赤ちゃん 英語
人間の語学脳は7歳までに完成すると言われ、子供の語学の才能を伸ばせる期間は限定されています。

もし赤ちゃんの英語教育を検討されているのなら、今すぐ始めるべきです!
とはいうものの、自分が全く英語を話せないので、子供に何も教えられないと思っている方は多いですよね。

そこでこのページでは、おすすめの勉強法や使える教材を詳しくご紹介していきます。
また、お父さんお母さんが知っておくべくき注意点についても解説!

少しでもお子さんの英語教育を検討されているなら、ぜひこのページを参考にしてみてください。

目次

英語教育を始める適切なタイミングは?

赤ちゃんの英語教育を始めるのは早ければ早い方がいいといわれています。
その理由の1つとして、早い段階から学習を始めると、しっかりと音の違いを聞き分けることができる英語耳を作ることができるからです。

そのため、赤ちゃんがお腹の中にいる段階から英語を聞かせた方がいい、という意見もあり、胎児向けの教材も用意されています。
そして、最も重要な時期は言葉が発達する時期である1~3歳。

上記の最も重要な時期に確実に英語を身に付けされるよう大体生後6ケ月から英語に触れさせ始めるのが理想とされています。

これはワシントン大学の学習脳科学研究所の研究結果でも発表されている時期であり、多くの人がこの時期から少しずつ子供に英語を聞かせるようにしています。

おすすめの勉強法は?

CDなどでの英語の聞き流し

赤ちゃんのうちはとにかく英語を聞かせて耳を慣らすようにしましょう。
学生が英語の勉強に使うような参考書に付帯しているCDでもいいですし、英語の歌を聞かせるもの楽しく英語に触れさせるコツです。

また、なるべく費用をかけずに学ばせたい、という人はYouTubeで英語を聞かせるのも効果的です。
赤ちゃんの年齢に合わせて、曲にしたり日常会話にしたりなど変化を加えてみましょう。

絵本の読み聞かせ

2〜3歳になったら、英語の絵本の読み聞かせを始めてみましょう。
ここではきれいな発音をすることが大事なのではなく、親子でコミュニケーションをとりつつ英語に触れるということです。

赤ちゃんは一人で学ぶよりも親と一緒の方が楽しく、そして吸収も早いので英語が苦手な場合でも読み聞かせに挑戦をしてみましょう。

おもちゃの活用

最後におすすめなのが英語を使ったおもちゃで遊ばせるということです。
英語のカードやしゃべるおもちゃなど英語教育のためのおもちゃが最近多く販売されています。

そういったものを赤ちゃんに与え、学ぶというよりも遊びの延長に英語があるという感覚を身に付けさせることが大切です。

赤ちゃん向けのおすすめの教材は?

こどもちゃれんじEnglish

大手であるベネッセが展開している教材です。
対象年齢は0歳から5歳までで、英語教材の中では安めの金額設定なのが特徴です。

教材にはDVDとおもちゃが含まれますが、この2つをうまく連動させつつ楽しく英語を学べるようになっているため、使用者からとにかく教材の質がいい、という高い評価が寄せられています。

また、教材にはしまじろうが使用されているので、しまじろう好きの子供は特に楽しく学ぶことができるでしょう。
こどもちゃれんじを受講している人に対しては割引があるなど、お得な制度も揃っています。

ワールドワイドキッズ(Worldwide Kids)

こどもちゃれんじEnglishと同じく、大手のベネッセが販売している信頼のおける英語教材です。
CD、DVD、絵本、パソコンソフトなどの教材が含まれており、首都圏を中心にイベントが開催されている点もの特徴の1つです。

また、Worldwide Kidsの対象年齢は0歳から6歳であるため、長く継続させることができます。一方で途中解約も可能であるため、子供の反応を見つつ継続の可否を判断することができます。

ただし、教材は比較的やさしい内容となっているため到達レベルはそこまで高くありません。
そのため、インターナショナルスクールに通わせつつ、補助教材として利用している人も多いようです。

えいごであそぼPLANET

NHK Eテレで放送されている子供向けの番組「えいごであそぼ」の教材です。

対象年齢に0歳からとなっており上限は設けられていませんが、えいごであそぼPLANETの教材は幼稚園レベルの英会話レベルにとどまっており易しめに設定されています。

そのため、しっかりと学ばせたいというより、まずは楽しく学ばせたい、という人におすすめです。
また、タッチペンやお風呂絵本など子供が好きなおもちゃが多くあり、子供が楽しそうに英語を勉強している、という口コミが多く寄せられています。

さらに、大人向けに教材内容が書かれた冊子が付いてくるので、親がサポートをしながら一緒に学ぶことが可能です。

アルク エンジェルコース

アルク エンジェルコースは対象年齢が胎児から3歳までと、赤ちゃん向けの英語教材の中でもかなり低めに設定されています。
教材の内容はCDと冊子のみというシンプルさで、聞き流しを中心たした学習法です。

また、会話や読み聞かせのBGMにモーツァルトの曲を採用しており、これを妊娠中に聞き流すという使い方もできます。

その他、一般的な英語教材がアメリカ英語を採用しているのに対し、アルク エンジェルコースはイギリス英語を採用しています。
そのため、イギリスに住む予定があるなど特にイギリス英語にこだわりがある人はアルク エンジェルコースを選ぶといいでしょう。

ディズニー英語システム

子供向けの英語教材として最も知名度が高いといっても過言ではないのがこのディズニー英語システムです。
国内外を問わず多数のイベントが開催されている点やディズニーキャラクターと一緒に英語を学ぶことができるなど、多数の魅力があることから不動の人気を誇っている英語教材です。

また、教材はすべて英語となっているため、徹底的に英語を学びたい人向けの教材ともいえます。

教材やイベント、各種サービスの充実さから金額設定も他の英語教材に比べてはるかに高く、フルパッケージの購入で80万程度がかかります。
これに加えて、各種サービスが受けられるワールド・ファミリー・クラブの月々の会費、イベントへの参加費が発生します。

また、途中解約が不可である点をディズニー英語教育のデメリットとして感じる人もいるようです。
そのため、ディズニー英語システムを始める前には無料サンプルを試してみるなど、しっかりと内容を吟味してみる必要があります。

おすすめの絵本・CD・アプリ

おすすめの絵本

Color Zoo

Color Zoo
Lois Ehlert
HarperFestival

英語教室でも使用されている人気の英語絵本です。
色使いがとても鮮やかなので子供の興味を引き付けやすく、赤ちゃんでも十分楽しむことができます。

これ一冊で動物や色の表現をまとめて覚えることができるので、利用者からの口コミでの評価も高くなっています。
さらに、絵本の最後に登場した形、色、動物などの一覧が掲載されているなど英語学習者向けへの配慮も見られます。

こどもずかん 英語つき

とにかくかわいいイラストが特徴のこどもずかん 英語つき。
ベースは日本語となっており、補足として英語が併記されています。

そのため、日本語と英語を同時に学ぶことができるという一石二鳥の一冊です。
掲載されている物は動物や乗り物から食べ物まであり幅ひろい単語を効率よく覚えることができます。

The Very Hungry Caterpillar

絵本の定番である「はらぺこあおむし」の原作本です。
卵から生まれた、あおむしが蝶に成長していくまでの様子を描いたもので、絵本の中には複数の仕掛けが隠れています。

また、カラフルな色使いのイラストも好評で、楽しく読み進めることができます。
日本語の「はらぺこあおむし」を読んだ後に英語バージョンを読むと内容を理解することができるので、自然の英文の意味が分かるようになります。

日本語のものと英語のものを順に読み聞かせをするとより効果が得られるでしょう。
ボードブックであるため子供が扱いやすいというのも特徴の1つです。

おすすめのCD

スーパー シンプル ソングス

誰もが知っている曲が収録された赤ちゃん向けCDの定番。
発音のきれいな英語で歌われているため、歌であってもしっかりと単語を聞き取ることができます。

また歌の中には日常で使える表現が多く使われているので、自然と会話力を身に付けることができるのも特徴。
改訂版はソング版とカラオケ版の2枚組になっているので、ある程度聞きなれた後にどれくらい歌えるようになったか試してみるといいでしょう。

CDツイン いーっぱい! 英語のうた

CDツイン いーっぱい! 英語のうた 全60曲
英語の歌(教材用), St.John Fisher R.C.J.M.I School’s Children, クロイ・マリー・マクナマラ, Lisa Wilkinson, Catherine McMahon, William Comer, Daphne Shepherd, デイビット・ルイス・ブルックス, ジェリー・ソーレス, 羽生未来, Croi Marie McNamara
日本コロムビア

マザーグース、大きな栗の木の下で、ひらいて むすんでなど初心者向けの曲が全部で60曲も集まったCD。
英語の歌に加えて、英語でうたう日本の童謡シリーズも含まれているため、今まで日本語で覚えていた歌を英語で聞くことができます。

あらかじめリズムを知っている曲であれば習得も早く、あっという間に英語で歌を口ずさめるようになります。

ディズニー・キッズ・クラブ(1)ディズニーのえいごうた

ミッキーマウス・マーチやビビディ・バビディ・ブー、ホール・ニュー・ワールド、小さな世界などディズニーアニメからの名曲が収録されています。

普段からディズニーキャラクターに触れている子供であれば興味を持ちやすく、他のCDには興味を示さなかったけどディズニー・キッズ・クラブは毎日聞いている、という子供も多いようです。

また、第1弾、第2弾とシリーズになっており、気に入った場合はどんどん曲のレパートリーを増やしていくことができます。

おすすめのアプリ

わお! アニメ英語名作童話30

「赤ずきんちゃん」や「三匹の子豚」など馴染みのある童話が約30作品用意されています。
ストーリーが始まると字幕と同時に英語が読み上げられ、まるでアニメのように絵本を読み進めていくことができます。

そして、キャラクターが歌を歌ったり、効果音が用意されたりしているなど、ミュージカル感覚で英語を学ぶことができるのも大きな魅力です。
童話のダウンロードは有料ですが、タイミングによって無料でダウンロードできるものも用意されています。

iPhone版
Android版

たまひよ はじめてのえいごのおうたえほん

英語の歌が収録されているアプリです。ABCの歌など定番ソングが多くあり、ネイティブスピーカーが収録しています。

また、画面をタップすると犬のなき声やラッパ、シンバルの効果音などを鳴らすことができ、リズム感覚を身に付けつつ英語に耳を慣らすことができます。

収録曲数は20で、そのうち3曲は無料で利用することができます。

iPhone版

チャロのなかまさがし

NHK Eテレの人気アニメ「リトル・チャロ」がゲームになったアプリです。

迷子になってしまった仔犬のチャロが仲間の力を借りつつ飼い主のもとに戻ろうとするストーリーで、英語のナレーションとともに、隠れているチャロの仲間を見つけるというゲームになっています。

アプリ上のシーンはアニメと連動しているので、アニメを見た後にゲームをプレイするとより一層楽しむことができます。
ナレーションの内容を理解できないと物語が進まないので、親がサポートしつつ一緒にプレイするのがいいでしょう。

iPhone版

早期英語教育のメリット

英語脳を作ることができる

英語脳とは”英語で考えて英語で話す”ということです。

大人になってから英語を勉強すると、英語を話す際に頭の中で日本語を英語に変換する、という作業が発生してしまい、これがネックとなりスムーズに英語が話せるようになりません。

しかし赤ちゃんのうちから英語に触れていると、この変換作業がなく、英語を英語のまま理解する英語脳を作ることができるので、実際に英語を話す際に大きなメリットとなります。

日常生活の延長として学ぶことができる

赤ちゃんの頃から英語に触れ始めると、歌を聴いたりDVDを見たりなど生活の一部の中で英語に触れることができます。

一方、学校などで英語を学ぶ際には机に座ってノートをとったり、テストがあったりなど、楽しく学ぶというより“勉強しなければならない”という英語に対するネガティブなイメージが定着してしまいます。

そのため、英語を楽しめない子供がほとんどです。

しかし、学校での英語教育が始まる前に自宅で日常的に英語に触れていけば英語が生活の一部となり抵抗なく習得してくことができます。

英語の音が聞き取れるようになる

RとLの音の違いなどを日本人が聞き分けられない理由には、私たちが日常的に聞いている音の周波数の違いにあります。

例えば日本語の周波数は125hz~1500hzであり、私たちの耳はこの数値の中の音のみ聞き分けることができます。一方でアメリカ英語の周波数は750hz~5000hz。
さらに、イギリスの周波数は2000hz~ 12000hzとなっており、日本語は大きな違いがあります。

このような言語の周波数の違いがあるため、私たち日本人は英語の音を聞き分けることができないのです。

そしてこの音の周波数というのは、育った環境によっておおよそ3歳くらいまでに完成されます。

つまり子供のころに日本語しか聞いていないと、周波数は125hz~1500hzで完成してしまい、それ以降はどうしてもその数値で対応しきれていない音が聞き取りにくくなってしまいます。

しかし、赤ちゃんのうちから英語に触れていると、より幅広い周波数に対応できるようになり3歳を過ぎた後もしっかりと音の違いを聞き分けられるようになるのです。

この周波数に関しては大きくなってしまってからはどうにもできないことなので、早期英語教育の最も大きなメリットの1つとして挙げることができます。

早期英語教育のデメリット

日本語も英語も中途半端になる

早期英語教育のデメリットとしてよくあげられるのが日本語の未発達です。
2つの言語を同時に学ばせることにより、どちらの言語も日常会話言語レベルにとどまってしまい、大人になってからの日本語でのコミュニケーションに障害が生じることがあります。

また、幼稚園に上がった際などに、他の子供よりも日本語の発達の遅れを感じることもあり、母語として日本語能力を十分に身に付けられないことも起こりえます。

日本人としてのアイデンティティが欠ける

小さいうちから海外のことばかりに目を向けていると、日本人として慣習が身につかない、文化を理解できない、ということが起こりえます。

例えば帰国子女のように幼少期の大半を海外で過ごしていると、日本に帰国後に周囲になじめなかったり、逆カルチャーショックを受けてしまったりすることがあります。

早期英語教育によりこれと同じ現象が起こることもあり、子供の時に自然と身につくべき”日本人らしさ”が他の人に比べて欠如してしまうというデメリットも指摘されています。

特にプリスクールやインターナショナルスクールに通った後に、一般の公立校に通うようになった際など、浮いた存在となってしまうこともあるようです。

子供の意志に反することがある

赤ちゃんに英語を学ばせるのは、自分が英語を話せないから子供には話せるようになってもらいたい、将来世界で活躍をしてほしい、など親の理由です。

そういった理由から小さい時から英会話教室に通わせたり、インターナショナルスクールに進学させたりしても、必ずしもそれを子供も好むのとは限りません。
むしろ、親の過剰な期待によって子供が英語嫌いになってしまったり、精神的なストレスを感じてしまったりすることも良くあります。

親の理想通りに子供が英語に興味を持ってくれるとは限らないので、そのあたりは親子でしっかりとコミュニケーションをとって見極める必要があります。子供が英語に全く興味を示さなかった場合は、無理に強制しないよう様子を見ることも必要です。

赤ちゃんに英語を勉強させるときのポイントは?

赤ちゃん 英語

親子で取り組めるものを選ぶ

赤ちゃんの英語教育の教材を選ぶ際に重要なことの1つは、親子でコミュニケーションをとりながら取り組めるものを選ぶということです。

もちろんCDやDVDなど1人でも楽しめるものを選ぶと親としては楽ですが、赤ちゃんのうちには親子で楽しみながら学習をしたり、親の真似をしながら学習をしたりしたほうが格段に早く習得します。

そのため、親子で一緒に歌う、遊びながら英語を学べるおもちゃなどを選ぶなどすると、より高い効果を得ることができます。

継続できるものを選ぶ

赤ちゃんに英語を学ばせる際は毎日英語に触れさせること大切です。
そのため、飽きて英語を嫌がったり、まったく興味を持たなかったりすることがないよう、好みに合わせて教材を選ぶようにしましょう。

童話の曲を収録したものよりもディズニーの曲の方が楽しんでいた、絵本よりもおもちゃに興味をしめした、など子供の反応を良く見ることが大切です。
飽きずに継続できるものを選んでそれを与えてあげることで日々の継続につながります。

また子供視点だけではなく、親としてもあまり手がかからないものなどを選ぶと負担が少なく確実に継続していくことができます。

どんな学習をどれくらいの時間すればいいの?

幼児期の英語学習時間の理想は1日1時間半から2時間程度です。
この時期は日本語も習得しなければいけないため、あまり多くの時間を英語に費やさないことが重要です。

そしてもう1つ肝心なのが毎日継続させるということです。
この時期の段階では学ぶというよりもなれることで英語を身に付けさせていきます。
そのため、一度英語学習を始めたら、必ず毎日英語の時間を確保する必要があります。

というのも、赤ちゃんのうちは吸収が早い一方で、忘れるのも早いという特徴があります。
そのため、数日間英語に触れない日があるだけでそれまで身に付けた英語力が失われてしまうことがあります。

学習方法は歌や絵本など何でも構いません。
忙しくて子供の英語学習に時間が割けないときは、DVDを流すだけでも問題ありません。

とにかく”英語に触れる“時間を確保することに重点を置きましょう。

赤ちゃんに英語を勉強させるときの注意点は?

日本語教育も同時進行させる

英語を話せるようになってもらいたい、という強い思いばかりで英語教育に力を入れすぎてしまうと母国語である日本語の発達が遅れてしまうことがあります。

英語はあくまで第2言語として学ぶものであり、メインとなってしまってはいけません。
そのため、毎日英語に触れさせることは重要ですが、時間を決めつつ、日本語もしっかりと教えてあげるようにしましょう。

英語教材の中には日本語と英語が同時に学べるものあるので、そういったものを選択すると効率よく学ぶことができます。

赤ちゃんの時は日本語を習得することにおいても非常に重要な時期です。
当たり前のことですが、日本語が母国語である、ということを忘れてはいけません。

他の可能性を見逃さない

英語を習得させたい、というのは親の意志であることを忘れてはいけません。
もしかしたらすると子供は他の才能があるかもしれないですし、全く別のことに興味を持ち出すかもしれません。

そのため、英語教育に力を入れることはいいですが、楽器やスポーツなど他のことにも触れる機会を持たせ、子供は何に興味があるのか、何が得意なのか、という可能性を見逃さないようにしましょう。

英語を習得することばかりに夢中になってしまい他のことを一切遮断してしまうと子供の才能を見逃しかねないので、常に視野を広く持つことが大切です。

費用が掛かることをあらかじめ認識する

英語教育にかかる費用は赤ちゃんの時だけではありません。
英語教育は小学生、中学生になった後も続き、もしかすると大学生になった時には留学をしたいと言い出すかもしれません。

そのため、英語教育を始める際には短期ではなく、長期的に予算を考慮する必要があります。
また、年齢が上がるにつれて英語教育にかかる費用は上がっていきます。

そして、途中で教育をストップさせてしまっては、それまでの努力や費用が無駄になりかねません。
そのため、長期的に予算を計算しつつ無理なく長期的に継続できるものを選ぶ必要があります。

まとめ

赤ちゃん向けの教材や早期英語教育のメリットについて紹介してきましたが、いかがでしょうか?

早期英語教育を始めることには多くのメリットがありますが、日本語習得が遅れるなどデメリットがあるという反対意見も聞かれているのも事実です。

そのため、親がしっかりとサポートしつつ、最適な形で赤ちゃんに英語を学ばせることが非常に重要です。
ぜひ今回の記事で紹介した内容を参考に、自分の子供に適した方法で英語教育をスタートしてくださいね!