自分の今ある知識から推測することも必要なのです。

日本語でも分からない単語やフレーズがあったら、文章の流れや漢字の意味からなんとなく推測できますよね。

こうした英語を読み進めていく上での「文脈を把握し、推測する力」を付けていくのが、リーディングをする上で最も大切なことなのです。

辞書を引かないというと、どうしても心配になるかもしれませんが、リーディングの力を高めていくためのステップアップだと思って、チャレンジしてみましょう。

つまらなくなったらやめる

次に大切なのはつまらなくなったらやめる、ということです。

日本人はどうしても最初から最後まで完璧に読もうとしがちですが、興味が薄れたり、つまらなくなったりするとどうしてもモチベーションが落ちますし、学習の効率も落ちます。

つまらなくなったら、「リーディングを切り上げるタイミング」だと思って、思い切ってやめるようにしましょう。

記録を付ける

リーディングを続けていると、自分が読むスピードが速くなっていることに気が付くことがあります。

そんなふうに、自分の成長に気づくためにおすすめなのが、記録を付けることです。

時間と読み進めたページ数を書き留めておけば、自分の読むスピードを数字で把握することができます。

リーディング力がアップしていることを実感できれば、その後のモチベーションにもつながります。

あまり細かく記録を付けると、その後管理が難しくなることもあるので、「読んだ日、時間、ページ数」など最低限の項目について記録しておくとよいでしょう。

おすすめリーダー・問題集・参考書・教材

英語 リーディング

書籍

ペンギンシリーズ

リーダーといったら、ペンギンシリーズという方も多いのではないでしょうか。

ペンギンはアレン・レーンによって1935年に創立された会社で有数の出版社です。

オレンジのカバーで、名作や伝記に関するリーダーを多数出版しており、幅広いジャンルに対応しています。

また英語初心者用の「EasyStarts」から上級者の「レベル6」まで7段階に分けられており、レベルごとにリーダーを選べるのも特徴です。

ラダーシリーズ

ラダーシリーズとは、使用する単語を限定して易しい英語でリライトされたリーダーのシリーズです。

巻末にワードリストが付属しているので、辞書なしでも楽しめるのがポイントです。

レベルは中学校で学習する基本語1000語から始まり、TOEICテスト水準のレベル5まで用意されています。

新聞

The Japan Times

The Japan Timesは、日本で発行されている英字新聞です。

もちろん全文英語とはいえ、日本の読者が読むことを意識して紙面が作られているので、他の英字新聞よりも読みやすくなっています。

はじめて英字新聞にトライする、という方にはおすすめです。

New York Times

英字新聞の中でも最大手であるニューヨークタイムズ。

現地の言い回しで書かれていることが多いので、リーディング初心者には難しく感じられるかもしれませんが、生の英語に触れるには最適な教材です。

リーディングにおすすめのWebサイト・メディア

BuzzFeed

ニュースやエンタメを中心に取り扱うWebメディア。

2016年には日本語版もスタートしているので、ご存知の方も多いかもしれません。

画像や動画を中心に思わず読みすすめてしまう記事が豊富に掲載されているので、リーディングにぴったりです。

Rocket News 24

日本のWebニュースでよく見かける「ロケットニュース24」の英語版サイト。

思わずクスリと笑ってしまうような内容になっており、飽きずに読み進めることができます。

リーディングが簡単にできる便利なアプリ

リーディングは紙の本のイメージが強いかもしれませんが、最近は便利なアプリもそろっていて、いつでもどこでもリーディングを楽しむことができます。

Kindle

KindleはAmazonが開発した電子ブックリーダーです。

2009年にはスマートフォン用のアプリが開発され、より手ごろに電子書籍を楽しめるようになりました。

Kindleでは、Amazonで販売されている電子書籍を購入の上、ダウンロードできます。

そのため紙の本ではなかなか手に入りにくい場合でも、Kindleならすぐにダウンロードして楽しめるというメリットがあります。

POLYGLOTS

好きなジャンルの英語ニュースを楽しめるアプリです。

学習ログやスラッシュリーディング、翻訳文付き記事などリーディングを楽しむための様々な機能がついています。

ざっくり英語ニュース!StudyNow

国内や海外の短い英文のニュースが届くアプリです。

すべての記事に英語の解説やニュースの解説、ネイティブスピーカーによる音声が収録されており、記事の理解からリスニングまでしっかり学習することができます。

おわりに

今回は、リーディングの学習法についてお伝えしました。

リーディングというと「読むのが大変そう…」と思うかもしれませんが、「自分の好きなジャンルのリーダーを、分からないところはそのままに読んでいく」というスタイルであれば、続けやすくなります。

また、多読をしていけば、語彙力も付いていき、リーディングを取り入れれば、発音の練習にもなります。

リーディングは、様々な英語力を上げるために有効な学習法なので、苦手意識を持っていた方も、ぜひこの機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。