アルクエンジェルコースの特徴とは?

アルクエンジェルコース
英語教材で有名なアルクは、「エンジェルコース」という早期英語学習教材も提供しています。
対象年齢は胎児~3歳までとなっており、お腹に赤ちゃんがいるときの胎教としても活用できます。

多くの早期英語教材の中でも特に有名な教材の一つですが、他の教材にはない、エンジェルコースならではの特徴がいくつかあります。
それらの特徴と、アルクのエンジェルコースで得られる効果について紹介します。

イギリス英語で学ぶ

エンジェルコースで使われている英語はイギリス英語です。
イギリス英語で学ぶことの利点は、日本語と英語の周波数の違いにあります。

アルクエンジェルコース

出典:http://ec.alc.co.jp/course/32/

この表によれば、日本語の周波数はおよそ250~1500Hz(ヘルツ)、アメリカ英語の周波数はおよそ900~3500Hz、イギリス英語の周波数はおよそ2000~12000Hzです。
乳幼児の頃は幅広い周波数を聞き取れますが、一つの言語だけを聞いているうちに、他の言語の周波数は聞き取れなくなっていくといいます。

幼いうちにイギリス英語の周波数を聞いていれば、アメリカ英語よりも幅広い周波数を聞き取る力を維持できるということが、エンジェルコースで得られる効果の一つです。

モーツァルトの曲で脳を活性化

英語教材に音楽を活用することの多いアルクですが、エンジェルコースでも英語学習に音楽を有効に取り入れています。
童話の読み聞かせと家庭の日常会話では、モーツァルトの曲がBGMに使われています。
リラックスした状態で英語を聞くことができるだけでなく、脳の働きが活性化し集中力や記憶力の向上にも効果があるとされています。

エンジェルコースのメリット

マザーグースと遊び歌で楽しく英語が身に付く

エンジェルコースでは、マザーグース(イギリスの伝承童謡)と遊び歌を使って英語のリズム感を身に付けます。
歌とリズムに乗って子どもとコミュニケーションを取る方法がブックレットに書かれているので、英語を使った子育てを楽しめます。

家族の英会話を聞ける

エンジェルコースの教材には、赤ちゃんがいる家庭の英会話の音声も収録されています。
英語圏の赤ちゃんが聞いている家族の声に近い英語を聞くことで、英語を聞き取る耳を育めます。

「実際の英会話音声は乳幼児には難しいのでは?」と思うかもしれませんが、意味を全て理解する必要はありません。
家庭の英会話を聞くことにより、男性の英語、女性の英語、子どもの英語に耳を慣らすことができます。

3歳くらいになって、英語のフレーズや単語の意味を聞かれたときに答えてあげるようにすれば、内容も少しずつ理解でき、「英語をもっと理解できるようになりたい!」という知的欲求を育むことにも繋がります。

名作童話の読み聞かせもできる

『赤ずきんちゃん』や『3匹の子ぶた』など、名作童話の読み聞かせ音声もあります。
優しい語り口なので、とてもリラックスしながら英語を聞くことができます。

童話の英文と和訳はブックレットに書かれているので、英語の意味を聞かれたときにはすぐ答えられます。
また、ブックレットを読みながらCDを聞くことで、子どもと一緒に英語を学習できます。

長く使い続けていれば内容や語彙の多くを覚えられるので、ブックレットを確認しなくても子どもの質問に答えられる部分が少しずつ増えていきます。
英語の音声をCDで流した後、日本語訳を読んで聞かせてあげるといった工夫もおすすめです。

親子のコミュニケーションにもなる

ただCDを流すだけでなく、エンジェルコースには英語を使って親子でコミュニケーションが取れるコンテンツも組み込まれています。

CDに合わせて子どもと一緒に歌ったり、ブックレットに書かれている遊び方に倣って子どもと一緒に遊んだりすることで、親子で一緒に英語を楽しむことができます。

身に付くのは主に英語を「聞く力」

先に少し述べたように、エンジェルコースの英語教材で養われるのは英語を「聞くための力」です。
英語の周波数を毎日聞くことで、日本語と異なる英語の周波数もしっかり聞き取る聴力を維持することができるというのが、エンジェルコースの大きな特徴です。
簡単なフレーズは言えるようになりますが、ネイティブの子どもと同等の英会話力を身に付けるには、他の英語教材やそのための学習方法などを活用するのがおすすめです。

英語の正しい発音が身に付く

イギリス英語の周波数と発音を毎日聞く習慣を付ければ、音声の英語の音を真似して発語するようになり、ジャパニーズイングリッシュではない正しい英語の発音を身に付けることができます。

フランスの音声医学の権威アルフレッド・トマティス博士によれば、「人は聞くことのできる音しか発音できない」と言います。
つまり逆に言えば、「聞くことができれば発音できる」ということになります。

英語ネイティブの子どもたちは、例えば“flower”という単語をまだ発音できないとき、まず“f”の音(下唇に上の前歯を軽く当てて息を吐く音)だけを発音するようになるそうです。
「聞いた音を発音できるようになる」には、「聞く→真似をする→発音できるようになる」というプロセスが必要です。

耳の良い乳幼児期に養われる「英語を聞く力」は、「英語を話す力」の素地と言えるでしょう。

音楽を楽しむ心も育める

エンジェルコースの英語学習CDにはモーツァルトの音楽が用いられているので、子どもが英語だけでなく音楽にも触れる機会を作ることもできます。
リラックス効果の高い音楽を聞きながら英語を学習するので、英語だけでなく音楽も同時に楽しめます。

音楽が好きで、子どもにも音楽を楽しむ心を持ってもらいたいと考えている人にも、エンジェルコースはおすすめです。

工夫次第で文法もいくつか覚えられる

エンジェルコースは英語を聞き取る聴力に重点を置いた教材ですが、学習方法を工夫すれば文法をいくつか覚えることも可能です。
この場合の文法を「覚える」というのは、いわゆる「主語の次は動詞」といった言語化された英語のルールを記憶することではなく、あるフレーズを覚えて言葉のルールを「感覚的に理解する」という意味です。

例えば、遊び歌の『Apple Pie』の中に、“Peter likes apple pie.”(ピーターはアップルパイが好き。)という歌詞があります。
一般動詞“like”は主語が三人称単数形になると“likes”となって語尾に“s”が付きますが、これは日本語にはないルールなので、英語を小学校や中学校から学習する多くの児童や生徒が間違えてしまいます。

そこで、この歌の“Peter”を家族や兄弟姉妹の名前に置き換えて歌うことで、“○○(名前)likes~.”の流れが感覚で身に付きます。
他にも多くの便利な会話表現があるので、歌と遊びでたくさん覚えていくのがおすすめです。

英語の楽しさを知り、次の英語学習にステップアップ!

何より大切なのは、「英語は楽しい!」という思える経験をすることです。
その体験や感覚によって、「英語を話せるようになりたい」、「英語をもっと知りたい」という知的好奇心が生まれ、その先の英語学習へスムーズにステップアップすることができます。

アルクのエンジェルコース公式HPによれば、CDを聞く時間は1日30分~2時間程度で良いので、義務にならないよう毎日適度に英語を聞く習慣を付ければ、次の学習をするときもスムーズに取り組めると思います。

エンジェルコースのデメリット

胎教としても使え、生まれた後も英語を聞く聴力を維持するのに役立つということで有名なエンジェルコースですが、デメリットもあります。

視覚と結びつけた学習ができない

まず、童話があっても基本的にCDを聞くだけなので、視覚と結びつけた英語学習ができないということです。
母国語としての日本語を覚えるときも、幼児期は絵本や映像を通して言葉を学びますが、この教材ではそうした英語教育はできません。

おそらく、あくまでも英語を「聞く力」を養うための教材であるということと、教材の対象年齢が3歳までであるということが理由ではないでしょうか。
3歳頃になったら、絵本やDVDなどを英語教育に取り入れてみても良いかもしれません。

簡単な英語表現がメインになっている

この教材は、「聞く力」に重点を置いているため、本格的な英会話力はネイティブの子どもほど身に付かないと考えられます。
簡単な会話表現(“Thank you.”や“Good morning.”、その他の簡単な単語など)を3歳までに身に付けることは十分可能ですが、例えば、“Mummy, I want to eat biscuits.”(ママ、ビスケットが食べたいな。)というような英語がスラスラ出てくる英会話力を身に付けるには、別の教材や学習方法も併せて活用する必要がありそうです。

エンジェルコースの値段と学習期間

アルクエンジェルコース
エンジェルコースの受講費は31,320円(税込)で、標準的な学習期間は12ケ月です。
高価な早期英語教育教材が多い中で、この値段はかなり安価なので、気軽に始められるというのもエンジェルコースの利点の一つです。

また、標準学習期間は12カ月ですが、一通り全てのCDを聞いた後も繰り返し何度も使えば、もっと長い間使い続けることができます。

アルクエンジェルコースで得られる効果は?どの程度の英語力を目指せる?

アルクエンジェルコースは、これから英語を勉強する上で、必要な聞き取れる耳を育てるということに重点を置いた教材なので、何歳までに英検〇級を取らせたいというようにすぐに結果を求める人には適していません。
胎教と同じように、長期的な目で英語力を伸ばしたいという方、まずは英語を聞き取れる耳を育ててあげたいという方は検討されるといいでしょう。

エンジェルコースはどこで購入するべき?

楽天からも購入できる

エンジェルコースの公式HPから購入するのが通常の購入ルートですが、楽天には「アルク公式楽天ショップ」があるので、楽天からでも正規品を購入できます。

ただし、公式HPからの購入の場合、会員であれば10%OFFで購入できるため、こちらの方がおすすめです。

また、「エンジェルコース」と、生後8カ月~6歳までが対象の「アルクのabc DVDボックス」が一緒に届く「こどもえいごおまかせパック」も、公式HPと楽天のどちらでも購入できます。
英語耳を養いながら、映像を使った「音」と「意味」を結びつける学習や英語のアウトプット学習も同時に進めたい人は、こちらの購入もおすすめです。

中古品はおすすめしません

中古品販売やオークションもありますが、中古になっても値段がほとんど変わらないだけでなく、たとえ新品同様の状態でも、万が一不良品があった場合や返品したい場合でも返品・返金に応じていない場合があるので、かえって損をしてしまいます。
後で不利益を被らないように、正規のルートから購入するようにしましょう。

ちなみにアルクでは、商品到着後8日以内にアルクお客様センターに電話で連絡をして不良品を返送すると、交換または返金してもらえます。
詳しくは、アルクショップの「商品の返品」に記載されています。

エンジェルコースの口コミ・評判

エンジェルコースを購入した人の多くが教材を高く評価していいますが、中にはエンジェルコースが合わなかった人もいます。
それらの口コミ・評判を参考に、購入するかどうかを決めるのもおすすめです。

良い評判

4ヶ月の子のために購入した。自分もアルクの教材で勉強していたのでエンジェルコースを選んだ。
子ども向けは騒がしい教材が多いけれど、こちらはクラシック音楽が流れ、落ち着いていて聞きやすい。(30代女性)

CDをかけるだけという手軽さにひかれ、5ヶ月の息子のために購入した。
商品が届き、早速CDをかけてみたら息子も聞いているようだった。学習の進め方が分かりやすく説明されているのが良かった。
無理なく続けられそうでおすすめ。(30代女性)

英語や収録されている音楽などの音がとても綺麗で心地良い。
胎教用に購入したが、自分がとてもリラックスできる。
値段も手頃で、対象が胎児期から3歳と長く使用できることも気に入っている。(30代女性)

聞き始めて1ヶ月で、2枚目のCDをかけている。
2歳の息子が遊びながら聞いていて、CDが終わるともう一回聞くと言ってくれる。
もっと早くから始めてあげたら良かった。
今からたくさん聞かせたい。DVDと迷ったけれど、DVDだと長時間見せるのはちょっと、と思いこちらにした。(30代男性)

子どもがまだ小さいので、テレビ・ビデオでの学習は避けたいと考え、DVDのない教材を探していた。
もともと自分自身がアルクのヒアリングマラソンで英語を身に付けた経験があるので、アルクの教材を選んだ。
同じアルクのヘンリーおじさんのCDがとても良かった。
アルクの語学教材はおすすめ。(30代女性)

娘が1歳になり、6枚目のCDに突入した。(1枚のCDを1ヶ月聞く)
午前中はテレビを見せたくないのでエンジェルコースのCDに助けられている。
赤ちゃんが小さい頃はなかなか外出もしづらく、家の中で学習できるのは良いなと思い購入した。
モーツァルトも流れて癒される。
CD3枚目ぐらいのときに日本語ではなく英語っぽい音を発していた。
「あのCDのおかげかな?」と感じる場面が何度かあった。(30代女性)

普通~良くない評判

生活に必要ない音を聞く能力が徐々に失われていくということで購入した。
他の英語教材は値段が高く、身に付けさせるには親の努力が不可欠。
エンジェルコースくらいの金額の方がダメ元で試せる。
CDはなるべく毎日流すようにしているが、本人は聞いているのかいないのか分からない。
毎日違うCDをかけるよりも同じCDを1ヶ月間聞くほうが良いとのことで、全部聞くのにまだまだ時間がかかるけれど、「何もしないよりはマシだろう」くらいの気持ちで続けたい。
クーポンはDVDを買うときに使いたかったけれど、有効期限があまりに短く、使う機会はなさそう。(30代女性)

綺麗なイギリス英語で、聞いていてストレスにならないが、結構速いスピードなので子どもの耳に残っているのか疑問。
マザーグースの歌は一緒に口ずさんでいるので続けることで少しでも英語耳や発音ができると良いなと思っている。
2歳になると、聞くだけでなく映像などがあったほうが良いかもしれない。
ポイント10倍のときに購入できてよかった。(30代女性)

シンプルで良さそうと思ったけれど、意外と雑。
童話は登場人物ごとに声色を変えて読んでいるが、ときどき、「そこはその声じゃない」という明らかな間違いがある。
ただモーツァルトが流れているというのも安易な感じがする。
CDは1枚30分程度。でもBGMのみの時間もかなり長い。
インプットのみで、アウトプットがない。特にフォローもなく、それでこの値段は高いと思う。
市販の英語のCDで十分な気がする。(40代女性)

モーツァルトのクラシック音楽が流れていて聞きやすい点や、まだ小さいうちは子どもにテレビをあまり見せたくない人のニーズに応えている点などで、高評価を得ています。
一方、本人が聞いているのか分からない点や、アウトプットがない点などは低評価の理由となっているようです。

英語の周波数を聞き取る聴力をなくさず英語に触れられる教材なので、英語教育の第一歩としてはとても適しているようです。
しかし、英語を聞き取る力と同時に、アウトプットの学習もさせてあげたいという人には、「こどもえいごおまかせパック」や別教材の購入がおすすめです。

エンジェルコースはどんな人・親子におすすめ?

  • 親子で一緒に英語を学びたい人
  • 音楽が好きな人
  • 気軽に子どもの英語教育を始めたい人

英語を聞きながら子どもと一緒に歌ったり動いたりすることで、親子で一緒に英語学習ができるのがエンジェルコースの利点の一つです。
子どもに英語の音を聞かせてあげられるだけでなく、教材を読めば童話などの英文と日本語訳も載っているので、それを読みながら音声に合わせて音読すると大人の英語学習にもなります。

また、モーツァルトの音楽が流れているので、音楽が好きな人はよりこの教材が好きになり、毎日CDを流すモチベーションにもなります。
モーツァルトの音楽は、集中力を高めるだけでなくリラックス効果もあります。

ブックレットにはマザーグースのメロディーの楽譜も掲載されているので、家にピアノがある人は、CDをかけなくても子どもと一緒に歌うことができます。
おもちゃのピアノがあれば、それを弾いてあげながら歌うのもおすすめです。

音楽に興味がない人でも、モーツァルトの音楽と優しい声音の英語で一息つきながら子どもと一緒に英語を学ぶことで、毎日楽しく続けられます。

他社の早期英語教材に比べて、かなり値段が手頃なのがエンジェルコースの大きな魅力の一つです。
高額な教材は始めるのに勇気がいるという人にも、とても始めやすい価格になっています。

また、学習方法は1日30分~2時間CDをかけるだけなので、続ける上でもそれほど苦労はありません。
「ちゃんと毎日続けられるか心配」という人でも、始めやすく続けやすい教材です。

エンジェルコースに視聴・お試しサンプルはある?

アルクのエンジェルコース公式HPには、無料で教材体験ができる視聴ページがあります。
マザーグースと遊び歌、名作童話の読み聞かせ、乳幼児がいる家庭の会話をそれぞれ一つずつ視聴できるので、購入を迷っている人はこの視聴ページで教材を試してから決めるのがおすすめです。

エンジェルコースのおすすめ学習方法!

他の英語絵本との併用もおすすめ

他の英語絵本とエンジェルコースの読み聞かせを併用するのもおすすめです。
エンジェルコースでは基本的に英語で童話や童謡を聞く学習をするので、視覚と関連づけた学習はできないというデメリットがあります。

書店では、英語の朗読音声のCDが付いた英語絵本が販売されているので、エンジェルコースのCDを一通り聞いた後、絵本と音声の組み合わせ学習にステップアップすると、音と意味の繋がりを理解しやすくなります。

親子で一緒に音読する

CDから流れてくる英語のフレーズをお母さんやお父さんが真似していると、子どもも口真似するようになっていきます。
親子で一緒にCDの音声を真似して音読するとアウトプット学習になり、簡単な英語を話す練習ができます。

完璧な発音でなくても、あるいは単語の一部の音(先に紹介した、“flower”の“f”など)だけでも子どもと一緒に英語を声に出すようにすると、英語学習を親子で楽しむことができます。

まとめ

エンジェルコースの英語学習は、始めやすさと続けやすさの点でとても優れています。
また、リラックスできて脳を活性化させる音楽を活用するのも、アルクの教材ならではの特徴です。
CDを使った学習なので、乳幼児期にあまりテレビを見せることなく英語耳を育てることができます。

英語を聞き取る聴力を育む教材であり、対象年齢も3歳までとなっているので、英会話の練習は別の方法や教材を活用する必要がありそうですが、あれもこれもと一度にいろいろな学習を詰め込むと、肝心の「家族みんなで英語を楽しむこと」ができなくなってしまいます。

年齢に応じて学習方法を工夫することや総合的な英語力を伸ばすことも大切ですが、親子でコミュニケーションを取りながら楽しく英語学習を続けることが必要不可欠です。

早期英語学習の第一歩として、エンジェルコースは最適な教材と言えるでしょう。